ドイツ旅行記
2008年12月

ローテンブルク → ネルトリンゲン → アウクスブルク → ミュンヘン

 am6:30分起床。スーツケースの整理をしてから7時30分に朝食へ。

 前日のケルンのホテルの朝食の種類からすると、ジュース、ホットミール、パン、ヨーグルト等等、全てが半分くらいかな。でも、まぁ、普通の朝食としては十分な種類はあるので、私的には何の問題もありません。立地条件の良さを考慮したら、郊外のホテルの豪勢な朝食よりも、私はこちらを選びます。
 今日は午前中フリータイム。

 添乗員さんが希望者を9時から市内の見所に案内してくれることになっています。

 その前に、ちょっと朝の散策にお出かけ。旧市街にホテルがあると、こういうところが便利。





プレーンライン

 8時10分にホテルを出て、前夜、夜景だったプレーンラインへ。ここはローテンブルクの顔とも言うべき場所でガイドブックに必ず紹介されています。
 まだライトアップの名残のツリーのイルミネーションが瞬いています。犬を連れて散歩する地元の人が通る程度の人通りのないプレーンラインを2人占め。ラッキー☆

 お店の可愛い看板を見つけるとついつい写真に撮ってしまいます。
 マルクト広場のクリスマスツリーのイルミネーションが消えていました。クリスマスマーケットが開いていないと、ライトアップされた夜の方が幻想的で素敵かも。

 マルクト広場を写真向かって奥に進み、市庁舎と市議宴会館の間の道を行くと聖ヤコブ教会に出ます。

 この聖ヤコブ教会、2008年12月現在、修復工事の真っ最中で、ぱっと見はマンションの建築工事現場みたいな感じです。

マルクト広場


聖ヤコブ教会の
入口付近に立つ像


聖ヤコブ教会


 ここまで大々的な工事現場だと……。
 教会はいつもどこかしら修復工事してるから…と自分に言い聞かせておきましょう。

 気を取り直して、後で内部見学するときのために、入口がどこかチェックしておかなくては。
 聖ヤコブ教会を1周しようとウロウロしていたら、クリンゲン門が遠くに見える場所に出ました。この方向がローテンブルクの北にあたります。

 そろそろ聖ヤコブ教会を回って、ホテルに引き返さないと集合時間に遅れてしまうかな。フリータイムなので、別に添乗員さんとご一緒しなければならない、ということはないのですけど、行こうと計画していたブルク公園で解散するというお話しだったので、ちょうど都合がいいかなぁ〜と思って。(笑)

 ホテルに戻ると、他のツアーメンバーさんもちょうど揃いつつあるときで、ナイスタイミング。

クリンゲン門


ブルク公園からローテンブルクの街

 9時にホテルを出て、添乗員さんの説明を聞きながらマルクト広場、聖ヤコブ教会、ケーテ・ヴォールファールト(クリスマス専門ショップ)近辺を通ってブルク公園へ。

 先着の外国人ツアー客がすぐに立ち去ったので、写真ポイントから記念撮影。

ブルク門とブルク公園

 9時30分、ここで、添乗員さんの市内案内終了。

 私たちは次のツアー客(日本人グループでした)が来るまで、タウバー渓谷を眺めてから、市内散策を開始。
 ローテンブルクの城壁を歩くために、シュピタール門へ向いつつ、雰囲気のいい街角を探したりしながらの散策。

 ちょっとした小路も絵になる街です。中世犯罪博物館の脇を通ったら、屋外にある拷問用具が垣間見えたりしました。今回は、クリスマスマーケットで遊びたいので、中世犯罪博物館はパス。

 中世犯罪博物館を右手に見ながら右折してしばらくすると、朝の散歩でも来たプレーンライン。本日2度目。

ローテンブルクの街の小路


プレーンライン

 10時のプレーンライン。それでもまだ人がいません。ラッキーだけど、意外。ちょっと明るくなったプレーンラインで写真撮影。
 10時だと、ローテンブルク旧市街のホテルに宿泊した観光客しか活動していないので、ゆっくりと街並みを楽しめるのですね。

 写真向かって左手の道を進みます。

 このプレーンラインを過ぎたあたりから、お店も開店し始めて、街並み&ウィンドウショッピングの街歩きに変わりました。

 ここまで、こんなにゆっくりしていていいのか、というくらいゆっくり歩いてます。(苦笑)
 城壁の上り口は何か所かあります。ここもその一つ。今回はシュピタール門から、と決めていたので、ここからは上りませんでした。
 この通りの両側はお土産物屋さん。そろそろ観光客が出歩き始めました。
 プレーンラインを反対側から見ると→です。塔の感じが大分違って見えます。

シュピタール門


城壁から旧市街

 シュピタール門から城壁に上り、城壁歩き。普通に街歩きするのと、少し違った目線から旧市街を見られて、何だか楽しいな。

 城壁の通路は人と人が何すれ違えうのはどちらかが立ち止まらないと無理かな〜?な程度の幅。えっと、体格のいい方だと、お1人で歩くのも圧迫感があるかもな幅という感じでしょうか。
 通路は旧市街側は普通に屋根付きの廊下、街の外側寄りは壁で覆われていて、ところどころに小窓があります。この小窓、きっと戦闘時の迎撃用なのでしょうね。城壁の用途を伺える一瞬でした。

ゲルラッハ鍛冶屋

 街の南の門であるシュピタール門からかなり北上しました。ゲルラッハ鍛冶屋。こちらも、あちこちのガイドブックなどに紹介されています。旧市街を歩いてだとここまでは来ないかな。

 あと少しでレーダー門。当初はクリンゲン門まで歩く計画でしたけれど、時間も押しているしどうしようかな…と歩きながら、えむちゃんと相談してレーダー門で城壁を下りることにしました。

 レーダー門は鉄道でローテンブルクにいらした方々が街に入るのにくぐる門。観光客が続々と到着して駅方面から歩いて来ます。

城壁はまだまだ続きます


レーダー門

 次なる目的地は聖ヤコブ教会。

 レーダー門からマルクス塔への道は、ローテンブルクの玄関口だけあって、ロマンティックな街並みとお土産物屋さんが軒を連ねています。

 もちろん!こういうロマンティックな街並みを大人しく通り抜けるだけなどはできるはずもなく、何度目かの写真撮影会。

 ローテンブルク、見所が歩いて回れるところに集中していていい街です。(笑)

マルクス塔


聖血の祭壇
(リーメンシュナイダー)


聖血祭壇の中央部は
最後の晩餐


聖ヤコブ教会内部



聖ヤコブ教会内部


 聖ヤコブ教会、入場料2EUR。

 念願だった、聖ヤコブ教会のリーメンシュナイダー作の聖血祭壇を見られました。聖ヤコブ教会の入口から左奥の階段を上ったところにあります。人に着いて行けばわかりやすいかな。
 「聖血の祭壇」の前には、いつも観光客が佇んでいました。
 聖ヤコブ教会外部はマンション建築現場のように塔の上(片方の)まで足場が組まれていて外観はなんだかなぁだったけど、内部は質実剛健な、がんばるところはがんばって作っている教会でした。
 添乗員さんが、「聖血の祭壇」の他に、リーメンシュナイダーの初期の作品の木像が、あると言っていたので探す探す。
 ありました!主祭壇に向かって右側の回廊にひっそりと。

 ←の木像の作者がリーメンシュナイダーと私には読めましたので、多分、おそらく、これだと思います。
 時間はもう11時10分過ぎ。う〜ん、観光の合間にローテンブルク名物のシュネーバルを食べつつお茶をしようと思っていたのに、どうしていつもお茶する時間がなくなるのかなぁ。

 嘆いていてもしかたがないので、ここからはローテンブルクのクリスマスマーケット巡りタイム♪

聖ヤコブ教会横の焼き栗屋さん

 昼食はクリスマスマーケットの屋台のウィンナーとカプチーノ。
 ウィンナー2種類で4.5EUR、カプチーノ3.5EUR。
 ウィンナーは香草入りのウィンナーはパンが焼いてあって、普通のウィンナーはパンが焼いてなく、焼いてあるパンの方が美味しかったかな。
 少々早めのランチタイムが終わったら、市議宴会館のマイスタートルンクの仕掛け時計の12時の回を観に行きましょう。

 マイスタートルンクとは、30年戦争時、市長がワインジョッキのワインを一気飲みして街(もしくは市参事官の命)の窮地を救ったという物語
 
 初めて観たえむちゃんの感想は「微動だにしなかったよ」でした。ワイン、飲んでなかった?
 これで、ローテンブルクの半日フリータイムは終了。12時20分の集合出発のためホテルに戻ったのが12時10分。ナイスな時間配分。シュネーバルをおやつにお茶できなかったことを除けば、ほぼ完璧かな。

 今日からローテンブルク出身のドライバーさんだとかで、旧市街の駐車場ではなくホテル前にバスを横付けできたそうなので、スムーズにホテル前からバスに乗車して出発。ローテンブルク出身のドライバーさんだと、何がどうしてそうなるのか謎です。

ネルトリンゲンの地図

 バスはてっきりアウトバーンをアウクスブルクへ向かうのだと思っていたら、「パンフレットにロマンティック街道を巡って、と書いてあるのでアウトバーンを使わずに、ロマンティック街道を通って、ネルトリンゲンに立ち寄ります」by添乗員さん、だそうです。
 ネルトリンゲン立ち寄りは想定外。ネルトリンゲンのクリスマスマーケットでグリューワインカップがゲットできるか?

 ロマンティック街道沿いの畑は既に収穫が終わって何が作られていたのか…添乗員さんによると「砂糖大根」だそうです。

ネルトリンゲンの城門


木組みの家


聖ゲオルク教会

 13時40分にネルトリンゲンの駐車場に到着。そこから添乗員さんに引率されて聖ゲオルク教会まで歩いて、そこで解散。14時40分に駐車場のバスに集合までフリー散策です。

 やはり聖ゲオルク教会のダニエル塔に上って、クレーターの上に出来たという街を上から見なくてではでしょう。
 ダニエル塔を息を切らせて上っていたら、降りてきた白人のおばさんに「slowly、slowly」と言われてしまいました。そんなにいっぱいいっぱいに見えたのかなぁ。
 登塔料2EURは、塔の上に上りついたときに聖職者の方にお支払。
 ネルトリンゲンに着いたら、太陽も顔を出して、絶好の眺望日和になりました☆
 360度の大パノラマは上ってよかったぁ。

 ネルトリンゲンも城壁に囲まれた街。

 これでほぼ1周。城壁が丸く続いているのが判るでしょうか。
 ダニエル塔から降りたら、ネルトリンゲンのクリスマスマーケット巡りです。
 ローテンブルクよりも観光客が少ない分、小規模で屋台も少なかったかな。時間の都合で通りの半分くらいしか巡れなかったので、もしかしたら、その先にお店がいっぱいあったのかもしれませんが…。

 無事にキンダープンシュ(4.5EUR)でグリューワインカップをゲットできました。
 15時50分にアウクスブルク到着。アウクスブルクの市内観光は日本人ガイドさんの案内で回ります。

 まずは、市庁舎の3階の黄金のホールへ。でも、私の心は市庁舎前の広場で開かれているクリスマスマーケットに飛んでいます。(苦笑)

 けれども!黄金のホールに一歩中に入ると、心と目がしっかりホールの装飾に釘付けに。

市庁舎


天井画
 ほどよいキンキラペカペカがゴージャスで綺麗でよいです。
 良い物を見せていただきました。って感じかな。
 第2次世界大戦で爆撃を受けたのを1985年に復元したものだそうです。

 この黄金のホールに使われている金は、2.6kgの金箔を薄く延ばして使っているということです。2.6kgの金箔でこれだけ装飾できるなんて驚き。

マクシミリアン通り

マクシミリアン通り

フッガーハウス

聖ウルリヒ&アフラ教会
 市庁舎の黄金のホールを見学した後は、マクシミリアン通りを、フッガーハウス〜ツェッツェラー宮殿を散策。

 暗くなってきて、天使のイルミネーションが映えてプリティ。

 噴水は凍結防止のためスカートをはいて守られています。

ツェッツェラー宮殿


ツェッツェラー宮殿の内部を
外から眺める


 ツェッツェラー宮殿の中庭に入ってみました。1770年に催されたツェッツェラー宮殿の落成祝賀舞踏会には、マリー・アントワネットが出席したそうです。

 ハプスブルク家と縁があるので、門には双頭の鷲が描かれていました。

 建物の内部は州立絵画館とドイツ・バロック美術館になっているそうですが、今回は中庭に行くときに、内部をちらっとのぞけただけでした。いつか中を観られる日があるのかなぁ。

 ツェッツェラー宮殿の中庭を見た後、市庁舎前広場のクリスマスマーケットを横目に見ながらバスへ乗り込みました。
 今日、最後の見学場所はフッゲライ。世界初の福祉住宅だそうです。もう真っ暗で全体像はよくわかりません。

 家賃は年間0.88EUR(光熱費別/笑)で、住人の方がいらっしゃるそうです。というか、大人気で入居の順番待ちをしていらっしゃる方々もいるとか。
 モーツァルトの曽祖父もこのフッゲライに入居していたそうで、→の家がモーツァルトの曽祖父の住んでいた家だそうです。
 18時、これにて、本日の観光は全て終了です。これから本日の宿泊地であるミュンヘンに向います。バスの中では当然のごとく爆睡です。

 19時、夕食のフランシスカーナビアホールに到着。

レバースープ


ジュース


ローストポーク


アイスクリーム

 このレバースープしょっぱい!しかもレバー。普段、レバーを食べない人間はキツイです。この食事以降、私を含めたツアーメンバーの多くが丸いもの恐怖症になったとかなってないとか…。
 ビアホールなので塩味がきついのはビールを飲ませようとしてるのかな。サービスが遅くて眠くなってしまいました。食事が終わったの20時50分ですよ〜。(涙)
 21時15分、ようやくホテルにチェックイン。長い1日でした。

 やっと部屋でやすめる〜…なのに、部屋に入ったら、タバコの匂い。思いっきりタバコ部屋で、匂いがしみついています。
 ここに2泊ですか…(遠い目)
 さすがに疲れているので、今日は無理せずに、グリューワインカップをラッピングして24時に就寝。おやすみなさい。