ドイツ旅行記
2014年12月

フュッセン → ミュンヘン → ニュルンベルク

 2時ころから、眠ったり、目が覚めたりの繰り返し。

 6時、起床。

 7時から8時、朝食。この朝は何故か同じツアーメンバーの写真ギャルさんと同じタイミングにならなかったので朝食の品揃えの写真はなし。
 このホテルはベーコンがなく、ヨーグルトも2種類のみ。少し哀しい。

朝食


ユーロパークホテル インターナショナル

 ←正面のバスが駐車しているホテルが宿泊したユーロホテル インターナショナル。

 部屋のベランダから見える景色は→な感じ。

 8時5分から、昨夜のナイトツアーの最後の写真スポットであるフュッセン旧市街の橋まで、レヒ川沿いに散歩。

部屋のベランダより

 ホテルを出てしばらく歩くと、朝の散歩帰りのツアーメンバーさんと会いました。早っ!
 旧市街まで、ぶらぶら歩ける距離にホテルがあると、こうして朝の散歩ができていいですね♪

 川沿いに道なりに歩いていると、突き当りに昨夜はライトアップされているところを見たフュッセン市博物館が見えてきました。こういう小径→、大好きです。

 突き当りの通路を抜けて階段を上るとそこは橋。昨夜、クルマで走った感覚よりも、歩いてみたら、ずっと近かったです。あれ〜?

フュッセン市博物館


聖マング市教区教会とフュッセン市博物館


レヒ川とフランチスカーナ修道院と
聖シュテファン教会


フュッセン旧市街

 橋を往復して、昨夜のナイトビューで見た場所を、今度は朝の景色として写真に収めます。

 旧市街も少し歩きたかったですけれどタイムリミット!橋のすぐ近くから、ちょっとだけ風情をのぞいて、ホテルに引き返します。旧市街を堪能したければ、もっと早起きしなくてはいけなかったようです(苦笑)。
 ホテル前は狭くて、前のグループのバスが出発してからでないと、次のグループのバスがやってこれません。そして、私たちの前に出発予定のイタリア人グループが遅刻者続出!!!しかも、遅刻しているのに悪びれた素振りも見せません。さすがに私たちにじっと見つめられているイタリア人グループを乗せているバスのドライバーさんはバツが悪そうな表情になっていました。

 遅れに遅れて9時28分、ホテル出発。
 添乗員さん曰く、「これが出発するのが日本人グループだけでしたら、10分間隔で時間どおりに綺麗に出発していくのですよ〜」

ノイシュバンシュタイン城へ
向かう山道にて


ノイシュバンシュタイン城

 9時38分、ノイシュバンシュタイン城の建つ山の麓のお土産物屋さんに到着。私たちがトイレ休憩しながら待つ間に、添乗員さんは、ノイシュバンシュタイン城のチケットを引き換えに行きました。

 10時にお土産物屋さんから出発。ノイシュバンシュタイン城へのシャトルバスは路面凍結のため運休。私たちのツアーは“歩いて”ノイシュバンシュタイン城への山道をのぼります。

 ノイシュバンシュタイン城の写真撮影スポットであるマリエン橋までの道も封鎖だそうです。
 ゆ〜っくり歩いて10時30分にノイシュバンシュタイン城に到着

 お馬さんの落し物に気を付けさえすれば、歩いて上るのも苦になりません。
 

ノイシュバンシュタイン城


ノイシュバンシュタイン城

 私たちのツアーは10時50分入城のチケット。

 時間になったらチケットのバーコード部分を入場ゲートの機械にかざせばゲートを通れ……るはずが、ツアーメンバーの誰のチケットをかざしても、うんともすんとも反応しません。これ、何?!
 焦る私たちを尻目に、その場にいた係員のおじさんは淡々と私たちのうちの1人のチケットを確認して、おもむろに機械ゲート脇の出入り口を開けて私たちを通してくれました。もしかして、こういうこと、日常茶飯事ですかぁ?!

城内入場の順番を示す表示板


ノイシュバンシュタイン城内より

 10時50分から11時20分まで、ノイシュバンシュタイン城観光。この日は、私たちのグループが部屋に入ると日本語テープが流れる方式での見学になりました。添乗員さんによると、最近は、イヤホンガイドが主流で、テープは珍しいそうです。

 城内は写真撮影禁止。

ノイシュバンシュタイン城地下にて

ノイシュバンシュタイン城

 左上の写真のように窓の外を撮影することはできます。

 出発時に立ち寄ったお土産物屋さんに12時10分に再集合で、それまで、思い思いにお土産を買ったりしながら、自由に下山。

 私たちは、城内のお土産物屋さんで2015年のカレンダー12.90EUR(約1,800円)を購入したり、ノイシュバンシュタイン城の写真スポットに寄ったりしながら、ゆったりと下山。

 ←この角度からノイシュバンシュタイン城の写真を撮ったのは初めてな気がします。

ホーエンシュバンガウ城


アルプ湖


昼食のレストラン内より

 12時24分、お土産物屋さん出発。

 12時30分、ノイシュバンシュタイン城近くの草原の中に佇むビール醸造所兼レストランに到着。
 昼食は12時30分から13時40分まで。

 この昼食のレストランは、観光客には最高の立地!ノイシュバンシュタイン城ビューです。食事をしながら自席からノイシュバンシュタイン城を見られます←。

コースター&ナフキン


カプチーノ


ビールとクリームのスープ


ラビオリのホワイトソース

 カプチーノは2.9EUR(約400円)。
 スープは苦味があり、何のスープか最初分からず、食後に添乗員さんに聞いたらビールが入っていたことが判明。苦味はビールの苦みだったのかと納得。ラビオリの中身はこれも何だか分からないグリーンの野菜で、美味しかったです。デザートのチェリーソースには赤ワインが入っていたような気がします。見事に全料理完食!ごちそうさまでした♪

 ツアーメンバーさんの多くが食事の合間に、レストランの外に出て、ノイシュバンシュタイン城を激写。もちろん!私たちも♪

チーズパイ
チェリーソース添え


レストランの庭より ノイシュバンシュタイン城


レストランの庭より ノイシュバンシュタイン城

 13時41分、レストランを出発。

 15時40分、ミュンヘン着。市庁舎前のマリエン広場で開催されているクリスマスマーケットを見学するため、少し離れた場所でバスを降車。(近くまではバスが乗り入れできないので)
 15時56分、マリエン広場着。ここでトイレをお借りしました。トイレ使用料0.6EUR(約85円)。

 →のイルミネーションの瞬くクリスマスツリーの下で解散、再集合場所も同じ場所で、16時から17時までクリスマスマーケットのフリー散策になりました。
 私たちは市庁舎の塔に上ろうとするも入り口が分からず、添乗員さんがインフォメーションで聞いてくれて無事に上れました。塔の上から見るクリスマスマーケットのイルミネーションが綺麗でした。

ニュルンベルクのホテルの部屋

 再集合場所からバスが待っている場所まで歩き、17時23分にバスはミュンヘンを出発。

 19時8分から19時25分まで休憩。トイレ使用料0.7EUR(約100円)。買い物時にトイレ使用料のレシートを渡すと商品代0.5EUR(約70円)に振替。2.99EUR(約420円)のクッキーを購入。

ニュルンベルクのホテルの部屋

 20時10分、ホテル着。

 20時18分、部屋に入る。ポット、ウェルカムチョコ、無料の水あり。TVはSAMSUNG。ティッシュ、無料Wi-Fiあり。2日連続で角部屋。直接照明で明るく、ベッドの寝心地がよかったです。

ニュルンベルクのホテルの
バスルーム


ニュルンベルクのホテルの
バスルーム

フュッセンの
ホテルの部屋

 ←の作り付けのクローゼットの向かって左端の扉を開けると、金庫とポット&コーヒーセットが入っていました→。

 お風呂を使い、マッサージをして、24時に就寝。

 本日の総歩数は、19,222歩。
 

フュッセンの
ホテルの部屋