ドイツ旅行記
2014年12月

成田 → デュッセルドルフ → ケルン

 2014年12月のドイツ旅行です。6月に中欧旅行する予定で、成田空港で出国し、航空機に乗り、シートにも座りました。でも、その航空機はエンジントラブルのため私たちを乗せては飛び立つことはありませんでした(詳細は、中欧旅行記参照)。

 そのトラウマもあり、6月の中欧旅行の代替の12月のドイツ旅行のツアー選択時の最大の条件は、“日系の航空機会社利用”でした(爆)。何故なら、日系の航空機会社だったら、意地でも代替機を用意してくれるはずですから、飛び立てないことはないはず…と、考えたのです。
 今回の旅行では、成田に行くのに初めてバスを利用。交通渋滞を避けるため予定経路を大幅に迂回(遠回り)して、15分遅れ(それでも、15分遅れまで挽回したともいう)て到着。もう、バス利用はないな。

 成田空港に付いてから、ツアーの受付、航空会社のチェックインとスムーズに20分でさくっと終了。

 いつもの唐朝刀削麺でモーニングの海鮮粥セットをいただきます。クーポン利用で10%offの738円。お粥は胃に優しくてほっこり。

海鮮粥セット

 お粥を35分で食べた後は、カードラウンジで20分間のコーヒータイム。

 手荷物検査、出国とスムーズに進み、搭乗ゲート前に搭乗開始時間の10分前に到着。

 搭乗予定機の写真を撮ったり、トイレを使ったりしていると搭乗5分前。

搭乗予定の飛行機

 あと5分で搭乗開始〜とまったりゲート前の椅子に座っていると、アナウンス

 「整備の○○です」

 えっ!搭乗開始5分前に整備の人からアナウンスがあるのって初めて&イヤな予感。

 「エンジントラブルのため
シップ・チェンジが決定しました。新しい出発時間は16時40分の予定です」

 イヤな予感、的中!!!!!
 あ〜、整備の人って飛行機のことをシップって言うんだ〜。テレビと同じ〜。と、周囲のざわめきをよそに全く能天気なことが、まず頭を過ったのは私です。ドラマの見過ぎ(苦笑)。
 搭乗してから2時間も飛行機内に缶詰にされた挙句にフライトキャンセルになった6月のときに比べれば、搭乗前にアナウンスがあって新しい搭乗時間が知らされて、それまで機外で好きに過ごせる分、よっぽどマシ。が、私とえむちゃんの感想でした。

 フライトキャンセルになった6月の旅行を踏まえて日系の航空機会社にしたら…こういうことが発生して…変なことを考えてツアーを選んだから的中してしまったのか…。

 新しい搭乗時間まで5時間も時間ができてしまいました。フライトキャンセルではないので、制限エリアからは出られないそうです。


 エコノミークラスの乗客には1人2,000円が搭乗前のお食事代として提供されました。搭乗券をレストランに提示すると食事できるシステムと案内されました。

 このとき添乗員さんから裏ワザ(?)を伝授していただきました。曰く、

 「お2人で参加の皆さんは、ひとつのお店で1人2,000円の注文をする必要はありません。お一方の搭乗券を提示して2,000円分を注文して、別のお店で別の方の搭乗券を提示して2,000円分の注文をできます」

 つまり、2,000円ずつ、私たちは2人参加なので、2軒のお店をはしごできるということです。

チキンカレー

 ヒマにあかせて…もとい、時間だけはた〜っぷりあるので、行ける範囲のお食事できる店舗をくまなく探検。

 結局、搭乗予定だったゲートから程近いフードコート内にあるカレーキッチンスパイスに私たちの食べたいもの&コスパを考えて、昼食に決めました。時間的にも13時といい感じ。

 えむちゃんと私の食べたいカレーをそれぞれ注文して2,050円。まず、えむちゃんの搭乗券を提示して2,000円をオーバーした50円を現金で支払い。
 このカレー、1口食べたときは甘い!と思ったのに、時間が経つにつれて徐々に口の中にスパイスの辛さが広がっていきました。最後は、水を飲みながらヒー!
 カレーを食べて、水を飲んで、ここで1時間弱の時間をつぶしました。

 さすがにこれ以上、同じ場所にいるのは無理!と判断し、一旦、先ほどのゲートの前に戻って、ゲートが同じか、それとも違うゲートに変更になっているかをチェック。
 案の定、ゲートは変わっていました。

 ゲートの前の椅子に座って、ここでも1時間弱、ぼ〜っと時間をつぶして、そろそろ15時近くになったときに、3時のお茶をしにカフェに行くことにしました。

 お腹は全然減っていないのですけれど、食べる以外に時間のつぶしようがなくて〜(涙)。



ハム&チーズサンド
アイスキャラメルラテ L

 昼食のカレーのお店と同じフードコートにあるBECK'S COFFEE SHOPで、えむちゃんとそれぞれ食べたいサンドイッチと飲み物を注文して2,100円。私の搭乗券を提示して2,000円を超過した100円を現金で支払い。飲み物をLサイズにしたのは、とにかく時間をかけるため。
 3時のおやつも1時間弱、ゆっくり時間をかけて食べました。

 本当に空港内で食べっ放しで、この日で何食食べました〜?です(苦笑)。
 15時45分に変更後のゲート前に行くと、利用航空機会社さんが軽食と飲み物サービスをしていました。

 もうお腹はいっぱい…でしたが、取りあえずマフィンとオレンジジュースをいただきました。後で小腹が空いたときに食べることにして、どちらも食べずに機内持ち込み用のバッグにイン。

 ツアーのこの日の行程では、到着後、夜のケルンのクリスマスマーケットを楽しむことになっていましたが、デュッセルドルフの到着予定時間が20時55分で、それからケルンへ向かうので時間的に無理。

航空機会社提供の
マフィンとオレンジジュース

 2日目のケルン大聖堂の見学後にクリスマスマーケットを楽しむ時間を取ると添乗員さんから説明がありました。ケルンの夜のクリスマスマーケットに行きたいと希望する方も数人いらっしゃいましたが、2008年にケルンの夜のクリスマスマーケットに行ったときは、21時過ぎにクリスマスマーケットに着いたときに、半分以上のお店が閉まっていたので、20時55分にデュッセルドルフについてからケルンへ向かってだと、ほとんどのお店がしまっているのではないかと思えるので、昼間に時間を取って仕切り直しにしたほうがいいのではないかと、えむちゃんと話していました。

代替機

 うだうだとひたすら時間が過ぎるのを待ち、16時25分にようやく搭乗開始。

 ←ようやく搭乗できた代替機。もう外はすっかり夕方の気配。代替機は当初搭乗予定だった機種と同じなので、席はそのまま。

 座席は、3-3-3の真ん中の3席の真ん中と通路側。真ん中3席は、真ん中の人は右へも左へも人1人に断れば出られるので気持ち的に楽。

 16時46分、ゲートを離れる。
 17時3分、離陸。
 上昇中、雲の中を突っ切り機体が揺れる。雲を避けてほしいなぁ。

 機長さんからアナウンスあり。出発が遅れてすみませんm(__)mのご挨拶の後、「安全に支障がない範囲で、遅れを取り戻すように努力します」とのことでした。思わず、安全第一!少しくらい時間がかかってもいいから揺れないようにしてください〜!と思ってしまいました。

 いつもなら、このへんから機内のエンターテイメントで何の映画とか見ようかと、物色して楽しむのですが〜、今回はもう搭乗までで疲れ果ててしまい、映画を楽しむ気力もなく、デュッセルドルフに着くまで終始一貫、フライト状況の画面にしていました。



ドリンクサービス

 17時14分、シートベルト着用サインoff。

 17時23分、おしぼりのサービス。

 17時45分、ドリンクサービス。搭乗した航空機会社オリジナルのかぼすジュースをいただきました。これ、好きです♪
 18時16分、1回目の機内食は、和食の鶏ももとつくねの焼鶏丼と、洋食のクリーミーシーフードドリアからの2択で和食をチョイス。和食には、何と!みそ汁付!!機内食でみそ汁をいただいたのは初めてです♪感動☆
 冷たい飲み物には冷茶、温かい飲み物には緑茶とコーヒーをいただきました。

 食後のデザートは機内食のトレイを下げてからサービス。甘くて冷たいバニラアイスが美味しい。

鶏ももとつくねの焼鶏丼


ハーゲンダッツの
アイスクリーム 
バニラ

 この後は、ひたすら眠ります。

 ウトウトしていると暗くなっている画面(長時間操作していないとスリープ状態になるらしい(推測))に、“ポン”という音とともに「右手にオーロラが見えます」の表示が浮かび上がりました。急いでギャレーまで行って窓から機外を見たけれども見えませんでした。残念!

 ツアーメンバーの中にはオーロラを見られた方がいたようです。
 17時25分(ドイツ時間、以下同じ/日本時間-8時間)におしぼりのサービス。

 17時45分、2回目の機内食は、和食の鮭彩りご飯と、洋食のポテトニョッキとオムライス(ラタトゥイユ添え)の2択で、和食をチョイス。
 ご飯が美味しかったけれど、かぼちゃが少し水っぽかったかな。フルーツも美味しくて、2回目の機内食は完食。冷たい飲み物は冷茶、温かい飲み物は紅茶と緑茶。

鮭彩りご飯

 19時49分、デュッセルドルフ空港に着陸。
 19時57分、ゲート着。
 20時、降機。1時間近く、がんばって予定よりも早く到着したようです。

 20時10分、入国。ミュンヘンやフランクフルトの空港だと入国するのに1時間近くかかるのに、さくっと10分で入国。同じドイツの国際空港とはいう、上記の空港よりもずっと規模が小さいので、こういう点では使い勝手がいいようです。

 20時47分、バスに乗車して空港発。ドライバーさんはこれから帰国するまでずっとお世話になります。

ケルンのホテルの部屋


ケルンのホテルの部屋

 21時45分、ケルンのホテル到着。
 22時5分、部屋にはいりました。部屋は、←な感じ。
 部屋に湯沸しセットがありました。TVはPHILIPS。

 部屋で、搭乗前にいただいたマフィンを部屋に備え付けのコーヒーでいただきました。

ケルンのホテルの部屋

 家を出てからケルンのホテルに辿り着くまでが…成田空港での時間が長かったです。取りあえず、フライトキャンセルにはならずに、その日のうちに(現地時間)、目的地のホテルに入れたので、良しとしましょう。

 フライトキャンセルにならないように、日系の航空会社にしてよかったぁ♪。

ケルンのホテルの部屋

 24時10分、就寝。

 本日の総歩数は、12,240歩。