このインタビューは2006年11月2日から11月24日まで
ARTMANORGよりメールマガジンとして発行されたものです。

なお、ARTMANORGは現在は公開を終了しております。

2006.11.24.発行
アニメーターからゲームクリエイターに、そしてまたもやアニメーターにと華麗なる転身をされたshuzilow.HAこと濱川修二郎さん。転身のたびに大きなお仕事をこなされているような気がします。今後の濱川さんのお仕事にも大注目です。さて、最終回の今回は、そんな濱川さんがショックを受けたという現在放映中「コードギアス 反逆のルルーシュ」のスゴ腕監督の「あの方」のお話が飛び出しました。どんなお話なのか、どうぞお楽しみください。
Shuzilow.HA(シュウジロウ・ハ) (全四回、第四回)
本名:濱川 修二郎(はまかわ しゅうじろう)1966年7月7日生。兵庫県神戸市出身。1982年、16歳の時に大阪のアニメスタジオ「アニメアール」で谷口守泰氏に教えを請う。同期は黄瀬和哉、沖浦啓之、逢坂浩司、後輩に木村貴宏など。1989年コナミに入社。「ツインビー」「パロディウス」シリーズの企画・キャラクターデザインを務める。当時、テロップに本名を出すことを禁じられていたため、Shuzilow.HAという名前を使用。以後、本人が特に申請しないため、その時々の制作会社、担当によって濱川修二郎だったり浜川修二郎だったりShuzilow.HAだったりで表記されている。2005年秋〜2006年春に放映された「SoltyRei」では企画・原案・キャラクターデザイン・総作画監督とテンコ盛りの仕事をこなした40歳。

7.シリーズ構成の考え方

村濱 11話からはなんだか暗雲立ち込めてきますよね。12話では、みんなショックだったんじゃないですか。
濱川
 ローズがロイの娘であると、見ている人たちが案外思わなかったということが不思議でした。


村濱 ホウ・チュウっていうキャラもすごくいいキャラでしたよね。
濱川 声優の大塚さんご本人もすごくいいキャラクターでしたからね(笑)

村濱 この「ホウ・チュウ」っていうキャラは大塚さんをイメージして作ったんですか?
濱川 いえ。キャラクター設定の段階では大塚さんをイメージしていたわけではなかったです。最初に爆弾魔で、ロイに対する恨みを10数年も持ち続けるということを聞きました。僕は、恨み続けることと愛し続けることはイコールだと思っているんです。好きの反対は嫌いじゃなくて、興味がないだと思う。だから好きと嫌いは共通語だと思ってるんです。その考えでいくと、恨みを12年間持ち続けているということは、12年間愛し続けているということじゃないですか。それってかなり特殊なことですよね。だから多分かなり特殊なヤツだろうな、ということでデザインラインを作ることにしました。その中でアジア系のスタイルを入れて作っていきました。そういう意味では作り難くはなかったです。

「ソルティレイ」第4巻
DVDジャケットより

村濱 なるほど。そういう特殊性を追求していったわけですね。
濱川 4話に身体の70%以上をリゼンブル化しているというジャック・マクリーンというゲストキャラが出てくるんですが、そいつもなかり変質者っぽいキャラクターなんです。でも、そいつとはまた違う方向性の変質者だろうと考えては、作りました。いいキャラになってくれて、よかったです。

村濱 13話なんか、よくこんな悪魔みたいなシリーズ構成を考えられましたよね。
 (笑)そこまで思い切ってすることが出来たのは谷口さんがいてくれたからんですね。

村濱 ほう。
 あの人、ムチャクチャ言いますからね〜。「だったらさっさと殺しちゃおうよ」とかね(笑)。

村濱 谷口悟郎さんてどんな方ですか?
濱川 ものすごく順序立てて物事を考えられる人です。で、頭の回転がものすごく早いです。で、何か一つに固執することがないんです。「ソルティレイ」が始まる前にスタッフで合宿をしたことがあったんですが、谷口さんは用があって1日目は参加せずに2日目からの参加になったんです。その時に僕らが1日かかってああでもない、こうでもないって話し合っていたことをなんとか1枚の紙にまとめたんですね。で、翌日谷口さんが来られてその紙を5分くらい見たら、もう昨日からいてたかのようなテンションで会話に入ってくるんですよ。
ショックを受けましたね。

「プラネテス」第1巻
DVDジャケットより

村濱 ショックっていうのは?
濱川 こんなに理解力を持っていて頭の回転の速い人がいるんだってことがショックでした。僕らが昨日一日かけてやったこのプリントっていうのは一体なんやったのかと思いましたから。多分、谷口さんがいたら昨日一日かけてやった、この事が5分で終わってたんちゃうかと思いましたからね(苦笑)。

村濱 ショックでしたか(笑)。じゃあ谷口さんが「ソルティレイ」で果たした役割っていうのはすごく大きかったんですね。
濱川 谷口さんがいなかったら「ソルティレイ」はできなかったですね!今の形にならなかったと思います。

村濱 (笑)そうですか。

8.作品にとっての『発見』

濱川 おおまかなシリーズ構成っていうのはその合宿で決めたんです。実際は脚本家の方がするんですけども、それもほとんど谷口さんが作ってくれたのも同然でした。そのシリーズ構成の仕方もとにかくすごいなって思いました。観てる人は多分4話ぐらいであきてくるから、なるべく4話か5話くらいで目を引く話を入れないといけない、とか。

村濱 「ソルティレイ」でいうと水着の回ですね。
濱川 そうです。それで、次はこのくらいの話数で飽きがくるから……っていう風に考えて物語の展開として構成を考えてくれました。次にDVDの発売の時に多分2話ずつのパッケージになると思うから2話ずつだったらここで切れたら一番話がキレイにまとまるっていうところで、もう一回構成し直して、それが4話ずつになったらどうなるかっていうことを考えて、もう一回構成し直しました。実際にテレビ放送で観ても、

「ソルティレイ」第1話より
ソルティを置き去りにする「ロイ・レヴァント」
販売ペースで観ても、どう観てもらってもキレイに観れるようにということで構成を組んでくれたんです。それってすごくないですか?

村濱 すごいですね。
濱川 そんなことまで考えてるっていうところに感動しました。それってただのクリエイターじゃあできないじゃないですか。

村濱 そうですね。
濱川 あと、大事にしなければならないところは何なのかっていうのをはっきりさせろということを教わりました。それと、ヒットする作品には必ず発見がある。この作品の発見は何なのか? って聞かれました。それはすごく悩みました。僕が一番外したくなかったのはソルティが絶対幸せになること。あとソルティ、ローズ、ロイという三人が話の中でしっかり主人公になっていくこと。
その2点が僕としては絶対外したくなかった。発見に関しては実は僕らは探せなかったんです。谷口さんからは何でもいいから、その作品で初めて発見される、何かがないとダメと言われたんですけど、『発見』を見つけることができなかった。僕らは結局最後まで『発見』を探せなかったんですけど、作品が出た時に言われたことが「ツンデレ親父」ということでした。

村濱 これが発見だと思ったわけですね。
濱川 はい。周りの人が見つけてくれた。ファンの人、ありがとう! って思いました。

村濱 ありがたいことですよね。いいファンがたくさんいますよね。
濱川 「ソルティレイ」本編を見ていただければ、間違いなく「いい作品だ」と言っていただけると思います。

村濱 ので、まだご覧になってない方は是非、見てください!
濱川 レンタルでもいいので、よろしくお願いします!(笑)



制作側の苦労や考えが見えてくるお話、ありがとうございました。きっとこうやってどの作品にも込められた思いや秘められたお話があるのだと思います。「ARTMANIA」では、これからもそういったクリエイターの方々のお話をお聞きすることが出来るように頑張っていきたいと思います。さて、次回からは現在放映中の「レッドガーデン」から、素敵なゲストをお迎えします。びっくりしちゃうようなミュージカルアニメ(?)「レッドガーデン」の世界をどうぞお楽しみに!


次回は12月08日(金)の配信予定です。