このインタビューは2006年11月2日から11月24日まで
ARTMANORGよりメールマガジンとして発行されたものです。

なお、ARTMANORGは現在は公開を終了しております。

2006.11.2発行
さて、今回からは春に怒涛の3本一挙放送、見ていたファンのまぶたを早朝から腫らしたあの名作アニメ「ソルティレイ」の企画、原案、キャラクターデザイン、総作画監督をこなしていた「shuzilow.HA」こと濱川修二郎さんにインタビューをお願いしました。この業界に入ったきっかけからお話をお伺いしましたが、いきなり意外な過去が露見……!? 40歳代の方は大昔のゲームの制作現場を懐かしみながらお話をお聞き下さい。若い方は年寄りの昔話にしばしお付き合いを(笑)。
Shuzilow.HA(シュウジロウ・ハ) (全四回、第一回)
本名:濱川 修二郎(はまかわ しゅうじろう)1966年7月7日生。兵庫県神戸市出身。1982年、16歳の時に大阪のアニメスタジオ「アニメアール」で谷口守泰氏に教えを請う。同期は黄瀬和哉、沖浦啓之、逢坂浩司、後輩に木村貴宏など。1989年コナミに入社。「ツインビー」「パロディウス」シリーズの企画・キャラクターデザインを務める。当時、テロップに本名を出すことを禁じられていたため、Shuzilow.HAという名前を使用。以後、本人が特に申請しないため、その時々の制作会社、担当によって濱川修二郎だったり浜川修二郎だったりShuzilow.HAだったりで表記されている。2005年秋〜2006年春に放映された「SoltyRei」では企画・原案・キャラクターデザイン・総作画監督とテンコ盛りの仕事をこなした40歳。

1.アニメーター濱川修二郎
村濱 じゃあまず自己紹介のほどを……お願いします。
濱川 「ソルティレイ」の企画原案とキャラクターデザインをさせていただきましたshuzilow.HAこと濱川修二郎です。

村濱 総作画監督も、ですよね。原画とか作画監督はたくさんされてるんじゃないですか?
濱川 やって……るのかなぁ(笑)。

村濱 超手が早いことで有名ですよね。
濱川 そうなのかな(笑)。とりあえず締切は絶対守るんで、鬼のように仕事はしていますよ。

村濱 濱川さんはゲーム業界からアニメ業界に転身されたように思われてますが、違うんですよね?
濱川 その前にもアニメーターをやってたんです。その次にゲーム業界に入って、それからまたアニメ業界に戻ってきたんです。

「Soltyrei-ソルティレイ」第1巻
DVDジャケットより

村濱 最初はアニメーターとして動画マンとかしてたんですか?

濱川 やってました。一番最初の「キャプテン翼」とか「らんぽ」とか「モスピーダ」とか。今のアニメファンは全然知らないと思いますけど(笑)。

村濱 なるほどねぇ。その当時は原画までだったんですか?
濱川 「マリオ66」で作監補佐をしました。沖浦くんが作監だったんですけど、最後のほうに間に合わなくなって、補佐で入って……っていうのはありましたね。

村濱 沖浦さんもアニメアールでしたね。アニメアールってすごい人がいっぱいいたんじゃないですか?
濱川 もうなんかね、イヤな奴ばっかりでしたよ(笑)。

村濱 イヤ!?(笑)
濱川 沖浦くんを筆頭に、逢坂くん、黄瀬くん、木村くんとか……

村濱 スゴイですねぇ!
濱川 もうイヤな感じですよ(大笑)。


OVA「ブラックマジック M-66」
DVDジャケットより
村濱 イヤな感じなんですか!?
濱川 上手いヤツばっかりで(笑)、すごいウザかったですよ。沖浦くんなんてすごいウザかったです。仕事のことになったらギャグ言っても通じないし。当時、沖浦くんと逢坂くんとそれと女性のアニメーターと僕との4人でチームを組んで「レイズナー」っていう作品をやっていたんです。で、逢坂くんと女性の方は人情芝居をメインにしていたんですね。沖浦くんは自分がメカがしたいもんだから、そのせいで、オレにも絶対メカがまわってくる。メインの美味しいところは沖浦がやって、その両サイドでどうしてもメカが必要なところがオレみたいな構図になってきて、メカばっかりやらされてが、メカ描くのが段々鬱陶しくなってきたある日、「オレ、ロボットとか乗ったことないから大きさとかわかれへんわ」って言うたら「そのくらい自分でイマジネーションを膨らませて描けよっ!」って急に怒りだすようなヤツでしたから……(笑)。前から真面目なヤツだったですけどね。

村濱 どうしてアニメーターをやめようと思ったんですか?

濱川 実は辞めるきっかけになった作品が「マリオ66」なんです。北久保さんが監督で、士郎正宗氏が原作の作品でしたが。確か二ヶ月であげなければいけないところを一年かかってしまいまして……

村濱 ほう
濱川 当時、二ヶ月であげればいいお金になる金額をいただいていたんですけど、それを一年引っ張ってしまったので、最終的にはお金がなくなってしまったんです。それで、「こんな仕事はやってられない」と思ったんですね(笑)。

村濱 夢がないなぁ……。身も蓋もない話ですね。

2.ゲームクリエイターshuzilow.HA
濱川 (笑)。で、当時ゲームセンターが好きだったので、「オレ、ゲーム好きかも」と思ってゲーム屋さんに転職したんです。

村濱 コナミといってもゲームセンターのほうのゲームを作られていたんですね?
濱川 そうです。僕は基本的にアーケードゲームをメインに作ってました。その後「ツインビー」のシリーズのパート2のデザイナーとして入ったんです。実はパート1からではないんです。今までの方向性とは全然違う方向性の作品にしてしまったので、その後それを無視して違う方向性でやるのか、それとも僕が構築したデザインラインでいくのかということで、僕の知らないところでは、いろいろあったみたいです。で、結局僕のデザインラインで「ツインビー」を作っていくということで、その後の家庭用のソフトの監修とかも全部することになりましたけれど。

村濱 「ツインビー」の「パート1」ってどんな絵柄だったんですか?
濱川 ファミコンのかなり初期のソフトだったので色も8色しか使えないというようなものだったんですよ。

村濱 それじゃあドッターの仕事ですよね。
濱川 そうなんです。僕らが入社した時はみんなドッターだったんです。

ツインビービデオシリーズVol.0
ジャケットより

村濱 ドットの隣同士の色のにじみを利用して色数を増やすんですよね。

濱川 よく知ってますねぇ。その頃のコンピューターってものすごく進化が早かったんです。どんどん機能があがっていって、今までだったら一体のキャラクターに4色しか使えなかったのが、明日から16色使えるよになります、明日から32色使えるようになります、明日からフルカラーで使えるようになります、っていう状況だったんです。そうなってくると、今までドットを置いていた人の仕事がなくなっちゃうんです。いかに4色で絵の『ようなもの』を描くかということをやってきたのに、いきなり絵の具を使うような絵の描き方をしなくてはならなくなったんです。僕が入社する前と後、半年くらいの間に「絵の描き方」というのがかなり変わったんです。だから前のやり方でやってきた人達っていうのは混乱されてたんじゃないですか。

村濱 じゃあ、すっごいいいタイミングで入社したんですね。
濱川 そうですね。その前だったらもしかしたら仕事がなかったかもしれないですもんね。「点」で「絵」……じゃないですよ「絵のようなもの」を表現するっていうのは出来なかったかもしれない。

村濱 で、「パロディウス」のデザインをされることになるんですね。
濱川 そうです。で「パロディウス」も実は「2」からなんです。「ツインビー」と「パロディウス」の間に「ガイアポリス」というゲームを作っているんですが、そのゲームは真上から見た視点なんだけど、でもキャラクターは奥に向かって歩いていくっていうちょっと不思議な画面を作ってたんです。僕はそうでもなかったんですけど、ゲームの画面を作る上ではかなり難易度が高かったみたいです。で「パロディウス」も同じような―「クォータービュー」っていうんですか―画面を作りたかったらしいんですけども、デザイナーが出来ないと言って降りちゃったらしいんです。で、「ガイアポリス」の画面を見て、引き抜かれて「パロディウス」チームに移ったんです。


昔はゲームの制作現場はドッターに始まり、ドッターに終わっていたわけですね! ちなみに有名なイラストレーターさんも実は昔ドッターのお仕事されてたということが多いのですよ。さて、そんなわけでコナミで着々をお仕事を重ねる濱川さんですが、その後、どうして「ソルティレイ」がアニメ化されるのでしょう……。次回をお楽しみに!

次回は11月10日(金)の配信予定です。