関連館外展

7/1〜8/13  丸木スマ展「おばあちゃん画家の夢」
一宮市三岸節子記念美術館
丸木スマ作品62点を展示

8/26〜11/5 「生命の美の物語 LIFE−楽園を求めて」
富山県美術館
原爆の図《救出》を展示。

※詳細は各地にお問い合わせください。



これまでの企画展

1999〜昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


2017年4月22日(土)〜7月17日(月・祝) 開館50周年特別展示 本橋成一写真展
「ふたりの画家 丸木位里・丸木俊の世界」



 炭鉱やサーカス、上野駅、築地魚河岸など市井の人々の営みを撮り続けていた写真家の本橋成一(1940〜)は、1980年代なかばに丸木美術館へ通い、二人の画家の共同制作の現場や生き生きとした暮らしの風景を撮り続けました。 丸木美術館開館から半世紀が過ぎてもなお、《原爆の図》の力強い表現は力を失わず、その鋭い問題意識は、今も続く「核の時代」に想像力を拡散させます。その哲学の根源にある丸木夫妻の生命の営み、そして丸木美術館という場の意味を、本橋の写真によって見つめ直し、未来に向けての礎にしていきたいと考えています。

【詳細ページ】  本橋成一写真展 ふたりの画家

2017年7月22日(土)〜9月2日(土)) ジミー・ミリキタニ展

映画『ミリキタニの猫』で知られる在米日本人の路上画家の展示。9.11を経験したミリキタニは、かつての日系人収容所時代を思い出し、原爆の絵を描く。

2017年9月9日(土)〜11月18日(土) 丸木スマ展

一宮市三岸節子記念美術館との共催企画。70歳を過ぎて絵を描きはじめた丸木スマの天真爛漫な自然讃歌の絵画展。新たに発見された絵画も紹介。

2017年11月23日(土)〜2018年1月14日(土) 今日の反核反戦展2017

実行委員形式で開催される自由参加の「反核反戦展」。今日の問題意識が多数の表現者によって浮かび上がる。

2018年2月3日(土)〜3月4日(日) 石川真生展「大琉球写真絵巻」

沖縄の抵抗の歴史を再現し、絵巻として撮り続ける写真家・石川真生の写真展。

2018年3月10日(土)〜4月21日(土) 横湯久美展

祖母の生と死を静謐な写真と言葉で表現する現代美術展。