美術館に寄せられたさまざまな情報を公開します。
写真展・映像&トークショー
戦火のイラク
広河隆一、豊田直巳、森住卓、他
キッド・アイラック・アート・ホール(京王線明大前駅)
11月5日(金)〜12日(金) 11:00-20:00

「大量破壊兵器は存在せず、差し迫った脅威はなかった」と米査察団の最終報告が出された。
虚構の大儀の下で、一体誰が犠牲になったのか? それはただただ凄惨な戦争である。
これらは湾岸戦争後の経済制裁、イラク戦争、そして占領統治、
「戦火のイラク」を見続けてきたジャーナリストたちの命懸けの記録である。


トークショー
「戦火のイラク」を取材し続けた4人のジャーナリストによる現場からの映像と現場からの声を伝える。
11月5日(金) 土井敏邦「米軍の爆撃で重傷を負ったイラク人少年の1年」
   
6日(土) 森住卓「占領と核汚染の日々」
   
7日(日) 綿井健陽「映像表現の可能性と限界〜イラク取材の現場から」
  
10日(水) 豊田直巳「イラク戦争下の子どもたち」
  
12日(金) JVJA特別企画トークショー

問い合わせ:JVJA日本ビジュアル・ジャーナリスト協会
         090-6101-6113
        キッド・アイラック・アート・ホール
         03-3322-5564

岩波フォト・ドキュメンタリー完結記念
世界の戦場から 写真展
広河隆一、豊田直巳、森住卓、他
立命館大学びわこ・くさつキャンパス
10月1日(金)〜28日(木)
9:30-16:30(入館は16:00まで)
参観料金 大人300円 中・高生250円 小学生150円
問い合わせ:展示会については立命館大学国際平和ミュージアム
         075-465-8151
        アクセスは立命館大学びわこ・くさつキャンパス
         077-566-1111

草の乱
監督:神山征二郎
音楽:ディープ・フォレスト
秩父事件120周年記念作品
川越上映会 12月4(土)、5日(日)各3回 川越市民会館
問い合わせ:川越地労協 049-222-2745
1884年11月1日、時の政府を震え上がらせる事件が起こった!
『秩父事件』それは、万に及ぶ人々が“世ならし”を求め命をかけた壮絶な戦い。
あまりにも壮大なスケールのため実現不可能とされてきたこの知られざる事件の映画化を聞きつけ、全国数千人の人々が出資した。
公式サイト:http://www.kusanoran.com
ヒバクシャ 世界の終わりに
監督:鎌仲ひとみ
2003年 日本
この映画では“核”、つまり原爆、核実験、原発、劣化ウラン弾の被害者を等しくヒバクシャと呼ぶ。
今や核汚染の現実は人類だけでなく地球上のすべての生命の問題となりつつある。この進行を食い止めることはできるのか、絶望しつつもそれでもメッセージを送り続けるヒバクシャの声が聞こえてくる。(紹介パンフレットより)

日本全国で上映会を実施中 詳細は下記ホームページへ
問い合わせ:映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」制作プロジェクト事務局
03-3341-2863 メール ホームページ


以下の書籍は丸木美術館でも取り扱っています。「SHOP」参照
お名前・住所・電話番号・注文書名を明記して、FAX 0493-24-8371またはメールでお申し込みください。
お電話(0493-22-3266)での注文も承ります。

へくそ花も花盛り 大道あや聞き書き一代記とその絵の世界
大道あや 語り・画
福音館書店刊
893円

丸木位里の妹、大道あやは60歳の時初めて絵筆を持ち、素朴画家として花を咲かせた。母・丸木スマにもにた伸びやかさに加え、緻密さと美しい色彩を兼ね備えた作品を数多く描いている。巻末にカラー図版が多数収録された1985年刊の幻の一冊が、福音館文庫から復刊。
問い合わせ:福音館書店 03-3942-1226

いのちの四季
絵・丸木俊 書・吉田鷹村 短歌・小山光夫
企画協力・丸木美術館 
2003年12月明石書店刊

1890円
1997年度丸木美術館企画展〈小山光夫の短歌による絵と書の世界〉出展作品を中心に構成。鮮やかな色彩で、晩年の丸木俊が自然を愛情深く描いている。
明石書店ホームページ

太田川――ヒロシマの焔を映して
黒木庄平著 民衆社刊
1500円+税

1945年8月6日、ヒロシマで被爆したひとりの女性の視点から被爆直後の3日間を描いた小説。被爆者の証言集とも読める体験に基づいた貴重な一冊。著者の黒木氏(1910年生)自身、被爆者でもあり、千葉県我孫子で語り部として活動していた。
「原爆の図」第12部「とうろうながし」が装丁につかわれている。

問い合わせ:民衆社(03-3815-8141)

豊田直巳写真集 『パレスチナの子供たち』
第三書館 
2000円+税

いま地球上でもっとも苛烈苛酷な現在を生き
もっとも可能性ある未来を見通す笑顔が
パレスチナにある
問い合わせ:第三書館(03-3558-7311)

HOMEへ
What' new 企画展 イベント 丸木美術館クラブ 常設展示
原爆の図 共同制作 略歴 おもなあゆみ 利用案内 友の会
丸木美術館の四季 Shop 美術館ニュース Links INFO-BOX