周辺施設の紹介

八怪堂

位里さんも一緒になって建てた舞台兼休憩所。
名前の由来は中国の「揚州八怪=揚州の優れた文人画家たち」にちなんで「藝州八怪=広島の……」としたことからです。


流々庵

丸木夫妻が晩年にアトリエとして使った移築建造物。
来館者のための休憩室として開放されています。


宋銭堂と痛恨の碑

1972年12月の水道敷設工事の時に美術館敷地内から出土した5万枚の宋銭(開元通宝、景炎通宝)を供養するため、1979年に建立。
手前には丸木位里の書による丸木スマの言葉「ピカは人が落とさにゃ落ちてこん」の石碑が建てられています。
向かって右側に立つのは「痛恨の碑」。1923年の関東大震災の後、朝鮮人が虐殺された事件を悼み、1986年に建立されました。
《沖縄戦の図》取材のおりに知った、日本軍に虐殺された久米島住民と朝鮮人の名前が刻まれた「痛恨の碑」にならったものです。

丸木美術館内の貸しギャラリー

原爆の図丸木美術館では、「丸木美術館アートスペース」として美術館2階の一室(床面積約48u、 壁面の長さ23m)を準備しています。
この貸ギャラリーは、油絵、日本画、版画、写真などの作品展示の場として多くの方に御利用いただけます。

貸スペースに隣接する休憩室(冷暖房、水道完備)からは、都幾川の美しい流れが見わたせ、 併せて御利用いただくことができます。
利用は3日間以上で、個人でも、グループでも大歓迎ですので、ぜひ皆様お気軽に御相談下さい。

お問い合わせは……
原爆の図丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1401
TEL 0493-22-3266 FAX 0493-24-8371
メールmarukimsn@aya.or.jp(@を半角にしてください)
担当:岡村 幸宣

アートスペース賃料

正規料金:1日7,000円
丸木美術館友の会
 一般会員:6,000円
 維持会員:5,000円
 特別会員:4,000円

※友の会年会費は一般会員2,000円、維持会員5,000円、特別会員10,000円。
アートスペース申込時に友の会に新規入会をすることができます。

アートスペースアートスペース