当日の交通案内

美術館送迎車
東武東上線森林公園駅南口発→丸木美術館
 11:00 12:00 13:00
丸木美術館発→東武東上線森林公園駅
 10:45 11:45 12:45 16:00 パーティ終了後
※乗車定員を超える場合、しばらくお待ちいただきます。

その他の交通
つきのわ駅南口より徒歩30分
   (駅窓口で地図がもらえます)
森林公園駅南口よりタクシー(約10分)

お車でのご来館は
関越自動車道・東松山インターより小川方面へ約10分

地図などは利用案内のページをご覧下さい。

これまでの記録

2018年5月5日 開館記念日
2017年5月5日 開館記念日
2016年5月5日 開館記念日
2015年5月5日 開館記念日
2014年5月5日 開館記念日
2013年5月5日 開館記念日
2012年5月5日 開館記念日
2011年5月5日 開館記念日
2010年5月5日 開館記念日
2009年5月5日 開館記念日
2008年5月5日 開館記念日(案内のみ)
2007年5月5日 開館記念日
2006年5月5日 開館記念日
2005年5月5日 開館記念日
2004年5月5日 開館記念日
2003年5月5日 開館記念日
2002年5月5日 開館記念日
2001年5月5日 開館記念日
2000年5月4・5日 丸木俊さんを偲ぶ会
1999年5月5日 開館記念日

開館記念日

みんなで丸木美術館の開館記念日を祝いましょう。
大人も子どもも歓迎です。ご来場お待ちしています。

当日のスケジュール

ボランティア募集中!
5月5日開館記念日の準備と運営を手伝っていただける方を募集しています。
詳しくは丸木美術館事務局にお問い合わせください。(0493-22-3266)

当日高校生以下入館無料
12:00〜 丸木美術館クラブ・工作教室
毎年恒例の教室。あっと驚くものを使って、楽しい工作をするよ。
案内人:万年山えつ子さん
13:00〜14:00 キュンチョメ トーク「完璧なドーナツを遠くに投げる」
沖縄の米軍基地問題をテーマにした映像作品『完璧なドーナツをつくる』を丸木美術館2階展示室で上映中のアーティスト・ユニットのキュンチョメと、キュレーターの居原田遥によるトーク。これまでの上映企画の報告と、最近の沖縄レポートなど。
14:30〜15:30 合唱と朗読による「いしぶみコンサート」
歌=広島県立広島観音高校音楽部OB合唱団東京支部、朗読=蒔村三枝子、ピアノ=中丸ちひろ、指揮=三浦順二。
『いしぶみ/広島二中一年生全滅の記録』(ポプラ社、1970)の朗読と、「混声合唱のためのレクイエム『碑』」の合唱を組み合わせたコンサート。
※コンサート参加費1000円(美術館入館料別途)
16:00〜17:00 交流パーティ
どなたでもご参加いただける交流パーティです。 参加費500円。


キュンチョメ

2011年から活動している男女のアートユニット。メンバーはホンマエリとナブチ。不可思議な行為を媒介とし、社会問題や時代の変化に伴う人間の隠された内面にアクセスする映像作品やインスタレーションを制作。第17回岡本太郎現代芸術賞受賞。複数回の個展を実施。過去に参加した国際展は、Bangkok Biennial 2018 "BARRAK : survibes" (Bangkok, Thailand, 2018)、『江陵国際ビエンナーレ2018 "The Dictionary of Evil"』(江陵、韓国、2018)、『If only radiation had color. The era of Fukushima』 (X and Beyond, コペンハーゲン)。また国内の展覧会に、『Reborn-Art festival』 (石巻市内, 宮城県、2018)、『第17回岡本太郎現代芸術賞 太郎賞受賞』(川崎市岡本太郎美術館、神奈川、2014)などに参加。
https://www.kyunchome.com/donut

広島観音高校音楽部OB合唱団東京支部

1945年8月6日、広島二中の1年生300余名は4人の先生に引率され、建物疎開(建物の解体など、空襲に備える土木作業)のために本川土手に集合していた。そして午前8時15分、米軍の爆撃機から投下された原子爆弾によって全員が亡くなった。
1969年、広島テレビでドキュメンタリー番組「碑」が放送された。男声合唱団「広島メンネルコール」の代表・山本定男は、番組を見て感銘を受け、作曲家の森脇憲三とともに広島テレビに働きかけ、合唱組曲「男声合唱のためのレクイエム『碑』」を制作した。山本は原爆投下時、広島二中の2年生であり、作詞をした番組プロデューサーの薄田純一郎も広島二中の出身だった。初演は1970年10月、山本の指揮により、広島公会堂(現広島国際会議場)で行われた。混声合唱版の初演は1975年7月。
音楽部卒業生を中心とする広島観音高校OB合唱団は、2000年に広島で結成された。2002年8月、レクイエム「碑」をメインステージとする第1回コンサートを開催。以後、広島市内でコンサートを継続開催している。東京支部は、在京団員を中心に、東京でも「碑」を聴いて欲しいという想いから結成された。2016年7月より、同窓生の俳優・蒔村三枝子と一緒に「合唱と朗読による いしぶみコンサート」を開催している。


蒔村三枝子(朗読)
「ラ・ぺジブル」主宰、NPO日本朗読文化協会講師。青山杉作記念俳優養成所卒業。
2000年から、ヒロシマをテーマにした一人芝居「広島にチンチン電車の鐘がなる」の上演を続けている。出演とともに、演出も手掛けた「少年口伝隊」「父と暮せば」も再演を重ねる。
広島観音高等学校卒業。


中丸ちひろ(ピアノ)
七歳よりピアノを始める。その頃より現在ベルギーで活躍するヴァイオリニストの妹・中丸まどかとアンサンブルに親しみ、様々なレパートリーを修練する。
フェリス女学院大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻在学中より室内楽への造詣を深め、同大学ディプロマコース伴奏にて研鑽を積み2002年に修了。
現在ではソロに加えて歌や器楽とのアンサンブルをメインとしたコンサートを積極的に行っている。
2018年には「平和の願いをこめて」と題したコンサートで「広島の被爆ピアノ」を奏で、その様子が新聞に取り上げられるなど、好評を得た。また合唱団の専属ピアニスト、オペラのコレペティトゥーアや字幕指揮を務めるなど現在までに幅広い活動を展開し、その多方面に渡る豊かな舞台経験に加え共演者と深く音楽に取り組む姿に厚い信頼が寄せられている。


三浦順二(指揮)
会津若松市出身。会津高校卒業。青山学院大学中退。合唱活動を通じて指揮者を志し、1995〜2002年、東京ローレル合唱団の指揮者を務める。現在、高校・大学のOB合唱団の団内指揮者を務めながら、合唱団pot-au-feuを中心に合唱活動継続中。
広島観音高等学校音楽部OB合唱団団員。