丸木美術館緊急連続講演
イラク戦争の本質を探る
第2回 豊田直巳(フォト・ジャーナリスト)
映像報告「イラク戦争の実態」 ジャーナリストが見たイラク戦争の実像
5月24日(土)午後2時より

 イラク戦争が始まる直前、2003年3月19日にイラクに入国し、1ヶ月に亘って戦地の取材をしたフォト・ジャーナリスト豊田直巳の、帰国後はじめての単独講演。空爆下の市民生活や戦争の報道されていない部分を、スライドを交えて報告する。  現在、丸木美術館では緊急企画・豊田直巳写真展「劣化ウランとイラクの子供たち」(会期未定)を開催しており、9月には企画展として再度、豊田直巳写真展を行う。
豊田直巳(とよだ・なおみ)
1956年、静岡県生まれ。1983年よりパレスチナ問題の取材を始める。
2003年3月19日にイラク入国。1ヶ月に亘って戦地の取材を続けた。
近著に『難民の世紀〜漂流する民』(出版文化社、2002年9月)、
『イラクの子供たち』(第三書館、同12月)。
日本ビジュアルジャーナリスト協会(JVJA)会員。

無料送迎バス
(当日は市内循環バスも運行しています)

東武東上線森林公園駅南口発→丸木美術館 13:00
丸木美術館発→東武東上線森林公園駅南口 16:30
第1回 奈良本英佑(法政大学教授)
講演「イラク戦争の意味」 中東を見つめ続ける研究者が語るイラク戦争
5月5日(丸木美術館開館記念日)午後1時半より 開館記念日詳細

奈良本英佑(ならもと・えいすけ)法政大学経済学部教授
1984年、プリンストン大学近東学部修士課程修了。
主な著書に「君はパレスチナを知っているか―パレスチナの100年」(ほるぷ出版、1991年、改版1997年)、
訳書として、Y.ハルカビ著「イスラエル・運命の刻」(第三書館、1990年)


HOMEへ
What' new 企画展 イベント 丸木美術館クラブ 常設展示
原爆の図 共同制作 略歴 おもなあゆみ 利用案内 友の会
丸木美術館の四季 Shop 美術館ニュース Links INFO-BOX