2019年度 企画展

サーカス博覧会

2019年4月2日(火)~5月26日(日)

日本のサーカス文化や見世物小屋を彩った絵看板、ポスターなどの資料や絵画、記録映像などを多数紹介。

菅実花展 The Ghost in the Doll

2019年6月1日(土)~7月15日(月/祝)

子を失くした母の傷を癒す「リボーンドール」を、湿板写真で生きているように撮影した死と記憶をめぐる展示。

紙芝居ができた!

2019年7月20日(土)~9月1日(日)

アーサー・ビナードの新作紙芝居『ちっちゃいこえ』はどのように生まれたか。《原爆の図》再発見の旅。

堀浩哉+堀えりぜ「記憶するために―わたしはだれ?」

2019年9月7日(土)~11月17日(日)

「3.11」後に東北を想うパフォーマンスや展示を精力的に展開してきた堀浩哉+堀えりぜの集大成。

長沢秀之展「対話「私が生まれたとき」神戸 25年あと(未来)の記憶」

2019年11月23日(土)~2020年2月16日(日)

阪神淡路大震災から25年。神戸で生まれ育った人たちの記憶を絵と文章を組み合わせて提示する。

砂守勝巳写真展(仮称) 

2020年2月22日(土)~4月5日(日)

沖縄や奄美、マニラ、大阪西成などを撮影し続けた写真家の砂守勝巳の仕事を再評価する。


これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


2019.11.23~2020.2.16 長沢秀之「対話「私が生まれたとき」神戸 25年あと(未来)の記憶」


 2020年1月17日は、阪神淡路大震災から25年という節目にあたります。
 長沢秀之は、下層に描かれた像の上に短い筆致で絵具を塗り重ねる油彩画のシリーズで知られる画家で、絵の具の重なりに時間の重なりを見たてた制作をしてきました。2014年に丸木美術館で発表した「大きいゴジラ、小さいゴジラ」は1954年の映画『ゴジラ』を大きいゴジラとし、2011年の福島第一原発事故によって無数の小さいゴジラが発生したとするもので、独自のアプローチで過去の歴史と記憶を見つめる制作活動を行ってきました。
 対話「私が生まれたとき」シリーズは2015年に始まり、2017年の奄美編を経て今回の神戸編につながっています。長沢にとって「対話」とは死者との対話にほかなりません。しかしその死者とは生者でもあり、現在に生きるわたしたちをもさします。それはドローイングすることのなかに現われてくるものです。
 神戸編では、その土地に住んでいるひとに「私が生まれたとき」ではじまる文章と関連する写真を提供してもらい、その写真をもとに描いたドローイングや絵と文章を組み合わせて展示します。震災のただ中にいたひと、そのときまだ生まれてないひと、多様なひとのイメージが、過去、現在、未来という直線的な時間軸を解きほぐし、ひとの記憶と思い起こすことによって生まれるあらたな時間を提示します。


 
  
…春の日に祖母はこの世を去った
   
1983年、手


【長沢秀之】
1947年埼玉県生まれ、武蔵野美術大学卒業。現在、武蔵野美術大学名誉教授、神戸芸術工科大学客員教授。1980年代後半から「風景—◯◯」と名づけられた一連の絵画を発表。主な展覧会として「現代美術への視点—絵画唯一なるもの」東京国立近代美術館(1995)「呼吸する風景」埼玉県立近代美術館(1999)「第五福竜丸ゴジラ」展 原爆の図 丸木美術館(2014)「未来の幽霊—長沢秀之展」武蔵野美術大学美術館(2017)など。


チラシはこちらからご覧ください。

 


会期中の関連企画

〇11月23日[土] 14時 作家によるオープニングトーク
 聞き手 :岡村 幸宣(丸木美術館学芸員)

〇12月8日[日] 14時 トーク「ひとの時間、地の時間」
 ゲスト:市川 政憲(美術評論家)

〇1月19日[日]14時 トーク「からだと記憶」
 ゲスト:服部 正(甲南大学文学部教授)

※いずれも参加自由(入館料別途)