2019年度 企画展

サーカス博覧会

2019年4月2日(火)~5月26日(日)

日本のサーカス文化や見世物小屋を彩った絵看板、ポスターなどの資料や絵画、記録映像などを多数紹介。

菅実花展 The Ghost in the Doll

2019年6月1日(土)~7月15日(月/祝)

子を失くした母の傷を癒す「リボーンドール」を、湿板写真で生きているように撮影した死と記憶をめぐる展示。

紙芝居ができた!

2019年7月20日(土)~9月1日(日)

アーサー・ビナードの新作紙芝居『ちっちゃいこえ』はどのように生まれたか。《原爆の図》再発見の旅。

堀浩哉+堀えりぜ「記憶するために―わたしはだれ?」

2019年9月7日(土)~11月17日(日)

「3.11」後に東北を想うパフォーマンスや展示を精力的に展開してきた堀浩哉+堀えりぜの集大成。

長沢秀之展「私が生まれたとき―神戸編」

2019年11月23日(土)~2020年2月16日(日)

神戸で生まれ育った人たちの記憶を聞き取り、イメージを描く。阪神淡路大震災25周年企画。

新しい「反戦」(仮称) 

2020年2月22日(土)~4月5日(日)

今、このときに丸木美術館で展示をしてほしい。旬な作家による新しい「反戦」の実験的な提示。


これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


2019.4.27 – 5.6 キュンチョメ 完璧なドーナッツをつくる LOVE AND GUNS

「平成」と「令和」の狭間の10日間、沖縄を舞台として制作されたキュンチョメの映像作品「完璧なドーナツをつくる」を、原爆の図丸木美術館で上映/展示します。また会期中には、3日間限定の平和学習ツアー『LOVE AND GUNS』を開催します。

上映開始時間:9:30 11:00 12:30 14:00 15:30 途中入退場自由/各回90分
SCREENINGS-完璧なドーナッツを遠くへ投げる 特設WEBサイト:www.kyunchome.com/donut
企画協力:居原田遥
・ 展示会期のうち、4/29(月)、5/3(金)、5/4(土)の3日間(計3回)は、平和学習ツアー『Love & Guns』を開催し、参加者を募集します。応募は特設WEBサイトとメール受付を通じて行います。


● 展示上映作品

完璧なドーナツをつくる



アメリカのドーナツと沖縄のドーナツを合体させて 完璧なドーナツを作る、というプランを立てた。しかしそれはとてつもなく大変なことだった。

これはドーナツの話だ。だけどこれはドーナツの話じゃない。
政治の話だ。歴史の話だ。信念の話だ。愛の話だ。
でもやっぱりドーナツの話だ。

『完璧なドーナツをつくる』は、2017年から2018年に沖縄を舞台に制作された映像作品です。キュンチョメが、「アメリカのドーナッツと、沖縄のドーナッツ(サーターアンダギー)を合わせ、完璧なドーナッツを作ることはできないか」という計画を、沖縄に在住あるいは関わりのあるあらゆる人物に投げかけ、多様な答えを引き出すことで、沖縄の問題の複雑さと、その回答の難しさを可視化させていきます。今回は、この映像作品を、原爆の丸木美術館バージョンとして展示形態で発表します。


● 会期中の関連企画

平和学習ツアー「LOVE AND GUNS」



銃をとれ、想像せよ!
サバイバルゲームと丸木美術館。2つの経験を横断するツアーをおこないます。
戦後、日本では第二次世界大戦の歴史を知るための平和教育が続けられてきました。原爆の図丸木美術館は、丸木夫妻によって描かれた数々の絵を通して、戦争の生々しい痛みを目にし、平和について考えることができる場所です。
一方で、この美術館の近くには、「戦争ごっこ」を楽しむ場所があります。サバイバルゲームフィールドです。丸木美術館周辺は近年、サバイバルゲームのスポットとして、迷彩服に身を包んだ若者たちが集まっています。ゲームのルールはシンプル。銃を取り、撃ち合うこと。もちろん、擬似的に何度も死に、誰かを殺すことにもなるでしょう。
今回のツアーでは、まずはサバイバルゲームに参加し、その後、丸木美術館を鑑賞します。この2つの体験を通して、私たちは、なにを考え、なにを拒み、なにに興奮するのでしょうか。これは、戦争を想像するための、かつてない“平和学習”なのです。

特設WEBサイト: https://www.kyunchome.com/loveguns

実施日:
第1回:4月29日(月) 第2回:5月3日(木) 第3回:5月4日(土)
*各回の定員は15名程度とします。応募は定員に達し次第、締め切ります。
*豪雨や悪天候の場合に限り、日程またはツアー内容を変更する可能性があります。

当日のスケジュール:
9:00 森林公園駅集合(JR池袋駅より東部東上線急行または準急で1時間程度)
9:30〜10:00 サバイバルゲームに関するレクチャー
10:00〜12:00 東松山市内にてサバイバルゲームに参加
12:00〜13:00 昼食/移動
13:00〜14:00 丸木美術館の鑑賞&レクチャー
14:00〜15:30 キュンチョメ作品「完璧なドーナツをつくる」鑑賞
16:00〜17:00 キュンチョメ&居原田遥によるレクチャーとディスカッション
17:00頃 現地解散

参加費:
3000〜6000円程度 ツアー当日回収。参加費の内訳は以下です。
サバイバルゲーム参加費 男性2500円、女性1700円
必須装備(ゴーグル、銃、服装など)レンタル費 最大2500円程度(持参される方は不要です)
原爆の図 丸木美術館拝観料 900円

参加方法: 
参加者はメール(kyunchomedonut@gmail.com)で、事前に受け付けます。
希望者は以下の必要事項を明記し、上記のメールアドレス宛に連絡してください。折り返し、詳細や事前の留意事項をご連絡します。

① 氏名 ② 年齢 ③ 性別 ④ 連絡先(メールアドレス、電話番号)
④ 参加希望日(第1回:4月29日(月) 第2回:5月3日(木) 第3回:5月4日(土))
⑤ 集合解散場所までの交通手段(お車でお越しの方は事前に申告をお願いします)


● 出展作家情報



【キュンチョメ】
2011 年から活動している男女のアートユニット。メンバーはホンマエリとナブチ。不可思議な行為を媒介とし、社会問題や時代の変化に伴う人間の隠された内面にアクセスする映像作品やインスタレーションを制作。第17回岡本太郎現代芸術賞受賞。複数回の個展を実施。過去に参加した国際展は、Bangkok Biennial2018 "BARRAK : survibes" (Bangkok,Thailand,2018)、『江陵国際ビエンナーレ2018"The Dictionary of Evil"』(江陵、韓国、2018)、『If only radiation had color. The era of Fukushima』 (X and Beyond,コペンハーゲン)。また国内の展覧会に、『Reborn-Art festival』 (石巻市内,宮城県、2018)、『第十七回岡本太郎現代芸術賞 太郎賞受賞』(川崎市岡本太郎美術館、神奈川、2014)などに参加。