2019年度 企画展

サーカス博覧会

2019年4月2日(火)~5月26日(日)

日本のサーカス文化や見世物小屋を彩った絵看板、ポスターなどの資料や絵画、記録映像などを多数紹介。

菅実花展 The Ghost in the Doll

2019年6月1日(土)~7月15日(月/祝)

子を失くした母の傷を癒す「リボーンドール」を、湿板写真で生きているように撮影した死と記憶をめぐる展示。

紙芝居ができた!

2019年7月20日(土)~9月1日(日)

アーサー・ビナードの新作紙芝居『ちっちゃいこえ』はどのように生まれたか。《原爆の図》再発見の旅。

堀浩哉+堀えりぜ「記憶するために―わたしはだれ?」

2019年9月7日(土)~11月17日(日)

「3.11」後に東北を想うパフォーマンスや展示を精力的に展開してきた堀浩哉+堀えりぜの集大成。

長沢秀之展「私が生まれたとき―神戸編」

2019年11月23日(土)~2020年2月16日(日)

神戸で生まれ育った人たちの記憶を聞き取り、イメージを描く。阪神淡路大震災25周年企画。

砂守勝巳写真展(仮称) 

2020年2月22日(土)~4月5日(日)

沖縄や奄美、マニラ、大阪西成などを撮影し続けた写真家の砂守勝巳の仕事を再評価する。


これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


2019.7.20~9.1 紙芝居ができた!

「原爆の図」とは何か?
紙芝居とは何か?


 「原爆の図」をもとに紙芝居をつくる。
 米国生まれの詩人のアーサー・ビナードさんは、2012年夏に、その「無謀な」試みをはじめました。脚本を書き下ろすだけでなく、絵を部分的に選んで切り取り、さらに反転させたり、色を変えたり、別の部分の背景を組み合わせたり、紙芝居の完成までには、さまざまな実験が必要でした。
 絵画と紙芝居のつくりはちがう。ただ絵を切り取るだけでは、紙芝居にならない。紙芝居として成立するためには、「原爆の図」をどう変化させればいいのだろうか。試行錯誤の日々は、紙芝居とは何かを考えると同時に、「原爆の図」とは何かを見つめなおす試みでもあったのです。
 7年の歳月を経て、2019年5月に刊行された新作紙芝居『ちっちゃい こえ』。いのちの源である「サイボウ」に耳をすますこの物語は、旅立ちのときを迎えました。
 丸木美術館では、その完成を記念して、夏季企画展「紙芝居ができた!」を開催します。作品に隠されていたヒミツを解き明かし、「原爆の図」を再発見する展覧会です。
 アーサー・ビナードさんと丸木夫妻の世界へ入り込み、驚きの連続をお楽しみください。

   
   



チラシはこちらからご覧ください。

 


会期中の関連企画

●オープニングイベント
〇紙芝居『ちっちゃい こえ』実演
 日時:7月20日(土)午後1時、午後2時
 参加自由(入場料別途)
 出演:辻輝猛(俳優)、山谷典子(俳優)
〇生活クラブがやってきた!
 生活生協クラブの試食販売「青空カフェ」臨時出店
 (雨天時は屋根付き)
 共催:生活クラブ生活協同組合(埼玉)

●丸木美術館ひろしま忌
〇紙芝居『ちっちゃい こえ』実演
 日時:8月6日(火)正午、午後1時
 参加自由(入場料別途)
 出演:辻輝猛(俳優)、山谷典子(俳優)、丸木ひさ子(絵本作家)
 岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)
 ※当日は石川文洋(写真家)講演会、灯ろう流しなどイベント多数。 詳しくは丸木美術館に問い合わせください。

●アーサー・ビナード紙芝居『ちっちゃい こえ』実演&トーク
 日時:8月17日(土)午後2時
 参加500円(入場料別途、定員60人=
予約申込終了
 出演:アーサー・ビナード(詩人)
 聞き手:岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)
 
※予約申し込みは定員に達しましたので、締め切りとさせていただきます。