2019年度 企画展

サーカス博覧会

2019年4月2日(火)~5月26日(日)

日本のサーカス文化や見世物小屋を彩った絵看板、ポスターなどの資料や絵画、記録映像などを多数紹介。

菅実花展 The Ghost in the Doll

2019年6月1日(土)~7月15日(月/祝)

子を失くした母の傷を癒す「リボーンドール」を、湿板写真で生きているように撮影した死と記憶をめぐる展示。

紙芝居ができた!

2019年7月20日(土)~9月1日(日)

アーサー・ビナードの新作紙芝居『ちっちゃいこえ』はどのように生まれたか。《原爆の図》再発見の旅。

堀浩哉+堀えりぜ「記憶するために―わたしはだれ?」

2019年9月7日(土)~11月17日(日)

「3.11」後に東北を想うパフォーマンスや展示を精力的に展開してきた堀浩哉+堀えりぜの集大成。

長沢秀之展「私が生まれたとき―神戸編」

2019年11月23日(土)~2020年2月16日(日)

神戸で生まれ育った人たちの記憶を聞き取り、イメージを描く。阪神淡路大震災25周年企画。

砂守勝巳写真展(仮称) 

2020年2月22日(土)~4月5日(日)

沖縄や奄美、マニラ、大阪西成などを撮影し続けた写真家の砂守勝巳の仕事を再評価する。


これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


2019.9.7~11.17 堀浩哉+堀えりぜ 記憶するために―わたしはだれ?


元号が「令和」と改まり、翌年の東京オリンピッ ク・パラリンピック開催と2025 年の大阪万博を見据えて、この国がお祭り騒ぎによって何を覆い隠していくのか、現代美術家のユニットである「堀 浩哉+堀えりぜ」の展覧会は、それへの批判とともに 新時代を切り拓くビジョンを提示します。
 「堀浩哉+堀えりぜ」は 2011 年に始動したユ ニットですが、両名による協働活動は 1970 年代 半ばから続けられてきました。 堀浩哉は 1960 年代末から半世紀に渡って美術家としての活動を続けていますが、堀の絵画以外の作品である 70 年代後半のパフォーマンスは堀えりぜとのコラボ レーションによるものでした。そしてその後、堀浩哉が 20 年ほど絵画に専念したのちの1990 年代末にパフォーマンスやインスタレーション作品を再開する際には、畠中実(現 I.C.C. 主任学芸員)を加 えた「ユニット 00(堀浩哉、堀えりぜ、畠中実)」として活動を始め、さらに 2011 年の東日本大震災と原発事故以降は「堀浩哉+堀えりぜ」のユニッ トに改めて、旺盛な表現活動を展開しています。
 また堀浩哉の 2015 年以降の「滅びと再生の庭」 と題された絵画のシリーズでは、制作の際に堀えりぜが朗読をするという形で協力をしています。
 この展覧会は、「堀浩哉+堀えりぜ」が 2011 年 以降に展開してきた活動の、現時点での集大成となるものです。

協力 3331 Arts Chiyoda、日本美術サウンドアーカイヴ、ミヅマアートギャラリー

 
   
   
   



チラシはこちらからご覧ください。

 


会期中の関連企画

〇9月7日[土] 14時 オープニングトーク
 ゲスト 赤坂憲雄(民俗学者)

〇9月15日[日] 14時
 「堀浩哉+堀えりぜ」によるパフォーマンス+トーク
 ゲスト 畠中実、金子智太郎(美学研究者)

〇9月28日[土] 14時 トーク
 ゲスト 椹木野衣(美術評論家)

〇10月5日[土] 14時 トーク
 ゲスト 千葉成夫(美術評論家)

〇11月9日[土] 14時 トーク
 ゲスト 蔵屋美香(東京国立近代美術館企画課長)

※いずれも参加自由(入館料別途)