2017年度 企画展

本橋成一写真展「ふたりの画家」

2017年4月22日(土)~7月17日(月/祝)

1980年代なかばに丸木美術館へ通い、二人の画家の共同制作の現場や暮らしの風景を撮り続けた本橋成一の写真展。

ジミー・ツトム・ミリキタニ展

2017年7月22日(土)~9月2日(土)

映画『ミリキタニの猫』で知られる在米日本人の路上画家の展示。9.11を経験したミリキタニは、かつての日系人収容所時代を思い出し、原爆の絵を描く。

丸木スマ展 おばあちゃん画家の夢

2017年9月9日(土)~11月18日(土)

一宮市三岸節子記念美術館との共催企画。70歳を過ぎて絵を描きはじめた丸木スマの天真爛漫な自然讃歌の絵画展。新たに発見された絵画も紹介。

今日の反核反戦展2017

2017年11月23日(土)~2018年1月13日(土)

実行委員形式で開催される自由参加の「反核反戦展」。今日の問題意識が多数の表現者によって浮かび上がる。

石川真生 大琉球写真絵巻

2018年2月10日(土)~3月4日(日)

沖縄の抵抗の歴史を再現し、絵巻として撮り続ける写真家・石川真生の写真展。

横湯久美展 時間 家の中で 家の外で

2018年3月10日(土)~4月21日(土)

第一次世界大戦の年に生まれ、第二次世界大戦を弾圧のもとで生き残った祖母による話を、怖さ残酷さのある20世紀の民話的「戦争と美術」としてたどる。



これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


2018.3.10-4.21 横湯久美展 時間 家の中で 家の外で

 横湯久美は、死者の声は本当にもう聴けないのか、生き残った者は死者や過去とどのようにつき合うのかを写真とテキストで探ってきたアーティストです。
 本展では、第一次世界大戦の年に生まれ、第二次世界大戦を弾圧のもとで生き残った祖母による話を、怖さ残酷さのある20世紀の民話的「戦争と美術」としてたどります。
 また、100年前にヨーロッパで始まった第一次世界大戦について、ポケットのホチキスを手掛かりにさぐり、見えているようで見えてこない「時の行方」を見つめていきます。


横湯久美【Kumi Yokoyu】
1966年千葉県生まれ。東京藝術大学美術研究科油画専攻修士課程修了後、The Slade School of Fine Art大学院彫刻家修了を経て、現在、横浜美術大学准教授。
展覧会 1999年「Thinking Aloud」(Cameden Art Center, 英国)。2000年「Warning Shots!」(王立軍事博物館リーズ, 英国)。2004年「横浜写真館」(BankART1929)。2013年「その時のしるし/There Once Was」(photographers' gallery)。2014年「POST3.11祭、炎上、沈黙、そして…」(東京都美術館)他。
所蔵作品 王立軍事博物館リーズ現代美術館(英国)、サンフランシスコ近代美術館(米国)他。


作品集出版
 『爆弾か 黒雪ダルマ 雪ダルマ』横湯久美作品集を展覧会後に出版予定。テキスト執筆はノーマ・フィールド氏(米国の日本研究者、シカゴ大学名誉教授)。会期中に予約受付。

会期中の関連企画

●アーティストトーク 「逃げるか掴むか、時をめぐる記憶の話」
 3月10日(土)、31日(土)いずれも午後2時30分
 横湯久美 聞き手:辻耕
 2日間にわたり、生の苺で荼毘に付される祖母の顔の版をとった「その時のしるし/There Once Was」、横湯が現代の「臨終画のようなもの」と呼ぶシリーズなどから考えていきます。




↓チラシはこちらからご覧ください