2016年度 企画展

原爆の図はふたつあるのか

2016年3月19日(土)~6月18日(土)

1950年代に再制作され、「本作」と同時期に全国を巡回した「もうひとつの」《原爆の図》三部作を特別公開。

四國五郎展 シベリア抑留から『おこりじぞう』まで

2016年6月25日(水)~9月24日(土)

峠三吉の私家版『原爆詩集』(1951年)の表紙絵や絵本『おこりじぞう』(1979年)の挿絵を手がけるなど、広島で生涯をかけて「反戦平和」を見つめながら表現活動を続けた画家・四國五郎の回顧展。

壷井明展

2016年10月1日(土)~11月12日(土)

東日本大震災・福島原発事故から5年。3.11後の福島に足を運び、人びとの体験を聞いて絵画化した《無主物》を描き続ける壷井明の仕事を紹介する。

今日の反核反戦展2016

2016年11月19日(土)~2017年1月14日(土)

実行委員形式で開催される自由参加の「反核反戦展」。今日の問題意識が多数の表現者によって浮かび上がる。

沖縄展(仮称)

2017年1月21日(土)~4月15日(土)

私たちは沖縄の歴史や基地問題とどう向き合うのか。若手キュレーターの企画により、アーティストの表現を通じて感じる「沖縄」。


これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


企画展 2016/10/1~11/12 壷井明 連作祭壇画 無主物 3.11を描く



 壷井明(1976年生)は、2011年3月の福島第一原発事故後に飛散した放射性物質を、誰のものでもない「無主物」であるという東京電力の主張を聞き、無責任さに憤って、3枚のベニヤ板に油絵具で絵を描きはじめた。それが「無主物」のはじまりであった。
 最初に絵を発表したのは2012年3月11日。場所は国会議事堂前。脱原発デモに参加し、路上に並べた。そのときの画面と、今の画面を比べると、絵はかなり変化している。壷井は、デモや福島の集団疎開裁判に絵を持参し、出会った人たちから聞いた悩みや証言を、少しずつ描き加えていったのだった。「いつ完成するかはわからない。福島の苦悩が続く限り、描き続けたい」と壷井は言った。
 2013年2月から4月にかけて、丸木美術館の一室で、特別展示「無主物」が開かれた。たった1点の絵の展示であったが、反響は大きかった。それから3年半の歳月が流れた。「無主物」は連作となり、壷井は街へ出て絵を並べ、道行く人びとに語り続けていた。福島の原発事故は、いまだ終息していない。壷井の制作も終わらない。
 今回の展覧会は、「無主物」連作の中間報告である。


無主物 朝日 2011年8月から制作、現在加筆中


無主物 避難指示区域 2011年6月から制作、完成


無主物 仮設のひとびと 2014年12月から制作、2015年8月完成


無主物 喉を切られたこども 甲状腺三県比較調査 2014年12月から制作、現在加筆中


無主物 2012年8月22日に死んだ下請け作業員 2015年1月から制作、完成


無主物 震災関連死 2011年7月1日の焼身自殺 2015年5月から制作、現在加筆中


無主物 土中魚 農地除染としての表土剥ぎ取り 2016年5月から制作、現在加筆中


会期中の関連企画

●早川篤雄講演会 「危惧の実像 原発事故は楢葉町をどう変えたのか」
10月22日(土)午後2時 参加費500円(入館券別途)
福島第一原発から20㌔圏内にあたる楢葉町大谷在。室町時代1395年の開山から620年を数える浄土宗大院山智宝院宝鏡寺第30代住職。1975年福島第二原発設置許可の取り消しを訴える「福島原発訴訟」原告団事務局長を務め、以後40年に渡り楢葉町で反原発運動を展開。最高裁の上告棄却から20年近くが過ぎた2011年3月11日、福島第一原発事故が発生。3月12日午前の避難指示以降避難民となり、それまで運営していた障害者施設の入居者94名をうけもつ身としても原発事故の苛酷さを体験する。
2012年7月、原発廃止を求める宗教者共同声明、呼びかけ人。現在「福島原発避難者損害賠償請求訴訟」原告団長。『無主物』制作のため壷井がこれまで話をうかがってきた福島現地人の一人。

●壷井明ギャラリートーク
10月29日(土)午後2時 参加自由(当日の入館券が必要です)
画家みずからが、「無主物」に描きこんだ現代の福島の「民話」を語る。

●岡崎弥保「無主物」朗読
11月5日(土)午後2時 参加自由(当日の入館券が必要です)
俳優・語り手の岡崎弥保が、「無主物」に添えられた言葉を朗読する。



↓チラシはこちらからご覧ください。