2016年度 企画展

原爆の図はふたつあるのか

2016年3月19日(土)~6月18日(土)

1950年代に再制作され、「本作」と同時期に全国を巡回した「もうひとつの」《原爆の図》三部作を特別公開。

四國五郎展 シベリア抑留から『おこりじぞう』まで

2016年6月25日(水)~9月24日(土)

峠三吉の私家版『原爆詩集』(1951年)の表紙絵や絵本『おこりじぞう』(1979年)の挿絵を手がけるなど、広島で生涯をかけて「反戦平和」を見つめながら表現活動を続けた画家・四國五郎の回顧展。

壷井明展

2016年10月1日(土)~11月12日(土)

東日本大震災・福島原発事故から5年。3.11後の福島に足を運び、人びとの体験を聞いて絵画化した《無主物》を描き続ける壷井明の仕事を紹介する。

今日の反核反戦展2016

2016年11月19日(土)~2017年1月14日(土)

実行委員形式で開催される自由参加の「反核反戦展」。今日の問題意識が多数の表現者によって浮かび上がる。

沖縄展(仮称)

2017年1月21日(土)~4月15日(土)

私たちは沖縄の歴史や基地問題とどう向き合うのか。若手キュレーターの企画により、アーティストの表現を通じて感じる「沖縄」。


これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


特別展示 2016/11/16~2017/1/14 富山妙子 終わりの始まり 始まりの終わり



 世界に変革の風が吹いていた1970年代、新しい芸術運動として、絵:富山妙子、音楽:高橋悠治との共労によるスライド作品を自主製作する「火種工房」を立ちあげた。それは困難な道であったが長い歳月のなかで、いつしか東アジアの歴史を紡ぐ語りの芸術になったのではないでしょうか……
(協力:火種工房、多摩美術大学美術館)

富山妙子
 1921年神戸市生まれ。少女時代を旧満州、大連とハルビンで過ごす。戦後、炭鉱、第三世界、韓国、戦争責任をテーマに制作。近年の主な展覧会『富山妙子・記憶のコラージュ』ノースウエスタン大学(USA、2004年)、『大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ「富山妙子全仕事展」(2009年)、『植民地と富山妙子の画家人生』(東京YWCA、2010年)。自伝『アジアを抱く 画家人生 夢と記憶』(岩波書店)、画集とDVD『蛭子と傀儡子 旅芸人の物語』(現代企画室)。


始まりの風景 満洲の荒野 132×162cm 2016年 油彩・カンヴァス


終わりの風景 崩れゆくもの 162×132cm 2016年 油彩・カンヴァス

会期中の関連企画

富山妙子展イベント ―絵と音楽と詩が出会って時代を解く― 「何も信じられない時代に何を語る?」
日時 12月3日(土)13時より
場所 原爆の図丸木美術館 新館ホール
料金 500円(入館料別途)
出演

絵:富山妙子(画家)

音楽:高橋悠治(音楽家)
1938年東京に生まれる。1960年代に草月アートセンターで前衛音楽運動に参加し、以後ピアニスト・作曲家として活動多数。1970年代は日本で音楽雑誌『トランソニック』を編集。1976年から画家・富山妙子とともにスライドと音楽による物語作品の製作を続ける。1978年にアジア民衆の抵抗歌を歌う「水牛楽団」をつくり、月刊『水牛通信』を発行。詩人・藤井貞和とは1995年以来コラボレーションをつづけ、2000年に劇場作品『泥の海』を上演。

言葉:藤井貞和(詩人)
詩人、日本文学研究者。1942年東京生まれ。和歌、古代歌謡、沖縄歌謡などから多彩な言葉を集めて日本語の可能性を探求し続けると同時に、戦争、いじめ、家、民族、女性など現代の問題に対峙し続けてきた。近年の著作に、『人類の詩』(思潮社)『文法的詩学』(笠間書院)、『言葉と戦争』(大月書店)、『水素よ、炉心露出の詩――三月十一日のために』(大月書店)など。



↓チラシはこちらからご覧ください。