2016年度 企画展

原爆の図はふたつあるのか

2016年3月19日(土)~6月18日(土)

1950年代に再制作され、「本作」と同時期に全国を巡回した「もうひとつの」《原爆の図》三部作を特別公開。

四國五郎展 シベリア抑留から『おこりじぞう』まで

2016年6月25日(水)~9月24日(土)

峠三吉の私家版『原爆詩集』(1951年)の表紙絵や絵本『おこりじぞう』(1979年)の挿絵を手がけるなど、広島で生涯をかけて「反戦平和」を見つめながら表現活動を続けた画家・四國五郎の回顧展。

壷井明展

2016年10月1日(土)~11月12日(土)

東日本大震災・福島原発事故から5年。3.11後の福島に足を運び、人びとの体験を聞いて絵画化した《無主物》を描き続ける壷井明の仕事を紹介する。

今日の反核反戦展2016

2016年11月19日(土)~2017年1月14日(土)

実行委員形式で開催される自由参加の「反核反戦展」。今日の問題意識が多数の表現者によって浮かび上がる。

沖縄展(仮称)

2017年1月21日(土)~4月15日(土)

私たちは沖縄の歴史や基地問題とどう向き合うのか。若手キュレーターの企画により、アーティストの表現を通じて感じる「沖縄」。


これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


企画展 2016/6/25~9/24 四國五郎展 シベリア抑留から『おこりじぞう』まで



 峠三吉のガリ版『原爆詩集』(1951年)の表紙絵や絵本『おこりじぞう』(1979年)の挿絵を手がけるなど、広島で生涯をかけて「反戦平和」を見つめながら表現活動を続けた画家・四國五郎(1924~2014)。

 1944年に徴兵されてシベリア抑留を体験し、1948年の帰還後は峠三吉らとともにサークル誌『われらの詩』の刊行や、反戦詩と絵を一枚の紙に描いて街頭に貼ってまわる「辻詩」の活動を展開。1950年10月、丸木夫妻の《原爆の図》全国巡回の出発点となった広島での展覧会を支えたのも、峠や四國ら「われらの詩の会」の仲間でした。その後も「広島平和美術展」を組織・運営しながら、原爆や母子像をテーマにした絵画や絵本を描き続けるなど、生涯をかけて「平和」への思いを貫きました。

 今展では、シベリア抑留時代のスケッチから、被爆死した弟の日記、峠三吉や丸木夫妻との交流を示す資料、辻詩、絵画、絵本原画などを紹介し、四國五郎の遺した幅広い表現とその意味を振り返ります。


母子 1967年 個人蔵


●原爆の図丸木美術館での四國五郎展へのメッセージ
                               ジョン・ダワー(マサチューセッツ工科大学名誉教授)

  「原爆の図丸木美術館」に常設されている丸木位里・赤松俊夫妻の「原爆の図」と一緒に四國五郎の作品が展示されるのは、なんともすばらしい機会である。

 この三人の作品は、単に1945年8月に日本に投下された原爆の恐ろしさを思い起こさせるだけではない。戦争と平和がいかに絡み合っているかということを作品を観る者の心にうったえてくるし、創造性豊かな三人の作品から私が個人的に受ける忘れがたい印象は、美と創造性と平和、さらには人間の命の大切さの深淵な確認ということである。

 私は、1980年代に、丸木美術館を幾度も訪ねたが、それが丸木夫妻に関する英語の本とドキュメンタリー映画製作へとつながった。広島・長崎原爆投下60周年にあたる2005年には、四國五郎の見事な絵で描かれた被爆者証言を、当時私が勤めていたマサチューセッツ工科大学の援助で運営するネットサイトに載せることができた。日本の丸木夫妻と四國五郎の作品には、他には類がない密接な関連性が見られる。三人の作品は、核戦争というものがいったいどんなものなのかを世界中の人々に思い起こさせる上で、特別な力強さを持っている。

 私の祖国である米国でも、また日本でも、軍国主義が再び台頭しつつある今、四國五郎と丸木夫妻の芸術作品は、今まで以上に緊迫性をもって私たち一人一人に語りかけてくる。

                               2016年3月21日
                               翻訳:田中利幸(歴史学者)

 
辻詩 1950年頃 個人蔵


フルムリ地区ゴーリン病院「最初の一枚」
 1997年 個人蔵

 
八月六日 1951年 個人蔵         鳩笛 1977年 個人蔵


おこりじぞう (絵本原画) 1979年 個人蔵

会期中の関連企画

●オープニング・トーク 「四國五郎という画家がいた」
6月25日(土)午後2時 出演:四國光(四國五郎長男)、永田浩三(武蔵大学教授)
ご長男である四國光さん、今夏に『ヒロシマを伝える ~詩画人・四國五郎と原爆の表現者たち~』(WAVE出版)を刊行予定の永田浩三さんをお迎えして、生涯をかけて原爆・平和を描き続けた四國五郎の人となりや仕事についてお話し頂きます。

●丸木美術館ひろしま忌
8月6日(土)午後2時 城西川越中学・高校 和太鼓演奏
8月6日(土)午後3時 木内みどり 絵本『おこりじぞう』朗読
8月6日(土)午後4時 坂田明ジャズライブ
8月6日(土)午後6時 ひろしま忌の集い・とうろう流し
原爆で亡くなられた方々の霊を悼む、丸木美術館ひろしま忌。四國五郎が挿絵を描いた『おこりじぞう』を女優の木内みどりさんが朗読して下さいます。坂田明さんのジャズライブ、城西川越中学・高校の和太鼓演奏、都幾川でのとうろう流しも行います。出店やフリーマーケット、工作教室などもありますので、一日ゆっくりとした時間をお過ごしください。

●対談「四國五郎の画業を貫くもの」
9月3日(土)午後2時 出演:川口隆行(広島大学准教授)、小沢節子(近現代史研究者)
連合国軍占領下、そして朝鮮戦争がはじまり言論統制の厳しい時代の広島で、峠三吉とともに展開した「辻詩」活動。その活動の意味を検証しつつ、1970年代「市民の描いた原爆の絵」の募集に関わり、自らも新たな表現を模索していった四國五郎の画業について、丸木夫妻との交流や《原爆の図》との比較考察を踏まえて、振り返ります。



↓チラシはこちらからご覧ください。