2015年度 企画展

島田澄也展 蒼き昭和時代

2015年4月18日(土)~7月11日(土)

戦前・戦中・戦後の記憶を200点ほどの油彩画に描いた画家・島田澄也の個展。小河内・山村工作隊に参加した1950年代の絵画やスケッチなども紹介。

特別展示 発掘! 知られざる原爆の図

2015年6月3日(水)~9月12日(土)

15部連作として知られる《原爆の図》は、ほかにも数多く全国に眠っていた。ふだん見ることのできない“番外編”の《原爆の図》を発掘紹介!

福島菊次郎写真展 原爆と人間の記録

2015年7月18日(土)~9月12日(土)

敗戦直後の広島で被爆者家族を10年にわたって撮影し続けた94歳の写真家・福島菊次郎。被爆70年にあたり、その衝撃と告発の写真を展示する。

没後20年 丸木位里展

2015年9月19日(土)~11月14日(土)

1995年に没した水墨画家・丸木位里の画業を回顧し、スケールの大きな水墨画を中心に紹介する展覧会。

今日の反核反戦展2015

2015年11月21日(土)~2016年1月16日(土)

昨年に続き実行委員形式で開催される自由参加の「反核反戦展」。今日の問題意識が多数の表現者によって浮かび上がる。

連続企画① 3.11から5年(仮称)

2016年1月23日(土)~2月27日(土)

2011年3月11日の東日本大震災・福島原発事故から5年の歳月をどのように見るべきか。20代の若手作家の問題意識を見つめる実験的な展覧会を予定

連続企画② POST 3.11(仮称)

2016年3月5日(土)~4月9日(土)

東北ゆかりの芸術家・白濱雅也・安藤栄作らを中心に、「繁栄と享楽の影に潜んでいた」私たちの社会の根底をあぶり出す意欲的な企画

これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


没後20年丸木位里展 2015/09/19-11/14



 丸木位里(いり)は、1901年6月に広島県安佐郡飯室村(現広島市安佐北区安佐町飯室)に生まれ、1995年10月に埼玉県で没しました。今年は没後20年に当たります。
 妻の丸木俊と敗戦後に描き続けた共同制作《原爆の図》連作で知られますが、戦前にはヨーロッパの前衛芸術運動シュルレアリスムの影響を受け、水墨の実験的な表現で高い評価を受けました。
 「絵はかいてはいけません。墨を流せばそれでいいのです」(『月刊VISION』1979年4月号)という言葉を残した位里の絵画の魅力に迫るため、今展では、紙に墨や絵具を流し、その流動性を生かして制作した大画面の作品を中心に展示紹介します。無限の広がりと色彩を感じさせる絵画は、位里本人の独特の大らかな気質にも通じることでしょう。この機会にぜひ、一人の画家の内なる宇宙の奥行きを感じて頂きたいと思います。


三陸 1962年 原爆の図丸木美術館蔵


馬(部分)1939年 原爆の図丸木美術館蔵


↓チラシはこちらからご覧ください。