2015年度 企画展

島田澄也展 蒼き昭和時代

2015年4月18日(土)~7月11日(土)

戦前・戦中・戦後の記憶を200点ほどの油彩画に描いた画家・島田澄也の個展。小河内・山村工作隊に参加した1950年代の絵画やスケッチなども紹介。

特別展示 発掘! 知られざる原爆の図

2015年6月3日(水)~9月12日(土)

15部連作として知られる《原爆の図》は、ほかにも数多く全国に眠っていた。ふだん見ることのできない“番外編”の《原爆の図》を発掘紹介!

福島菊次郎写真展 原爆と人間の記録

2015年7月18日(土)~9月12日(土)

敗戦直後の広島で被爆者家族を10年にわたって撮影し続けた94歳の写真家・福島菊次郎。被爆70年にあたり、その衝撃と告発の写真を展示する。

没後20年 丸木位里展

2015年9月19日(土)~11月14日(土)

1995年に没した水墨画家・丸木位里の画業を回顧し、スケールの大きな水墨画を中心に紹介する展覧会。

今日の反核反戦展2015

2015年11月21日(土)~2016年1月16日(土)

昨年に続き実行委員形式で開催される自由参加の「反核反戦展」。今日の問題意識が多数の表現者によって浮かび上がる。

連続企画① 3.11から5年(仮称)

2016年1月23日(土)~2月27日(土)

2011年3月11日の東日本大震災・福島原発事故から5年の歳月をどのように見るべきか。20代の若手作家の問題意識を見つめる実験的な展覧会を予定

連続企画② POST 3.11(仮称)

2016年3月5日(土)~4月9日(土)

東北ゆかりの芸術家・白濱雅也・安藤栄作らを中心に、「繁栄と享楽の影に潜んでいた」私たちの社会の根底をあぶり出す意欲的な企画

これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


特別展示 発掘!知られざる原爆の図 2015/06/03-09/12



 原爆投下直後に広島へ入り、その惨禍を30年以上にわたって15部連作《原爆の図》に描き続けた画家・丸木位里(1901-1995)、丸木俊(1912-2000)。現在、その連作のうち第1部から第14部までは原爆の図丸木美術館に、第15部《長崎》は長崎原爆資料館に常設展示されています(2015年夏、丸木美術館の原爆の図はアメリカなどに7点が貸出予定)。

 しかし、丸木夫妻はこの15部連作以外にも、さまざまな“番外”ともいうべき《原爆の図》を描き残しました。1954年に初めて長崎を訪れた際に取材し、当初は第7部、第8部として制作される構想もあった「原爆長崎之図」の二部作《三菱兵器工場》と《浦上天主堂》。1959年にビルマ戦没者慰霊のため建てられた高野山成福院の摩尼宝塔に奉納された二部作《火》と《水》。1982年に東京・葛飾区の勝養寺に依頼されて描いた《幽霊》、《火》、《水》、《夜》の四部作。1986年に被爆後の差別問題を描いた《高張提灯》などです。

 どの作品も、それぞれの時代の丸木夫妻の画風を反映させながら、しかし、どれひとつとして同じ表現はありません。
 被爆70年にあたる2015年夏、原爆の図丸木美術館では、各地で大切に守り残されている《原爆の図》をお借りして、特別展示として公開いたします。



左から、原爆長崎之図《浦上天主堂》、《三菱兵器工場》、いずれも1954年、長崎原爆資料館蔵

 
左から原爆の図《火》、《水》、いずれも1959年、高野山成福院摩尼宝塔蔵


原爆の図《高張提灯》、1986年、大阪人権博物館蔵

 

 
上段左から原爆の図《幽霊》、《火》、下段左から《水》、《夜》、いずれも1982年、勝養寺蔵(原爆の図丸木美術館寄託)


会期中の関連企画

●特別展示記念トーク「知られざる《原爆の図》を見る」
2015年8月30日(日)午後2時より
出演:小沢節子(近現代史研究者、『「原爆の図」描かれた〈記憶〉、語られた〈絵画〉』著者)+岡村幸宣(丸木美術館学芸員)
参加費自由(入館料別途)
当日は市内循環バス運休のため、午後1時に東武東上線森林公園駅南口に送迎車が出ます。
※森林公園駅南口からタクシー約10分、つきのわ駅南口から徒歩27分(駅窓口で地図がもらえます)。


↓チラシはこちらからご覧ください。