2011年度 企画展

第五福竜丸事件
ベン・シャーンと丸木夫妻

2月26日(土)〜4月30日(土)

第五福竜丸事件を主題にした丸木夫妻の原爆の図第9部《焼津》、第10部《署名》とともに、都立第五福竜丸展示館の協力により ベン・シャーンの「Lucky Dragon」シリーズを展示して第五福竜丸事件を読み直す企画です。
【詳細ページ】



チェルノブイリから見えるもの
貝原浩『風しもの村 チェルノブイリ・スケッチ』を中心に

5月3日(火・祝)〜6月25日(土)

放射能に汚染された村でつつましく、たくましく生きる人々の暮らしを鮮やかに描いた叙事詩のような壮大な絵巻。
5月5日の開館記念日には、貝原さんと共にベラルーシを訪問した小室等さんにコンサートをしていただきます。
【詳細ページ】



丸木位里・俊絵本原画展

7月2日(土)〜9月3日(土)

丸木夫妻が手がけた名作絵本の原画を紹介する大々的な絵本の企画展。
同時開催の《ハロー・ディア・エネミー!80作品展》では、ドイツのミュンヘン国際青少年図書館が選んだ、 平和を考える世界の絵本80作品の展示。
【詳細ページ】



追悼・大道あや展

9月6日(火)〜10月15日(土)

2010年9月14日に101歳で逝去した大道あや(丸木位里の妹、丸木スマの娘)の追悼展示。
県内初の公開作品を多数含む予定です。
【詳細ページ】



今日の反核反戦展2011

10月22日(土)〜12月3日(土)

画家・池田龍雄さんを呼びかけ人に迎える。
針生館長の遺志を引き継ぎ、誰でも自由に参加できる反核反戦をテーマにした展覧会。
【詳細ページ】



丸木スマ 生命のよろこびを見つめて

12月23日(土)〜2012年2月4日(土)

70歳を過ぎて絵筆をとった丸木位里の母スマは、約10年の画家生活で天衣無縫な作品を次々と書き上げた。
スマ単独の展覧会は4年ぶりになります。どうぞおたのしみに。
【詳細ページ】



生誕100年丸木俊展

2月11日(土)〜5月18日(土)

1912年2月11日に生まれた丸木俊の生誕100年記念展。
【詳細ページ】



これまでの企画展

1999〜昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


丸木スマ展

出品作品リスト 

丸木スマ 生命のよろこびを見つめて

スマ肖像

目が見えんようになったら、
手さぐりで描きます。
絵を描きはなえてから、面白うての。
こりゃ、まだまだ死なりゃせん思うて。
わしゃ、今が花よ。

丸木スマは1875年に広島県安佐郡伴村(現広島市安佐南区沼田町伴)に生まれました。
幼い頃より野山を駆けまわり、伸びやかに成長した彼女は、20歳で飯室村(現広島市安佐北区飯室)の丸木金助と結婚し、 3男1女を生み育てます。
家業の船宿業や家事のほか、畑を耕し、蚕を育てるなど目まぐるしく働きますが、やがて家業は衰退。
土地も家財も手放して広島市内の三滝町に転居し、そこで原爆を体験します。
彼女は命をとりとめたものの、夫の金助は翌年春に亡くなりました。

その後、スマは長男の位里と俊の夫妻に勧められ、絵を描きはじめます。
そして70歳を過ぎて初めて筆を執ったにもかかわらず、誰もが驚く天真爛漫な自然讃歌の作品を次々と生み出し、 女流画家協会展や院展にも入選を重ねて一躍注目を集めるようになりました。
1956年に81歳で死去するまで、彼女の残した絵は実に700点を超えています。

ひまわり

丸木美術館では、位里・俊の描いた《原爆の図》連作とともに、スマの絵も紹介し続けてきました。
まれに見る大災害や原発事故の続いた年の締めくくりにスマの展覧会を開催するのも、多くの人が傷つき、 苦しんだ今こそ、スマの見つめた生命のよろこびを観ていただきたいという思いからです。

スマの作品世界について、作家の水上勉は「誇張でなく哲学的で、一見童画風ながら、まったくちがう。 人生の苦惨を経た人の、無心な絵に心をうばわれた」と書いています。
大きな悲しみを経たからこそ、見えてくる世界がある。
どんな状況でも、希望を見失ってはならない。
スマの絵から見出せるユーモアやよろこびが、来る2012年に向けて、人びとの励みになることを願ってやみません。

画像:ひまわり
(丸木スマ、制作年不詳、原爆の図丸木美術館蔵)

出品作品リスト

おんどりめんどり

画像:おんどりめんどり(丸木スマ、1955年、原爆の図丸木美術館蔵)

タイトル 制作年 所蔵 備考
生けた南天 1953 原爆の図丸木美術館 1954年日本橋白木屋個展出品
白い鳥 1951 原爆の図丸木美術館 1952年第6回女流画家協会展出品
みのりの秋 1951 原爆の図丸木美術館 1952年第6回女流画家協会展出品
夏木立 1952 原爆の図丸木美術館
おんどりめんどり 1955 原爆の図丸木美術館
椿の咲く庭 1955 原爆の図丸木美術館
1950 原爆の図丸木美術館 1951年再興第36回日本美術院展入選
池の友達 1952 原爆の図丸木美術館 1952年再興第37回日本美術院展入選
内海の魚 1954 原爆の図丸木美術館
柿もぎ 1949 原爆の図丸木美術館
村の夕暮れ 1954 原爆の図丸木美術館 1954年日本橋白木屋個展出品
稲刈り 制作年不詳 原爆の図丸木美術館
花見 1949 原爆の図丸木美術館
梅が咲く 1952 原爆の図丸木美術館 1953年第7回女流画家協会展出品
赤いけし白いコスモス 制作年不詳 原爆の図丸木美術館
黄色い花 1954 原爆の図丸木美術館
つわ蕗の葉 1952 原爆の図丸木美術館
ダリア 1952 原爆の図丸木美術館
1950 原爆の図丸木美術館
母猫 1951 原爆の図丸木美術館 1951年第5回女流画家協会展出品
鳥の林 1952 原爆の図丸木美術館 1952年再興第37回日本美術院展入選
にわとり 1953 原爆の図丸木美術館 1954年第8回女流画家協会展出品
黄菊白菊 1952 原爆の図丸木美術館
ひまわり 制作年不詳 原爆の図丸木美術館
暮れる畑 1952 原爆の図丸木美術館
もみじ谷 1953 原爆の図丸木美術館
せみが鳴く 1952 原爆の図丸木美術館 1952年再興第37回日本美術院展入選
せどの山 1952 原爆の図丸木美術館 1953年第7回女流画家協会展出品
めし 1950 原爆の図丸木美術館
なすときゅうり 制作年不詳 原爆の図丸木美術館
やさい 1953 原爆の図丸木美術館 1954年第8回女流画家協会展出品
1955 原爆の図丸木美術館 1955年再興第40回日本美術院展入選
川のかに 1951 個人蔵 1951年第5回女流画家協会展出品
初雪 1951 原爆の図丸木美術館
1951 原爆の図丸木美術館
もちつき 制作年不詳 原爆の図丸木美術館
山ごぼう 1951 原爆の図丸木美術館
白椿 1952 原爆の図丸木美術館
ばくろう 1955 原爆の図丸木美術館
河童 制作年不詳 原爆の図丸木美術館
凡夫人とスケッチ 1955 原爆の図丸木美術館
もみじ谷の初雪 制作年不詳 個人蔵
二本の竹の子 制作年不詳(初期) 個人蔵
ゆりの花 制作年不詳(中期) 個人蔵
カンナ 制作年不詳(中期) 個人蔵
海の幸 制作年不詳(晩期) 個人蔵
雪の降った庭 制作年不詳(中期) 個人蔵
白い母猫1 制作年不詳(初期) 個人蔵
白い母猫2 制作年不詳(初期) 個人蔵