2011年度 企画展

第五福竜丸事件
ベン・シャーンと丸木夫妻

2月26日(土)〜4月30日(土)

第五福竜丸事件を主題にした丸木夫妻の原爆の図第9部《焼津》、第10部《署名》とともに、都立第五福竜丸展示館の協力により ベン・シャーンの「Lucky Dragon」シリーズを展示して第五福竜丸事件を読み直す企画です。
【詳細ページ】



チェルノブイリから見えるもの
貝原浩『風しもの村 チェルノブイリ・スケッチ』を中心に

5月3日(火・祝)〜6月11日(土)

放射能に汚染された村でつつましく、たくましく生きる人々の暮らしを鮮やかに描いた叙事詩のような壮大な絵巻。
5月5日の開館記念日には、貝原さんと共にベラルーシを訪問した小室等さんにコンサートをしていただきます。
【詳細ページ】



丸木位里・俊絵本原画展

6月18日(土)〜9月3日(土)

丸木夫妻が手がけた名作絵本の原画を紹介する大々的な絵本の企画展。
同時開催の《ハロー・ディア・エネミー!80作品展》では、ドイツのミュンヘン国際青少年図書館が選んだ、 平和を考える世界の絵本80作品の展示。
【詳細ページ】



追悼・大道あや展

9月6日(火)〜10月15日(土)

2010年9月14日に101歳で逝去した大道あや(丸木位里の妹、丸木スマの娘)の追悼展示。
県内初の公開作品を多数含む予定です。
【詳細ページ】



今日の反核反戦展2011

10月22日(土)〜12月3日(土)

画家・池田龍雄さんを呼びかけ人に迎える。
針生館長の遺志を引き継ぎ、誰でも自由に参加できる反核反戦をテーマにした展覧会。
【詳細ページ】



丸木スマ展

12月17日(土)〜2012年2月4日(土)

70歳を過ぎて絵筆をとった丸木位里の母スマは、約10年の画家生活で天衣無縫な作品を次々と書き上げた。
スマ単独の展覧会は4年ぶりになります。どうぞおたのしみに。
【詳細ページ】



生誕100年丸木俊展

2月11日(土)〜5月18日(土)

1912年2月11日に生まれた丸木俊の生誕100年記念展。
【詳細ページ】



これまでの企画展

1999〜昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


第五福竜丸事件

この展覧会は終了しました。

出品作品リスト 「第五福竜丸事件展」、同時開催「大川美術館所蔵作品によるベン・シャーンの世界展

会期中イベント:連続トーク

連続トークは多くの方にご参加いただき、終了いたしました。
ありがとうございました。

■3月5日(土)出演:アーサー・ビナード(詩人)、大石又七(元第五福竜丸乗組員)
朝日新聞掲載記事 (リンク切れはご容赦ください)
■3月26日(土)出演:安田和也(第五福竜丸平和協会事務局長)、竹峰誠一郎(三重大学研究員)
          朗読『ロンゲラップの海』(石川逸子詩、好村俊子朗読)




1954年3月1日、ビキニ環礁で米国の水爆実験が行われました。

第五福竜丸

1954年3月1日、中部太平洋マーシャル諸島のビキニ環礁で、米国の水爆実験が行われました。

近くで操業していた遠洋マグロ漁船・第五福竜丸の乗組員23名は、巨大なキノコ雲を目撃、 放射能を含む死の灰を浴びました。

静岡県焼津に帰港した彼らはすぐに病院に運ばれましたが、無線長の久保山愛吉は「原水爆による犠牲者は、 私で最後にして欲しい」と遺言を残して9月23日に亡くなりました。

この事件は当時大きな注目を集め、東京・杉並から全国に広がった署名運動など、人びとの反核への関心を高めました。

写真:第五福竜丸船体(写真提供:第五福竜丸展示館)

原爆の図 《焼津》と《署名》

 すでに「原爆の図」全国巡回を行っていた丸木位里・赤松俊子(丸木俊)夫妻は、翌55年に事件を主題にした 原爆の図第9部《焼津》を発表。
さらに56年には第10部《署名》を発表して、広島の原爆体験を表象していた「原爆の図」に、 同時代の問題を反映させるという試みを行いました。

原爆の図《焼津》
丸木位里・丸木俊 原爆の図 第9部《焼津》

原爆の図《署名》
丸木位里・丸木俊 原爆の図 第10部《署名》

ベン・シャーン “ラッキードラゴン・シリーズ”

《なぜ?》

リトアニアで生まれ、移民として渡ったアメリカで20世紀を代表する画家となったベン・シャーンは、 57年から58年にかけて月刊誌『ハーパーズ』で物理学者ラルフ・ラップの第五福竜丸に関するルポルタージュに挿絵をつけ、 絵画連作“ラッキードラゴン・シリーズ”に発展させました。

本展では、丸木夫妻の共同制作《焼津》、《署名》に加え、ベン・シャーンの“ラッキードラゴン・シリーズ”の 水彩・素描20点を紹介。第五福竜丸展示館の協力を得て、 事件の経緯から現在にいたるまでの状況を展示パネルで解説します。

また、群馬県桐生市の大川美術館にご協力いただき、 「大川美術館所蔵作品によるベン・シャーンの世界展」を同時開催いたします。
この機会にぜひご覧ください。

ベン・シャーン 《なぜ?》大川美術館蔵



出品作品リスト

丸木位里・丸木俊共同制作
原爆の図 第9部《焼津》 1955年 原爆の図丸木美術館所蔵
原爆の図 第10部《署名》 1956年 原爆の図丸木美術館所蔵
ベン・シャーン Lucky Dragonシリーズ
日本の新聞を読む男 1957年 丸沼芸術の森所蔵
父と子 1957年 丸沼芸術の森所蔵
科学者 1957年 丸沼芸術の森所蔵
ニュース報告 1957年 丸沼芸術の森所蔵
網元、日本の男 1957年 丸沼芸術の森所蔵
出港 1957年 丸沼芸術の森所蔵
出港 1957年 丸沼芸術の森所蔵
彼の妻―久保山夫人 1957年 丸沼芸術の森所蔵
彼の墓 1957年 丸沼芸術の森所蔵
写真家と被写体 1957年 丸沼芸術の森所蔵
鳩No.3 1961年 丸沼芸術の森所蔵
鳩No.5 1961年 丸沼芸術の森所蔵
病院で 1957年 第五福竜丸展示館所蔵
死んだ彼 1957年 第五福竜丸展示館所蔵
写真家 1957年 第五福竜丸展示館所蔵
出航 1957年 第五福竜丸展示館所蔵
彼らの道具 1957年 第五福竜丸展示館所蔵
船主 1957年 第五福竜丸展示館所蔵
降下物 1957年 第五福竜丸展示館所蔵
珊瑚礁の怪物 1957年 丸の内ギャラリー所蔵
なぜ? 1961年 大川美術館所蔵
ポスター
STOP H BOMB TESTS ベン・シャーン作 1960年 個人蔵
第1回原水爆禁止世界大会 丸木俊作 1955年 第五福竜丸展示館蔵
第4回原水爆禁止世界大会 丸木俊作 1958年 第五福竜丸展示館蔵
※その他、解説パネルや実物資料などを展示

同時開催「大川美術館所蔵作品によるベン・シャーンの世界展」出品作品

バスケットボールをする人 1940−42年 大川美術館所蔵
農夫 1941年 大川美術館所蔵
無干渉主義 1947年 大川美術館所蔵
三人の道化師 1950年代 大川美術館所蔵
芸術トリオ 1954年 大川美術館所蔵
ジグムント・フロイト 1956年 大川美術館所蔵
三輪車 1968年 大川美術館所蔵
版画集『レヴァナとわが悲しみの聖母』より3点 1931年 大川美術館所蔵
リルケ『マルテの手記』より9点 1968年 大川美術館所蔵