2011年度 企画展

第五福竜丸事件
ベン・シャーンと丸木夫妻

2月26日(土)〜4月30日(土)

第五福竜丸事件を主題にした丸木夫妻の原爆の図第9部《焼津》、第10部《署名》とともに、都立第五福竜丸展示館の協力により ベン・シャーンの「Lucky Dragon」シリーズを展示して第五福竜丸事件を読み直す企画です。
【詳細ページ】



チェルノブイリから見えるもの
貝原浩『風しもの村 チェルノブイリ・スケッチ』を中心に

5月3日(火・祝)〜6月25日(土)

放射能に汚染された村でつつましく、たくましく生きる人々の暮らしを鮮やかに描いた叙事詩のような壮大な絵巻。
5月5日の開館記念日には、貝原さんと共にベラルーシを訪問した小室等さんにコンサートをしていただきます。
【詳細ページ】



丸木位里・俊絵本原画展

7月2日(土)〜9月3日(土)

丸木夫妻が手がけた名作絵本の原画を紹介する大々的な絵本の企画展。
同時開催の《ハロー・ディア・エネミー!80作品展》では、ドイツのミュンヘン国際青少年図書館が選んだ、 平和を考える世界の絵本80作品の展示。
【詳細ページ】



追悼・大道あや展

9月6日(火)〜10月15日(土)

2010年9月14日に101歳で逝去した大道あや(丸木位里の妹、丸木スマの娘)の追悼展示。
県内初の公開作品を多数含む予定です。
【詳細ページ】



今日の反核反戦展2011

10月22日(土)〜12月3日(土)

画家・池田龍雄さんを呼びかけ人に迎える。
針生館長の遺志を引き継ぎ、誰でも自由に参加できる反核反戦をテーマにした展覧会。
【詳細ページ】



丸木スマ展

12月17日(土)〜2012年2月4日(土)

70歳を過ぎて絵筆をとった丸木位里の母スマは、約10年の画家生活で天衣無縫な作品を次々と書き上げた。
スマ単独の展覧会は4年ぶりになります。どうぞおたのしみに。
【詳細ページ】



生誕100年丸木俊展

2月11日(土)〜5月18日(土)

1912年2月11日に生まれた丸木俊の生誕100年記念展。
【詳細ページ】



これまでの企画展

1999〜昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


位里俊絵本展

出品作品リスト  会期中イベント 同時開催「ハロー・ディア・エネミー!80

丸木位里・丸木俊絵本原画展 大地から湧き出る物語

ぶらんこのり

生涯に200作品以上の美しい絵本や挿絵の仕事を残した丸木俊と、 水墨の流動性を生かした力強い表現で絵本を手がけた丸木位里。
地に足をつけてたくましく生きる人びとに共感し、暮らしのなかから湧き出る深い喜びや悲しみの物語を 描き出した二人の豊穣な世界を、約50作品150点の原画で紹介いたします。

また同時に、平和と寛容の国際絵本展「ハロー・ディア・エネミー!80作品展」を開催いたします。

画像:ぶらんこのり
(丸木俊、1970年、原爆の図丸木美術館蔵)

《原爆の図》などの共同制作で知られる丸木位里(1901〜1995)・丸木俊(1912〜2000)夫妻は、 絵本の分野でも数多くのすぐれた作品を残し、高い評価を受けています。
とりわけ、俊は色鮮やかで繊細な表現によって、童話や民話、創作絵本、歴史絵本など幅広い分野で 200作品以上の絵本や挿絵の仕事を残し、20世紀の日本を代表する絵本画家として知られています。
位里は手がけた絵本の数は少ないものの、水墨の流動性を生かした斬新で力強い作品を残しました。

本展では、昨年、新たに原爆の図丸木美術館の収蔵品として加わった13作品をはじめ、 國學院大學栃木学園の協力により、1971年に第3回ブラチスラヴァ絵本原画展(BIB'71)で ゴールデンアップル賞を受賞した《日本の伝説》など、約50作品150点を展示紹介いたします。

赤神と黒神 生涯をかけて戦争や公害などの社会的主題と向き合い続けた丸木夫妻は、何よりも、 地に足をつけてたくましく生きる人びとの暮らしに共感し、そこから湧き出る深い喜びや悲しみの込められた物語を 愛していました。
二人が描き出した豊穣な世界を、今こそ多くの方に"再発見"して頂きたいと思っています。

画像:赤神と黒神
(丸木位里、1969年、原爆の図丸木美術館蔵)

会期中イベント

当展覧会の会期中にはさまざまなイベントを開催いたします。
夏休み中でもありますので、ぜひ親子で、またはお友達どうしでご参加ください。

丸木美術館ひろしま忌

日時:8月6日(土) 当日入館無料。
午後3時30分 栗田明子さん(日本著作権輸出センター相談役)
           講演「『ひろしまのピカ』の翻訳出版に携わって」
午後4時30分 山本さとしさんコンサート「ヒロシマの有る国で」
その他、美術工作教室、和太鼓・エイサー公演、とうろう流しなどを行います。

絵本づくりワークショップ 「○△□で描くワタシの絵本」

7月24日(日)午後1時30分
講師:奈良幸琥(画家)
参加費200円(5歳以上、定員20名程度、要予約 電話:0493-22-3266)

あそびましょ

ギャラリートーク

※参加自由(当日の入館券が必要です)。
各回とも、学芸員の岡村とゲストが展示室にてトークを行います。

第1回
8月13日(土)午後2時
ゲスト:野坂悦子(元日本国際児童図書評議会理事)、松井エイコ(壁画家・紙芝居作家)
松井氏自作の紙芝居『二度と』(平和と寛容の国際絵本展「ハロー・ディア・エネミー!80作品展」に選ばれた作品) の実演も行います。

第2回
8月28日(日)午後2時
ゲスト:鈴木美恵子(元フレーベル館編集者・丸木俊担当)

画像:あそびましょ
(丸木俊、1977年、個人蔵)

出品作品リスト

タイトル 作者 発行年 出版社 所蔵
ひろしまのピカ
※7/2-8/6のみ展示
丸木俊 1980年 小峰書店 個人
みなまた海のこえ 丸木俊・丸木位里 1982年 小峰書店 個人
おきなわ島のこえ
※7/2-8/6のみ展示
丸木俊・丸木位里 1984年 小峰書店 個人
ヤシノハノヒカウキ 文=久保喬
絵=赤松俊子
1942年 小学館 個人
ヤシノ木ノ下 文=土家由紀雄
画=赤松俊子
1942年 小学館 個人
ヤシノミノタビ 著=丸山薫
画=赤松俊子
1942年 帝国教育出版部 個人
でてきておひさま スロヴァキア民話
再話=うちだみちこ
画=丸木俊子
1958年 福音館書店 個人
こまどりのクリスマス スコットランド民話
訳=渡辺茂男
画=丸木俊子
1960年 福音館書店 個人
そりにのって 作=神沢利子
絵=丸木俊子
1961年 福音館書店 個人
うみのがくたい
※7/2-8/6のみ展示
作=大塚勇三
絵=丸木俊子
1964年 福音館書店 個人
赤神と黒神 文=松谷みよ子
絵=丸木位里
1969年 ポプラ社 原爆の図
丸木美術館
カラスだんなのおよめとり 訳=石井桃子
絵=丸木俊子
1963年 岩波書店 原爆の図
丸木美術館
ロシアのわらべうた 著=内田莉莎子
画=丸木俊
1969年 さえら書房 個人
グリムどうわ 訳=大塚勇三
絵=丸木俊
1970年 学習研究社 國學院大學
栃木学園
せむしの小うま 作=エルショーフ
訳=内田莉莎子
画=丸木俊
1971年 学習研究社 個人
ぶらんこのり 作=佐藤義実
絵=丸木俊
1970年 フレーベル館 原爆の図
丸木美術館
七いろのはなびら 原作=カターエフ
絵=丸木俊
1970年 学習研究社 個人
日本の伝説 文=松谷みよ子
絵=丸木位里
   丸木俊
1970年 講談社 國學院大學
栃木学園
さんねんねたろう 文=大野寛
絵=丸木俊
1972年 世界出版社 個人
12のつきのおくりもの スロバキア民話
再話=内田莉莎子
絵=丸木俊
1971年 福音館書店 原爆の図
丸木美術館
黒ねこ四代 著=松谷みよ子
絵=丸木俊
1972年 講談社 原爆の図
丸木美術館
チワンのにしき・太陽のむすめ 中国・ソビエト民話
訳=君島久子
  田中かな子
画=丸木俊
1972年 学習研究社 原爆の図
丸木美術館
あかざばんばとガラ 著=瀬川拓男
絵=丸木位里・俊
1973年 太平出版社 原爆の図
丸木美術館
ふえをふく岩 文=君島久子
絵=丸木俊
1973年 ポプラ社 原爆の図
丸木美術館
おおむかしのむら 作=たかしよいち
絵=丸木俊
1973年 福音館書店 原爆の図
丸木美術館
つつじのむすめ 文=松谷みよ子
絵=丸木俊
1974年 あかね書房 原爆の図
丸木美術館
かさじぞう
※7/2-8/6のみ展示
編=民話の研究会
絵=丸木俊
1975年 世界文化社 個人蔵
星の小ぼとけさま 作=川村たかし
絵=丸木俊
1974年 文研出版 原爆の図
丸木美術館
きつねのおきてがみ 北上の民話
文=菊池敬一
絵=丸木俊
1977年 小峰書店 原爆の図
丸木美術館
三びきじし 文=渡辺節子
絵=丸木俊
1975年 ポプラ社 原爆の図
丸木美術館
トルストイ童話集 絵=丸木俊 1978年 暁教育出版 個人
おしらさま 遠野の民話
文=菊池敬一
絵=丸木俊
1976年 小峰書店 個人
千代とまり 文=松谷みよ子
画=丸木俊
1977年 講談社 個人
あそびましょ 文=松谷みよ子
絵=丸木俊
1977年 偕成社 個人
うしかいとおりひめ 中国民話
訳=君島久子
絵=丸木俊
1977年 偕成社 個人
あまのはごろも 文=おのちゅうこう
画=丸木俊
1977年 小学館 個人
しらとりのぬま 作=おのちゅうこう
絵=丸木俊
1978年 小学館 個人
まえがみ太郎 作=松谷みよ子
絵=丸木俊
1979年 偕成社 個人
りゅうになりたかったへび 作=松谷みよ子
絵=丸木俊
1979年 大日本図書 個人
世界の旅路 文=新村徹
絵=丸木俊
1979年 千趣会 個人
くびかざりとぬすっと 作=花岡大学
絵=丸木俊
1981年 同明舎 個人
たけむすめ 中国の民話
訳=君島久子
絵=丸木俊
1981年 小学館 個人
とうろうながし
※7/2-8/6のみ展示
作=松谷みよ子
絵=丸木俊
1985年 偕成社 個人
どんぶらこっこすっこっこ 文=村上ひさ子
絵=丸木俊
1999年 福音館書店 個人



ハロー・ディア・エネミー!80

同時開催 平和と寛容の国際絵本展 ハロー・ディア・エネミー!80作品展

フェルジナンド

平和や自由、寛容といった反戦のテーマとつながる絵本を世界の国々から選んだ絵本展で、 1998年にインドのニューデリーで開催されたIBBY(国際児童図書評議会)世界大会の際に、 ミュンヘン国際青少年図書館によって企画されました。
その後、世界各国を巡回し、1999年から2002年には日本国内80カ所で展示されました。
2009年4月からは、新たに28作品をコレクションに加えて80冊の絵本を選定し、巡回展を行っています。
日本を代表する作品として、丸木俊の『ひろしまのピカ』もコレクションに選ばれています。
「丸木位里・丸木俊 絵本原画展」とともに、絵本がもたらす大切なメッセージを多くの人に 受けとめて頂きたいと願っています。

主催:日本国際児童図書評議会(JBBY)
企画:ミュンヘン国際青少年図書館、
    JBBY「ハロー・ディア・エネミー!80作品展」実行委員会