2011年度 企画展

第五福竜丸事件
ベン・シャーンと丸木夫妻

2月26日(土)〜4月30日(土)

第五福竜丸事件を主題にした丸木夫妻の原爆の図第9部《焼津》、第10部《署名》とともに、都立第五福竜丸展示館の協力により ベン・シャーンの「Lucky Dragon」シリーズを展示して第五福竜丸事件を読み直す企画です。
【詳細ページ】



チェルノブイリから見えるもの
貝原浩『風しもの村 チェルノブイリ・スケッチ』を中心に

5月3日(火・祝)〜6月25日(土)

放射能に汚染された村でつつましく、たくましく生きる人々の暮らしを鮮やかに描いた叙事詩のような壮大な絵巻。
5月5日の開館記念日には、貝原さんと共にベラルーシを訪問した小室等さんにコンサートをしていただきます。
【詳細ページ】



丸木位里・俊絵本原画展

7月2日(土)〜9月3日(土)

丸木夫妻が手がけた名作絵本の原画を紹介する大々的な絵本の企画展。
同時開催の《ハロー・ディア・エネミー!80作品展》では、ドイツのミュンヘン国際青少年図書館が選んだ、 平和を考える世界の絵本80作品の展示。
【詳細ページ】



追悼・大道あや展

9月6日(火)〜10月15日(土)

2010年9月14日に101歳で逝去した大道あや(丸木位里の妹、丸木スマの娘)の追悼展示。
県内初の公開作品を多数含む予定です。
【詳細ページ】



今日の反核反戦展2011

10月22日(土)〜12月3日(土)

画家・池田龍雄さんを呼びかけ人に迎える。
針生館長の遺志を引き継ぎ、誰でも自由に参加できる反核反戦をテーマにした展覧会。
【詳細ページ】



丸木スマ展

12月17日(土)〜2012年2月4日(土)

70歳を過ぎて絵筆をとった丸木位里の母スマは、約10年の画家生活で天衣無縫な作品を次々と書き上げた。
スマ単独の展覧会は4年ぶりになります。どうぞおたのしみに。
【詳細ページ】



生誕100年丸木俊展

2月11日(土)〜5月18日(土)

1912年2月11日に生まれた丸木俊の生誕100年記念展。
【詳細ページ】



これまでの企画展

1999〜昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


位里俊絵本展

出品作品リスト  会期中イベント

追悼 大道あや展

けとばし山

大道あやは1909年に広島県安佐郡飯室村(現広島市安佐北区)に生まれました。
やがて結婚して広島市内で美容師となり、原爆を体験。戦後は花火製造業に転じるものの、 工場の爆発事故で夫を失うなど波乱の人生を歩みます。

兄は水墨画家として知られる丸木位里、母の丸木スマも70歳を過ぎてから天真爛漫な絵を描いて注目を浴びる という家族環境のなかで、あやも60歳を過ぎてから本格的に絵筆をとり、日本美術院展や女流画家協会展で 入選を重ねました。
緻密な筆づかいと鮮やかな色彩によって描かれた生命力あふれる絵画の根底には、 彼女が体験した数多くの喜びや悲しみがひそんでいることでしょう。

本展では、2010年9月14日に101歳で生涯を閉じたあやの画業を、《しかけ花火》や《野育ち》といった代表作を 中心とする日本画21点、『こえどまつり』などの絵本原画17点によって振り返ります。
晩年のあやが原爆体験を思い起こしながら描いた絵本『ヒロシマに原爆がおとされたとき』の原画も全点展示。
位里と妻の俊の共同制作《原爆の図》連作や、丸木スマの原爆作品との対比も興味深いところです。

あやは、絵画を制作した時期のほとんどを埼玉県内の東松山市と越生町で暮らしており、川越、秩父など 周辺の地域を題材にした作品も手がけています。
この機会に「埼玉を描いた画家」としての大道あやの一面も、多くの方に知って頂ければと思います。

画像:けとばし山
(大道あや、1982年、個人蔵)

会期中イベント アーサー・ビナードさん、小沢節子さん講演会

小江戸祭

日時:9月23日(金/祝)
 午後1時30分開始

講師:アーサー・ビナード(詩人)「大道あやは、大道あやである。」
講師:小沢節子(近現代史研究者)「描くことの苦しみと喜びのはざまで―大道あやの表現」

当日の入館券をお持ちの方、丸木美術館友の会会員の方はどなたでもご参加いただけます。
予約受付はいたしません。
※午後1時に森林公園駅南口に送迎車が出ます。

画像:小江戸祭
(大道あや、1979年(第34回春の院展入選)、個人蔵)

出品作品リスト

タイトル 制作年 所蔵 備考
しかけ花火 1970 個人蔵 第25回女流画家協会展入選
野育ち 1971 個人蔵 再興第56回院展入選
鬼になる日 1972 個人蔵 第27回春の院展入選
いのり 1972 個人蔵
彼岸花 1972 個人蔵
見すてられたオンドリ 1973 個人蔵
瀬戸内 1973 個人蔵 第28回女流画家協会展O夫人賞
五百羅漢 1973 個人蔵 第28回女流画家協会展O夫人賞
ちちぶの夜祭 1975 個人蔵
日曜日のハメルン 1976 個人蔵 第31回春の院展入選
ロンドンのフィッシュマーケット 1976 個人蔵
マイエンフェルトの鈴音 1976 個人蔵
小江戸祭 1979 個人蔵 第34回春の院展入選
越生のしし舞い 1980 個人蔵 第34回女流画家協会展入選
軍鶏 1980 個人蔵
けとばし山 1982 個人蔵
収穫 1982 個人蔵
海に咲く花 1982 個人蔵 第35回女流画家協会展入選
婆ちゃんのお宝 1984 個人蔵 第38回女流画家協会展入選
絵本原画 ねこのごんごん 1975 個人蔵
絵本原画
こえどまつり
1976 個人蔵 第6回ブラティスラヴァ世界絵本原画展優良賞(1977年)
絵本原画
けとばしやまのいばりんぼ
1980 個人蔵
絵本原画
ヒロシマに原爆がおとされたとき
2002 個人蔵
かぐら 1975 広島市立
飯室小学校
蛇祭り 1978 小山市立博物館
解放 1980 原爆の図
丸木美術館