2010年度 企画展

OKINAWA―つなぎとめる記憶のために

4月17日(土)〜7月10日(土)

沖縄の佐喜眞美術館が所蔵する丸木夫妻の絵画とともに、沖縄出身の芸術家の作品を通して、 沖縄戦から現代の基地問題まで続く“記憶”の意味を、今日的な視点で見つめなおします。
【詳細ページ】

武田美通展
戦死者たちからのメッセージ

7月17日(土)〜9月4日(土)

アジア太平洋戦争における戦死者からのメッセージを表現する鉄の造形作家・武田美通さんの展覧会です。
【詳細ページ】

今日の反核反戦展2010

9月11日(土)〜10月15日(金)

2005年以来、毎年開催している「反核・反戦」をテーマにした展覧会。
全国から約80名の作家が出品する。
※〈今日の反核反戦展2010〉は、針生館長を偲び、呼びかけ人を置かずに開催いたします。
【詳細ページ】

没後15年丸木位里展

10月19日(火)〜2011年1月15日(土)

スケールの大きな作品で知られる水墨画家・丸木位里の没後15年に際し、その芸術家としての世界を回顧する企画です。
戦前に作品を中心に約50点を展示。
【詳細ページ】

平川恒太個展
『The Never Ending Story』

11月20日(土)〜23日(水・祝)
(アートスペース企画)

2006年より本格的にアーティスト活動を始めた若手作家。
今回の個展では、未だ終わることの無い戦争をテーマに、戦争と平和の関係を描き出します。
【詳細ページ】

冬のみんなのアート祭り

1月22日(土)〜2月19日(土)

障がいのある人も ない人も いっしょに祭りを あつくしよう
特別展示として、丸木夫妻の共同制作《大逆事件》を展示する「大逆事件100周年展」を併設いたします。
【詳細ページ】

ベン・シャーン「Lucky Dragon」と原爆の図《焼津》

2月26日(土)〜4月16日(土)

第五福竜丸事件を主題にした丸木夫妻の原爆の図第9部《焼津》、第10部《署名》とともに、都立第五福竜丸展示館の協力によりベン・シャーンの「Lucky Dragon」シリーズを展示して第五福竜丸事件を読み直す企画です。
【詳細ページ】

これまでの企画展

1999〜昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


関連館外展 2010年の記録

7/17〜9/20 イノセンス―いのちに向き合うアート
栃木県立美術館(栃木県宇都宮市)
丸木スマ、大道あや作品など
028-621-3566
8/22(日)午後1時30分
講演「命の花咲く地獄―丸木スマと大道あやの絵画世界」(仮題)
小沢節子(近現代史研究者)
※定員:100名(先着順)


生命のひかり展―丸木位里没後15年・俊没後10年をふりかえって―
【酒田展】7/21〜27
清水屋デパート(山形県酒田市)
0234-24-5511
【大宮展】8/1〜15
カフェギャラリーあっぷるはうす(埼玉県さいたま市大宮区)
048-644-9925


8/1〜8 命の伝承2010
神宮寺(長野県松本市浅間温泉)
原爆の図《竹やぶ》
0263-46-0096


8/2〜5 文京区原爆の図展
文京シビックセンター(東京都文京区)
原爆の図《とうろう流し》《からす》
03-3812-5506(「原爆の図」を見る会・文京)


9/3〜10/17 「日本画」の前衛1938-1949
京都国立近代美術館(京都市左京区)
丸木位里《馬》《竹》《高原》など
075-761-4111

9/3〜10/17 「日本画」の前衛1938-1949
京都国立近代美術館(京都市左京区)
丸木位里《馬》《竹》《高原》など
075-761-4111


2011/2/21〜3/5 丸木位里・丸木俊二人展
檜画廊(東京都千代田区)
03-3291-9364
11:00〜18:30(土曜日は17:00まで、2/27は休廊)