原爆の図丸木美術館 HOME
利用案内 原爆の図 企画展 共同制作 丸木スマ イベント 美術館クラブ パネル貸出 アートスペース
Shop 友の会 FOR PEACE 略歴 美術館の四季 おもなあゆみ 美術館ニュース Links  美術館データ

没後15年丸木位里展

没後15年 丸木位里展


2010年 1019日− 2011年15


講演会「丸木位里の芸術・靉光との交流」
11月13日(土)午後2〜3時半
講師:ヨシダ・ヨシエさん(美術評論家)

【講師紹介】
ヨシダ・ヨシエ氏は1929年生まれ。
1950年代初頭に丸木夫妻の《原爆の図》を背負って全国各地を巡回した経験をお持ちの方です。
また、日本のシュルレアリスムを代表する画家で、丸木位里と親しかった靉光(あいみつ・1907-1946)の研究者としても知られています。
とりわけ、上海で戦病死した靉光の最期の状況を知るために丹念な調査を行い、ついに隣の病床で靉光の死を見届けた人物をつきとめたことは、洲之内徹の『気まぐれ美術館』(新潮社刊)の「靉光の死を見届けた人」に詳しく記されています。
今回の講演では、戦前・戦中期に描かれた丸木位里の水墨を中心とする作品を前に、1930年代の丸木位里や靉光たちが目指した「芸術の革新」について、ヨシダ氏の鋭い視点から論じて頂きます。

参加費:無料(当日の入館券が必要です)
午後1:30に東武東上線森林公園南口に丸木美術館のワゴン車の迎えがあります。
(送迎には事前予約が必要です:0493-22-3266まで)

その他の交通(市内循環バス運行日です)

丸木位里「花王」
「花王」(1943年)
 丸木位里は1901年に広島県安佐郡飯室村(現広島市安佐北区)の船宿兼農家の長男に生まれました。田中頼璋に絵を学び、広島県美術展に入選を重ねた後、1934年に本格的に上京。落合朗風の明朗美術研究所や川端龍子の青龍社に属しながら、同郷の油彩画家・靉光らと交流し、「日本画」の新たな表現を模索しました。
 1938年には、「日本画」の伝統を踏まえつつも、シュルレアリスムと抽象表現という当時のヨーロッパの前衛絵画を積極的に取り入れようとした新団体・歴程美術協会に参加。翌年には友人の船田玉樹、岩橋英遠とともに脱退しますが、その実験的精神に触れたことで、水墨の自動性を生かした抽象表現という新たな境地を獲得します。
 1939年10月に銀座紀伊国屋画廊で開催した「丸木位里・船田玉樹個展」は大きな注目を集め、当時の美術雑誌にも多くの評が掲載されました。この展覧会を見て芳名録に感想を記した赤松俊子とは、やがて結婚し、共同制作《原爆の図》を描くことになります。1940年からは前衛的な油彩画家が中心となって創設した美術文化協会に参加。さらに船田、岩橋らと研究会を立ち上げ、精力的に個展を開催するなど、社会全体が戦争へ突き進む困難な時代のなかで、「日本画」の革新をめざし続けました。
 1995年10月19日に逝去した位里の没後15年を迎える今年の回顧展では、再評価の進む位里の戦前の作品を中心に約50点を展示し、あらためてその画業を振り返ります。


No. 作品名 制作年 寸法 材質/技法 所蔵 備考
1 1939年 72×96 紙本墨画 個人蔵 1939年船田玉樹・丸木位里個展
2 本串山 1939年 46.5×61 紙本墨画 個人蔵 1939年船田玉樹・丸木位里個展
3 さぎ(2) 1930年代 50×54 絹本彩色 個人蔵
4 作品3 1930年代 39×43 紙本彩色 個人蔵
5 作品4 1930年代 39×43 紙本彩色 個人蔵
6 落日 1940年 52×59 絹本彩色 個人蔵 1940年美術文化協会秋季展
7 作品1 1940年 45×62 紙本墨画 個人蔵 1940年第2回丸木位里個展
8 雲の圖 1940年頃 55×63 紙本墨画 個人蔵
9 1941年 35×57 紙本墨画 個人蔵
10 山の雲 1941年頃 42×57 紙本墨画 個人蔵
11 山1 1941年頃 41×55 紙本墨画 個人蔵
12 さぎ 1941年頃 55×53 紙本墨画 個人蔵
13 富士山雪景 1941年 52×59 絹本墨画 個人蔵 1941年丸木位里・船田玉樹・岩橋英遠三人展
14 眠る猫 1941年 46×56 紙本墨画 個人蔵 1941年丸木位里・船田玉樹・岩橋英遠三人展
15 宇奈月 1942年 43×68 紙本墨画 個人蔵
16 宇奈月 1942年 50×27.5 紙本墨画 個人蔵
17 黒部峡谷 1942年 51×63 紙本墨画 個人蔵
18 高尾山からの富士 1942年 52×63 紙本墨画 個人蔵
19 1942年 52×63 紙本墨画 個人蔵
20 山の上の雲 1942年 46×60.5 紙本墨画 個人蔵
21 山(9) 1942年頃 61×60 紙本墨画 個人蔵
22 花王 1943年 213×112 紙本墨画彩色 丸木美術館 1943年第4回美術文化協会展
23 梅(1) 1943年 174×180 紙本墨画・屏風 個人蔵 1943年第4回美術文化協会展
24 梅(2) 1943年 180×180 紙本墨画彩色・屏風 個人蔵
25 1943年頃 67×68 紙本墨画 個人蔵
26 なまず 1943年頃 118×34.5 紙本墨画・軸装 個人蔵
27 柱状節理(1) 1944年頃 46×60 紙本墨画 個人蔵
28 柱状節理(2) 1944年頃 41×52.5 紙本墨画 個人蔵
29 紅梅 1944年 86×96 紙本墨画彩色 個人蔵
30 ふくろう 1945年頃 93×95 紙本墨画 個人蔵
31 馬と竹 1943年頃 180×180 紙本墨画・屏風 個人蔵
32 風景27 1945年以前 45×56 紙本墨画 個人蔵
33 山なみ 1945年以前 58×61 紙本墨画 個人蔵
34 風景28 1945年以前 51×25 紙本墨画 個人蔵
35 だいこん 1940年代 41×56 紙本墨画彩色 個人蔵
36 山(7) 1940年代 45×56 紙本墨画 個人蔵
37 三段峡 1940年代 46×56 紙本墨画 個人蔵
38 妙義山 1940年代 50×57.5 紙本墨画 個人蔵
39 山(8) 1940年代 43×57 紙本墨画 個人蔵
40 母子猫 1940年代 51×67 紙本墨画 個人蔵
41 龍ノ門三段峡 1940年代 48×62 紙本墨画 個人蔵
42 鯉之圖 1940年代 52×61 紙本墨画彩色 個人蔵
43 山形のうど 1940年代 41×56 紙本墨画彩色 個人蔵
44 伯耆大山 1940年代 51×68 紙本墨画 個人蔵
45 1940年代 52×68 紙本墨画 個人蔵
46 1940年代 46×60 紙本墨画 個人蔵
47 作品162 1940年代 53×64 紙本墨画 個人蔵
48 りんご 1940年代 35×59 紙本墨画彩色 個人蔵
49 1940年代 45×51 紙本墨画 個人蔵
50 山(10) 1940年代 68×67 紙本墨画 個人蔵