原爆の図丸木美術館 HOME
利用案内 原爆の図 企画展 共同制作 丸木スマ イベント 美術館クラブ パネル貸出 アートスペース
Shop 友の会 FOR PEACE 略歴 美術館の四季 おもなあゆみ 美術館ニュース Links  美術館データ



今日の反核反戦展2008 特別出品 
イスワント・ハルトノ

V O I D
  

今日の反核反戦展2008のページへ

イスワント・ハルトノ
1972年、インドネシア生まれ。
太平洋戦争の事実・記憶によって分断されたアジアの政治において、靖国問題は最も重要であると捉え、2006年から制作のテーマとして追求を続けている。

参考:
ギャラリイK(京橋)・畑泰彦さんによるレビュー記事@JCJウェブ

2007年12月ギャラリイK(京橋)での展示の記録(ギャラリイK・宇留野隆雄さん)


丸木美術館アートスペースでの展示〈VOID〉

展示作業の様子



〈今日の反核反戦展〉オープニングでのスピーチ全文(2008年9月13日)
VOID: 戦争のむなしさ

 第二次世界大戦というテーマは未だ日本人の心の中に身近にあります。それは東アジアや東南アジアの人々にとっても同じです。
戦争の終わりは時代の終わりであり、新しい時代の始まりでもありました。第二次世界大戦は個人的にも集団的にも処理しがたいほどの損害とトラウマを生み出しました。
そのために、たくさんの事柄がやむを得ず強制的に忘れ去られました。たくさんの認識や考えや理解力までもが反対の声をよそに変えられることになりました。
第二次世界大戦の歴史はまだ終わっていません。それゆえに独立問題がまだ猛烈に議論されています。
例としてインドネシアとオランダ、イラクへの侵略、日本・中国・韓国・東南アジアを巻き込んだ過去の大アジア帝国、そしてアメリカ合衆国・イギリス・オーストラリアを含む同盟国を思い出していただきたい。

 私が子供の頃、25年前のことですが、父はオランダ植民地時代の暮らしと太平洋戦争中の日本占領下にあったインドネシアでの暮らしをよく語ってくれたものです。それはその当時、戦争というものを子供ながらに想像しようとした私の中に矛盾のような、あいまいさという感情をもたらしました。
アーティストとして取り組む今も、この感情は私の中に残っています。歴史の形とは何か、そして戦争の「記憶」とは何か。
それは男性的なものなのか女性的なものなのか。笑いであるのか涙であるのか。黒か白か、勝利か敗北か、正しいか否か、英雄か犯罪者か、死を意味するのか生を意味するのか。勝利と栄光か絶望と敗北か、パラダイスなのか地獄なのか。
広島、長崎での原爆投下からベトナム戦争、南京大虐殺、ボスニアとルワンダの大量虐殺、1965年に起ったインドネシアでの大虐殺、そしてアウシュビッツ収容所までを考えてください。

 どの時代にも人類の歴史を形づけてきたものは戦争というものだったのでしょうか。

 私が思うに人類史上最も犯罪的な行為は戦争であります。なぜかといえば、それは生きることの自由という最も根本的な「人間であることの意味」を無視した行いだからです。この世界のすべての生き物には生きる価値があります。
事実、戦争の記憶は「打ち砕かれた痛みや涙」であり、そのような戦争という文化がどのようにして私たちの歴史を形作ることができたのかを理解することは不可能なことです。
戦争は人間であることの感覚を惑わし、国民を引き裂き、人類愛という感覚を消し去り、そして歴史を操ってきました。そして今やが誇りと名誉の政治に変わっていきました。矛盾を感じるばかりです。

 ここ丸木美術館での展覧会のためのVOIDというプロジェクトは、太平洋戦争と靖国神社から集めた記憶をテーマにした作品のシリーズで、2007年の12月下旬に東京のギャラリイKで行った個展MELLOWというプロジェクトの延長です。
第二次世界大戦中、インドネシアを含むアジア諸国で起こった太平洋戦争での出来事と記憶にいたるアジア地域の政治問題の中でも靖国問題は最も重要な問題の一つです。
私は2006年の初めから今まで継続的にこの問題に取り組んできました。
私にとって歴史が何を描いてきたか、いかにして歴史というものが「現代社会の記憶」を形作ってきたのかを追い求めることは非常に根気のいることでした。
正しいかそうでないか、真実か誤りかを述べるにあたって、現代社会や個人の文化と社会政治的な視野によってそれぞれに解釈されるべき独自の根拠が歴史や出来事そして記憶にはあると思います。

 歴史という時間の中で「過ぎ去っていく瞬間」こそが私の関心をそそるのです。そしてアートによってその時間の中の矛盾が明らかにされていくと信じています。
政治的、社会的問題は、私たちの日常の一部です。ですからその政治的、社会的問題を表現することが大きな影響を持つのです。それは現代における私たちのグローバルな社会の文化の謎解きなのです。

 靖国問題に取り組もうと決心し、日本で作品を紹介した際に私自身の社会の歴史に気付き、そしてそれと常に結びついてきました。
その歴史とは、大アジア帝国の一つとしての1042年から1945年にかけて行われた日本におけるインドネシア占領であります。

 戦争の指導者たちは皆、戦争することについてそれぞれ自分流の道理を持っています。
ですから私たちは、戦争とその指導者たちの残骸を放棄するために、今正式にここに集っているのです。
丸木俊さんと位里さんが「私たちは皆、地獄にいる」と言ったように戦争することの無意味さを感じるために集うのです。

 私たちは皆、全世界が「反核、反戦」の声をあげることを待っています。

KILL ME   殺してください
FUCK ME   犯してください
THIS WAY このようにして
HELL    地獄が
THE END  終わる

 この特別な日に、たくさんの方々に私からの深い感謝とお礼を申したいと思います。
丸木美術館の館長であります針生一郎さん、スタッフの方々、鈴木陽子さん、岡村幸宣さん。このような機会をいただいたことと、この特別な展覧会への参加を支えてくださったことに感謝いたします。
ギャラリイKの宇留野隆雄さん、川村さん。当初から快くオーガナイズをしてくださり、また彼らの応援は私にとってとても大切なものであります。
そして戦争という世界観を私に教えてくれた最愛なる両親。
Yayasan Seni Rupa Indonesia(インドネシア・ファインアート財団)。
Astari Rasyid, 原田 曉さん、Harjanto Hedi, Gemaria Gea, Gina Santiyama, 福永麻希さん、Abidin Kusno, Widyarta Nanda, 福住 簾さん、大巻伸嗣さん、吉野祥太郎さん、Aminudin Siregar, Amrizal Sulai, A Sey, Edwin Nafarin, Agus Suwage。
彼らの変わらないサポートと手助けによってこの展覧会が現実のものとなりました。
ここで名前をご紹介できなかった友人の皆様。
そして最後に、すばらしいインスピレーションを与えてくださった丸木位里さんと俊さんに感謝いたします。
2008年 9月 イスワント・ハルトノ

VOID: The Emptiness of War

The theme of World War II is still close to the Japanese psyche (as well as the population of East Asia and South East Asia).
The end of the war was also the end of an era and the beginning of a new era.
World War II also produced a lot of violence and traumas, which are difficult to cope personally and collectively, so that many things are unavoidably or forcibly forgotten.
Many perceptions, beliefs and imaginations are also forcibly changed, although many disagree with such changes.
World War II’s history has not ended (hence the theme "decolonization" is still fiercely debated).
Recall the case of Indonesia and Holland, the invasion of Iraq and the past Great Asian Empire involving Japan, China, Korea, and South East Asian countries and the Allies [US, British, Australia] as an example.

When I was a kid, 25 years ago, i remembered that my father used to tell me of how the time being Indonesian under the Dutch era and the Japanese occupation during the Pacific War, it was so ambivalence [ambiguity] feeling i had at that time, as a kid imagining of war situations, and the same feeling still stays in my mind at present as an artist being working on the same issues, what the shape of history and memories of war, was it masculine or feminine, laughter or tears, black or white, win or lose, right or wrong, hero or crime, death or a life, victory and glorious or hopeless and defeat, and last for least; paradise or hell.
From the atomic bombing of Hiroshima/Nagasaki, the Vietnam War, the Rape of Nanking, the Bosnian and Rwanda genocides, the 1965 massacre in Indonesia, to the Auschwitz Camp.

Is that the meaning of war that have been shaped the history of our mankind through all the ages?

I think, the most criminal act in the human history is war, since it is neglected one of the most basic humanity; a freedom for life.
Cause life is worth living for every creatures in this world.

And the fact is that the memories of war has left only pain, tears, shattered into pieces that we never understood how the culture of war has been shaped our history, and it stays there, divided our feelings of humanity, divided nations, erased the sense of brotherhood, manipulate history; which turn into politics of pride and glory; its ambivalence.

The 'VOID' project, in which i specially works for the Maruki Museum is a continuation of the solo show project 'MELLOW' exhibited in Gallery K, Tokyo in late December 2007, a series of works on the issues of the collective memories of Pacific War/Yasukuni Temple.
The issues of Yasukuni Temple is one of the most important issues of Asian Geo-politics which is straight back to the remembrance of event/ memories of the Pacific War during the World War II, happened in Asia, included Indonesia.
I was continously working on the issues since early 2006 till now, it was so challenging me to pursue of what history has written and how the history has shape the memory of the contemporary society and has its own context to the present day; history, event, memories, for i believe has its own independent stands to be interpreted by the societies or a person's cultural/social-politics perspectives, outspoken of right or wrong, true or false.

The elapses moment in time of history was really interested me, and i do believe in the artworks that can reveal those ambient of time, political/social issues is a part of our everyday life, and thats make it important to express of our political/social problems, it is a cultural enigma of our global society of the present day.

When i decide to works on Yasukuni issues, and presented the works in Japan, i do realised and consiously connected with history of my society, in this case the occupation of Indonesia by Japan 1942-1945, as a part of 'Great Asian Empire'. Its a mere complex history,politics, and social discourses.

Every mastermind of the war has their own reasonable reason to do, and thats why we are all gather here in this space and time together solemnly to renunciation the remains of war, as Iri and Toshi Maruki has mention ‘We are all in Hell...’; to feel the emptiness of war.

We are all here waiting for all the worlds to say “ NO MORE NUKES & NO MORE WAR!”

Kill me

Fuck me

This Way

Hell

The End

In this special night, i would like to address my deep gratitude and aknowledgment to Mr. Ichiro Hariu, the Director of the Maruki Museum, and all the staff, Yoko Suzuki, Yukinori Okamura, for being given me such a chances and support to participate in this special exhibition, and to Mr. Takao Uruno and Ms. Kawamura from Gallery K, whose willing to organize from the beginning and their encouragement to me is so important, to my beloved parents, whose introduced me the realm of war, Yayasan Seni Rupa Indonesia [Indonesia Fine Arts Foundation],Astari Rasyid, Akatsuki Harada, Hedi Harjanto, Gea Gemalia, Gina Santiyana, Asako san, Abidin Kusno, Nanda Widyarta, Shinji Ohmaki, Shotaro Yoshino, Aminudin Siregar, Amrizal Sulai, A Sey, Edwin Nafarin, Agus Suwage, their constant support and help has made this solo exhibition realised, to all friends that i could not mention all their names, and to Iri and Toshi Maruki for their wonderful inspirations. Arigato Gosaimasu.
iswanto hartono, Saitama, September 2008

今日の反核反戦展2008のページへ