原爆の図丸木美術館 HOME
利用案内 原爆の図 企画展 共同制作 丸木スマ イベント 美術館クラブ パネル貸出 アートスペース
Shop 友の会 FOR PEACE 略歴 美術館の四季 おもなあゆみ 美術館ニュース Links  美術館データ




2007年日[土]−日[土]


8月12日(日) 午後2時〜
子どものためのギャラリートーク
スマおばあちゃんの見た自然
神田成美(茨城県自然博物館解説員)×岡村幸宣(丸木美術館学芸員)
※当日の入館券が必要です。



河童(制作年不詳)


子どものための丸木スマ展 スマおばあちゃんの夏休み

 丸木スマさんは、70歳を過ぎて絵を描きはじめた、とても元気なおばあちゃんです。
 広島の山奥で生まれ育ち、きゅうくつが嫌いで学校にも行かず、野山をかけまわってすごしたスマさんは、やがて結婚し、子どもが4人生まれてからも、畑をたがやし、牛を飼い、山で野草をとり、海べで貝をひろい、休みなく働きつづけました。
 70歳を過ぎてから、子どもたちは「おばあちゃんを休ませよう」と言いましたが、スマさんは「たいくつでたいくつで、しょうがない」と、息子の位里さんと俊さんの夫婦にすすめられて絵を描きはじめました。
 野で、山で、畑で、海で、おばあちゃんが出あった、たくさんの生きものたちの絵です。見ていると元気がわいてくるような、伸び伸びとした楽しい絵です。
 今回の展覧会「スマおばあちゃんの夏休み」は、そんなスマさんの絵を、たくさんの子どもたちに見て楽しんでもらうための展覧会です。ぜひご家族みなさんでおいでください。楽しい夏の思い出をつくりましょう。


夏木立


川のかに なすときゅうり

ひまわり



出展作品一覧
作品名 制作年 技法 所蔵   作品名 制作年 技法 所蔵
白い鳥 1951 水墨彩色 黄色いグラジオラス 晩期 水墨彩色 個人
夏木立 1952 水墨彩色 カッパの踊り A 中期 水墨彩色 個人
おんどりめんどり 1955 水墨彩色鉛筆 黄色いグラジオラス 中期 水墨彩色 個人
1950 水墨彩色鉛筆クレヨン ひまわり 中期 水墨彩色 個人
梅が咲く 1952 水墨彩色 朝顔 初期 水墨彩色 個人
1950 水墨彩色 カニとザリガニ 晩期 水墨彩色 個人
母猫 1951 水墨彩色 飛び魚たち 晩期 水墨彩色 個人
あじさい 1949 水墨彩色クレヨン かにとえびと山椒魚 晩期 水墨彩色 個人
鳥の林 1952 水墨彩色クレヨン あじさいの花 中期 水墨彩色 個人
ひまわり 水墨彩色 ゆりの花 中期 油彩 個人
せみが鳴く 1952 水墨彩色 カンナ 中期 水墨彩色 個人
めし 1940 水墨彩色 ほうせんかとくま 中期 水墨彩色 個人
なすときゅうり 水墨彩色 カンナ 中期 油彩 個人
なす・うり・みかん・トマト 水墨彩色 海の幸 晩期 水墨彩色 個人
やさい 1953 水墨彩色クレヨン 神々山に遊ぶ 中期 水墨彩色・軸装 個人
1955 水墨彩色 葉鶏頭 中期 水墨彩色 個人
1950 水墨彩色 せみとはやとうり 中期 水墨彩色 個人
川のかに 1951 水墨彩色 個人 朝顔と鳥 初期 水墨彩色 個人
夏みかん 1951 油彩 あじさい 中期 水墨彩色 個人
河童 水墨彩色 カッパ二人連れ 中期 水墨彩色 個人
とうろう流し 1950頃 水墨彩色鉛筆 ユリ 中期 水墨彩色 個人
ピカのとき 1950頃 水墨彩色クレヨン 川あそび 初期 水墨彩色 個人
行く魚 B 中晩期 水墨彩色 個人 あじさい 2 初期 水墨彩色 個人
太田川の渓流 晩期 水墨彩色 個人 ゆりの花 初期 水墨彩色 個人
赤いグラジオラス 中期 水墨彩色 個人 白い母猫 1 初期 水墨彩色 個人
葉げいとう 初期 水墨彩色 個人 白い母猫 2 初期 水墨彩色 個人
ひょうたんの花 晩期 水墨彩色鉛筆 個人 泳ぐカッパ 初期 水墨彩色 個人
ゆりと赤いダリア 晩期 水墨彩色 個人 ビワ 初期 水墨彩色 個人
赤い実と山ユリ 初中期 水墨彩色鉛筆 個人 夕立 初期 水墨彩色 個人
二本の竹の子 初期 水墨彩色鉛筆 個人 ひょうたん 初期 水墨彩色 個人
恐竜のすむ谷 中期 水墨彩色鉛筆 個人 せみがいっぱい 初期 水墨彩色 個人
太田川のかに 晩期 水墨彩色鉛筆 個人 びわ 初期 水墨彩色 個人
カッパの踊り B 中期 水墨彩色鉛筆 個人 せみ 初期 水墨彩色 個人
けいとう 中期 水墨彩色クレヨン 個人 猫と白い犬かな 水墨彩色 個人
ワニとカッパ 水墨彩色 個人


※所蔵欄の「美」は原爆の図丸木美術館蔵