2002.1.13(sun.) シンポジウムとパフォーマンス
午後1時会場 1時半開演
国際女性教育会館 研修棟・大会議室
シンポジウム「2001年9月11以後の状況と芸術」
司会:針生一郎
出演:内海信彦、大榎淳、田島和子
パフォーマンス
出田由美子、黒田オサム、小林芳雄、秘女こずえ

出田由美子
【シンポジウムとパフォーマンス 出演者略歴】
針生一郎
はりう・いちろう
1925年宮城県生まれ
1948 東北大学部国文科卒
1954 東京大学文学部美学特別研究生終了
在学中より文芸・美術を中心とした批評活動に入った
2001年6月より財団法人原爆の図丸木美術館館長
現在、新日本文学会代表世話人、美術評論家連盟会長、福井金津町「創作の森」館長
おもな著書に『針生一郎評論』(全6巻)、『文化革命の方へ』『わが愛憎の画家たち』など
内海信彦
うつみ・のぶひこ
1953年生まれ、東京都出身
1974 慶應義塾大学法学部中退
1975 美術館学校油彩画工房終了
1981 多摩美術大学絵画科卒業
ペルー国立美術学校名誉教授、ペルー国立教育大学教授
1985年より、斎藤記念川口現代美術館、新潟市美術館等で45回個展開催
1992 ハーヴァード大学客員芸術家としてカーペンターセンター・フォー・ザ・ビジュアル アーツで個展
1996 ヴァーモント・スタジオセンター、カトマンズシビックセンター、カトマンズロシア ンセンターで個展
1997 イェール大学客員教授として、ヘンリー・R・ルースホール、トランブル・カレッジ で講義と滞在制作による個展
ペルー政府より招待され、ペルー国立博物館、ペルー日本文化センターで滞在制作に よる個展(1999.1.に再度招待、滞在制作、個展)
客員芸術家として、国立美術学校、カトリック大学で講義
1999.6. 韓国ジョクサン・インターナショナル・アートフェスティバルでライブペインティン グ
1999.8. ペルー国立美術学校付属美術館、ペルー国立教育大学で個展
ペルー国立美術学校、リカルドパルマ大学で講義と公開制作、ライブペインティング
2000.2. 韓国国立ソウルアートセンターでの舞踏家・金梅子公演の舞台美術
2000.3. オシフィエンチム/アウシュヴィッツ強制収容所跡でライブペインティング
ポーランド国立ヴロツワフ美術館で公開制作
2000.5. マイダネク強制収容所跡でのマイダネク・アート・トリエンナーレのオープニング・ セレモニーでライブペインティング
2000.6. ワルシャワ、聖スタニスワフ・コストカ教会で聖人ポビューシコ神父追悼のライブペ インティング
2000.8. 「大地の芸術祭・越後妻有トリエンナーレ」における「内海信彦サマーセッション」 でのレクチャーとペインティング
2000.10. ポーランド国立ヴロツワフ美術館で個展とライブペインティング
大榎淳
おおえのき・じゅん
1962年3月 佐賀県生まれ
1984 自由ラジオ(ミニFM)局「下北沢ラジオホームラン」設立に参加
1985 自由国際大学FIU-JAPAN設立に参加
1985.3. 和光大学人文学部人間関係学科 卒業
2000.4. 崇城大学芸術学部助教授
2001.4. 東京経済大学コミュニケーション学部助教授
【展覧会】
1987 ヨコハマ・パフォーマンス・アート・フェスティバル'87 横浜市開港記念館(神奈川)
1989 さまざまな身体2 いわき市美術館(福島)
1990 ゲーテと未来社会 東京ゲーテ記念館(東京)
1991 ゲーテと芸術/技術 東京ゲーテ記念館(東京)
1992 ビデオ・新たな世界−そのメディアの可能性−展 O美術館(東京)
1993 TOKYO SCENE 京都大学西部講堂(京都)
1994 機械人間展 福井県立美術館(福井)
1994 IZUMIWAKU project 杉並区立和泉中学校 (東京)
1994 FAMILY on NETWORK 川崎市市民ミュージアム(神奈川)
1995 日本の映像〔イメージ〕展 福井県立美術館(福井)
1996 ミュージアムシティ天神 福岡市天神地下街(福岡)
1997 VANCOUVER ELECTRONIC ARTS FESTIVAL "Body Electric" ウェスタン・フロント (カナダ)
1999 東京からの7 天使 Al Wasiti Art Centerほか(パレスチナ自治区,イスラエル占領地)
1999 ふくいビエンナーレ8 福井市美術館(福井)(Radio Home Run in the Netとして)
2001 空間・情報・身体 熊本県立美術館(熊本)
田島和子
たじま・かずこ
1969-73 女子美術大学洋画専攻
1973-75 エジプト旅行を経てイタリア・ドイツ・フランスの美術館で油彩、テンペラ技法を学 ぶ
1978-94 美術研究所を主宰
1997- パキスタンのイスラマバードに滞在
2000 12月帰国
【展覧会】
1985 個展(文藝春秋画廊)
1988-97 個展(日辰画廊、隔年)
1992 韓国ACCの企画による絵本原画展(韓国出版会館、ソウル)
1998 個展(パキスタンナショナルアートギャラリー)
C・A・F展(埼玉県立美術館)
1999 個展 (コーペラアートギャラリー、ラホール、パキスタン)
2000 個展 (ロータスギャラリー、イスラマバード)
2001 個展(日辰画廊)
出田由美子
いづた・ゆみこ
東京都出身。女子美術短期大学グラフィックデザイン科卒業。劇団青年座研究所卒業。
18才より踊り始め、ジャズ、バレエ、モダン、日本舞踊等を習得、その後シンセサイザー奏者とのコラボレーションを経て、1998年より創作活動を開始する。
2000 スフィアメックス・ダンスフェスティバルフリンジにてソロ作品「Relief」を発表
JAALA(9日間公演)及びエジンバラ・フェスティバルフリンジ(16日間公演)に おいて、ソロ作品「魂 〜SOUL〜」を発表
2001 エジンバラ・フェスティバルフリンジにて「Relief」を21日間公演
黒田オサム
くろだ・おさむ
1931年生 群馬県出身
1938 子供心に画家になることを決心、紙芝居屋のヨッちゃんに師事
1945 戦后自由な発想によるアバンギャルドな美術、オドリ等に熱中
1953 カメちゃん等と乞食(ホイト)芸をおこない山野を中心に底辺をさまよう
1988 舞踏家ドンちゃんとメディア批評家粉川哲夫さんに見出される
小林芳雄
こばやし・よしお
1945生
1972 東京芸術大学美術学部芸術学科中退
1974 留学のため渡英 ロンドン大学ゴールドスミス校美術学部(彫刻)
1978-81 英国王立美術院美術学校(ロイアル・アカデミー)
1981-83 ロンドンにて制作活動 Barbican Art Group所属
1983 帰国 以降彫刻家・画家として自営、現在に至る
1996 東京都北区田端に『スタジオ・アルバトロス』を開設
2000.9月より 文教大学講師兼任
【賞】
1980 Heredities Award大賞受賞
House of Frazer賞受賞(Dairy Telegraph社)
Capital Radio賞受賞
秘女こずえ
ひめ・こずえ
熊本出身
1974-84 九州バレエ学校にて亀井総一郎師、亀井隆一郎師にモダンバレエを学ぶ
1991 多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科身体造形専攻中退
1991-97 バレエ、ジャズダンス、民族舞踊、舞踏、ヨガなどで身体訓練を続ける
1998 独自で芸術活動開始
1999.12. インスタレーション+パフォーマンス:Clear Room T、U (空想ガレリア、銀座)
2000.07. インスタレーション+パフォーマンス:日常からカタルシスへ
アジアアフリカラテンアメリカ交流美術展参加
2000.9. 平面作品:Purana 国際インパクトアートフェスティバル(京都)
2000.12. 平面作品+インスタレーション+パフォーマンス(+写真家の二葉、平山ルミ子とセ ッション):COSMOS(ギャラリーJy、青山)
2001.3. プライベートパフォーマンス(木村繊維リサイクル工場、埼玉)
2001.10. ダンスパフォーマンス:mystic energy (ギャラリールデコ、渋谷)


TOPへ

HOMEへ
What' new 企画展 イベント 原爆の図
常設展示 略歴 おもなあゆみ 利用案内 友の会
友の会有志 Shop 美術館ニュース Links