臨時企画展

“しあわせのかたち”展





2/3(土),4(日)の二日間、美術館前の八怪堂にて“しあわせのかたち”展が行われることになりました。

これはTBSテレビ「ニュース23」の企画「しあわせ塾」のメンバーによるプロジェクトの一環として行われるものです。
市井に生きる人々の肖像と人それぞれの「しあわせのかたち」を、インタビューと似顔絵で構成する企画です。

丸木美術館ではしあわせ塾のメンバーの岡村幸宣さん(学芸員実習生として丸木美術館に来て以来、ボランティアをしてくださっている方です)の描いた似顔絵が展示されます。
また、観客参加のプロジェクトもあるそうですので、ぜひお越しください。

美術館はいま、一年でもっとも寒い時期を迎えていますが、当日は豚汁のふるまいもあるそうですので、お楽しみに。


“しあわせのかたち”展に向けて
私たち(展覧会のスタッフ)が初めて知り合ったのは、2000年12月のことでした。
しあわせを語ろうということで集まった私たちは、それぞれの悩みや迷い、乗り越えてきた経験、そして幸福論さまざまなテーマを語り合いました。

そんななかで私たちが感じたのは、しあわせの多様さでした。
そんなメンバーの一人岡村幸宣氏がその時私たちに見せてくれたのが、今回の“しあわせのかたち”展の原型ともいうべきいくつかの作品でした。
そして、彼はこれをテーマにした個展を個人的にやろうと思っていると、私たちに告げました。

そこで私たちが提案したのは、もしよければ私たち自身も何か手伝って協力させてほしい、ということでした。
彼は快くそれを受け入れてくれ、このようなかたちで当展覧会を迎えることとなりました。

展示作品以外にも、しあわせの木プロジェクトや来館者の方々への豚汁サービスが同時進行しております。
どうぞお楽しみください。
スタッフ  岡村幸宣 石川一喜 石原多恵
江端舞 駒米大地 巳野聡央

HOMEへ
What' new 企画展 イベント 原爆の図
常設展示 略歴 おもなあゆみ 利用案内 友の会
友の会有志 Shop 美術館ニュース Links