【郵便振替口座】
口座名称:原爆の図保存基金
口座番号記号:00260‐6‐138290
※他金融機関からのお振込の場合
店名(店番):〇二九(ゼロニキユウ)店(029)
当座預金 口座番号:013829


【2019年4月24日現在の募金状況】

寄付をくださった方の数 3,910件
合計金額 9,192万9,664円


【応援メッセージより】

川崎 哲
 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員、ピースボート共同代表
核兵器の非人道性に対して世界の国々が明確な認識をもったことが、2017年7月の核兵器禁止条約成立を導きました。同年末、ノーベル委員会は、核兵器の非人道性に注目を集め核兵器の禁止に貢献した市民の運動に対してノーベル平和賞を授与しました。この法規範に真の実効性を与えていくのは、私たち市民の力です。《原爆の図》を今こそ世界に広げ、一人でも多くの世界の人たちに見てもらいましょう。

詳しい情報はこちらから


展覧会やイベントの情報、ボランティアの様子などをつぶやいています。



EVENT CALENDAR

館外展情報は「企画展」ページをご覧ください。

6月
1日 菅実花展初日・オープニングトーク
15日 港千尋・菅実花トークイベント
29日 湿板写真撮影ワークショップ

7月
6日 美術館ニュース発送作業ボランティア
20日 「紙芝居ができた!」展初日

原爆の図展示情報

原爆の図は第1~14部を展示中です。

ある日の丸木美術館




11月18日広島平和記念資料館にて丸木美術館企画「いのちを観る いのちを歌う」。トークと歌:二階堂和美、奈良美智+蔵屋美香対談。


8月6日丸木美術館ひろしま忌とうろう流し


5月5日丸木美術館開館記念日
寺尾紗穂ライブ(ゲスト原田郁子)


――――――――――――――――――――――

さようなら原発1000万人アクション
丸木美術館では「さようなら原発1000万人アクション」 に賛同し、署名集約に協力しています。
皆さまも上記リンク先からぜひ署名にご協力ください。

お得情報

丸木美術館チラシ(裏面)をプリントアウトしてお持ちいただくと100円引となります。
※団体・シニアなど他の割引との併用はできません。
チラシの設置・配布にご協力いただける場合はご連絡ください(0493-22-3266)。

2019.4.2~5.26 サーカス博覧会


 志村静峯 絵看板 猿犬サーカス 1945-1955頃

日本の近代サーカスの始まりは、軽業集団・曲馬団の一座が江戸時代末期に来日した外国サーカスの影響を受け形づくられたものです。軽業、足芸、曲馬(馬芝居)といった日本の伝統芸能を残しながら、日本独自のサーカス文化が花開き、またその文化は海を越えて朝鮮半島にも及びました。
本展では、近年のサーカスや見世物小屋を彩った絵看板やポスターなどの貴重な実物資料、記録映像などを多数展示。また、サーカスに惹かれ、その内外の姿をみつめた画家や絵本作家、写真家の作品も 多数ご紹介いたします。サーカス創成期から集められたおよそ110点の作品をご覧いただき、その妖しくも豊かな世界をご体感ください。

主催:サーカス博覧会実行委員会(原爆の図丸木美術館、ポレポレタイムス社、新宿書房)
協力:鵜飼正樹(見世物学会会長、京都文教大学教授)、上島敏昭(大道芸、浅草雑芸団)、都築響一(写真家、編集者、ジャーナリスト)、林史樹(文化人類学者、神田外語大学教授)、見世物学会、浅草雑芸団、丸山工芸社

詳しい情報はこちらから



2019.6.1~7.15 菅実花個展 人形の中の幽霊 The Ghost in the Doll



菅実花は、等身大の女性型愛玩人形を妊婦の姿で撮影した作品《ラブドールは胎児の夢を見るか?》を発表して注目を集めた美術家です。今回の個展では、19世紀の西洋で流行した、故人の姿を湿板写真で記録する「死後記念写真(Post-mortem Photography)」の手法を用いながら、等身大の精巧な乳児人形「リボーンドール」を撮影した《Pre-alive Photography》を中心に発表します。

チラシはこちらからご覧ください。

●オープニングトーク
 6月1日(土)午後2時
 出演:菅実花(美術作家)、岡村幸宣(丸木美術館学芸員)
 参加自由(当日の入館券が必要です)

●港千尋×菅実花トークイベント
 6月15日(土)午後2時
 出演:港千尋(写真家、著述家)、菅実花(美術作家)
 参加自由(当日の入館券が必要です)

●湿板写真撮影ワークショップ
 6月29日(土)午後2時
 予約:要予約(受付は6月25日午後5時まで)
 講師:和田高広(写真家)
 ※詳しくはチラシをご覧ください



団体来館のご相談をどうぞ

丸木美術館では学校はじめ各種団体のご来館をお待ちしています。
2019年4月から、4~5名からでもボランティアガイドの館内説明を承るようになりました。
来館予定日の2週間前までにご予約ください。

学芸員の館内説明は、従来通り、基本的に20名以上の団体から承ります。

詳しくは、以下のファイルをご覧下さい。
  団体見学の概要はこちらから
  団体見学予約申し込み用紙はこちらから

その他、ご不明な点は、丸木美術館事務局までご連絡ください。



パネル展のご相談をどうぞ

丸木美術館では資料展示のための複製パネルの貸出を行っています。
  料金等の詳細はこちら
  パネル貸出申し込み用紙はこちら
7~8月は混み合いますので、お早めにご相談ください。