展覧会やイベントの情報、ボランティアの様子などをつぶやいています。

EVENT CALENDER

館外展情報は「企画展」ページをご覧ください。

4月
19日 「宮良瑛子展」オープニングトーク
27日 ボランティア作業日

5月
3日 開館記念日準備作業
4日 開館記念日準備作業
5日 開館記念日
24日 宮良瑛子展ギャラリートーク
31日 平和コンサート

6月
7日 アニメ映像「ひめゆり」上映会
29日 宮良瑛子展ギャラリートーク

7月
5日 ニュース発送作業

原爆の図展示情報

現在、原爆の図は第1~14部全点を展示中です。


ある日の丸木美術館

4月2日、埼玉県立鶴ヶ島清風高校より広島平和記念公園ジオラマ寄贈



   *   *   *

3月9日、NO NUKES DAY「原発ゼロ大統一行動」




=以上2点、撮影:森田浤子(丸木美術館友の会会員)


さようなら原発1000万人アクション
丸木美術館では「さようなら原発1000万人アクション」 に賛同し、署名集約に協力しています。
皆さまも上記リンク先からぜひ署名にご協力ください。

お得情報

丸木美術館チラシ(裏面)をプリントアウトしてお持ちいただくと100円引となります。
※団体・シニアなど他の割引との併用はできません。
チラシの設置・配布にご協力いただける場合はご連絡ください(0493-22-3266)。

企画展 2014/04/19~7/12 宮良瑛子展「沖縄―愛と平和と―」

 
長年、戦争の痛みを女性の視点から表現し続けてきた沖縄在住の画家・宮良瑛子。沖縄復帰前年に沖縄へ移住し、沖縄の女性への共感から描きはじめた「アンマー・シリーズ」をはじめ、戦禍の残るベトナムを訪ねたことを機に沖縄戦の痛みを描いた「シリーズ焦土」、さらに近年の辺野古を主題にした「漂泊の島」シリーズなどの彼女の画業を通じて、現在の米軍基地問題に代表される沖縄に犠牲を押し付ける私たちの社会の構造へと想像力を拡げる。

●オープニングトーク
4月19日(土) 午後2時 宮良瑛子+豊見山愛(沖縄県立博物館・美術館主任学芸員)
=参加自由(当日の入館券が必要です)
当日は、午後1時に東武東上線つきのわ駅南口に丸木美術館の送迎車が出ます。

●丸木美術館開館記念日
5月5日(月/祝) 午後1時 講演=外岡秀俊(フリージャーナリスト)、コンサート=寿[kotobuki]
=当日の入館券+資料代500円が必要です。
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/top/0505.html

●平和コンサート

5月31日(土) 午後2時 井出博子(ソプラノ)+折井美紀(ピアノ)
=参加自由(当日の入館券が必要です)
当日は、午後1時に東武東上線つきのわ駅南口に丸木美術館の送迎車が出ます。

●アニメ映像「ひめゆり」上映会
6月7日(土) 午後2時 =映像鑑賞無料

●学芸員によるギャラリートーク
5月24日(土)、6月29日(日)いずれも午後2時
=参加自由(当日の入館券が必要です)


5月5日 開館記念日のお知らせ

 

爽やかな風に新緑の揺れる5月5日の開館記念日。
今年は、宮良瑛子展にちなんで沖縄特集。フリー・ジャーナリストの外岡秀俊さんの講演と寿[kotobuki]のライブが行われます。フリーマーケットや出店、工作教室なども賑やかに行われます。
ぜひ皆さまで丸木美術館にご来館ください。


企画展 2014/07/26~9/6 竹田信平 ベータ崩壊美術展

 

メキシコとドイツを拠点に活動するアーティスト・竹田信平は 過去8年間に渡り60人以上の南米北米に移住した広島長崎の被爆者を尋ね記録をしてきた。長編ドキュメンタリー映画”ヒロシマナガサキダウンロード“(2010年、73分)や、 声紋をモチーフにしたインストレーション”アルファ崩壊“シリーズでは、どのように原爆の記憶と向き合い共鳴するかを探求。新作品群の“ベータ崩壊”シリーズでは、メキシコ・オアハカ州の織物の町で制作したインスタレーション作品を通して記憶の紡ぎ方と時間の絡みを焦点に展開する 。


新作グッズ:丸木美術館クリアファイルのご紹介

 

丸木美術館クリアファイル 350円

 丸木美術館の新しいオリジナルグッズとして、丸木俊による平和の鳩と母子像の絵画をデザインしたA4サイズのクリアファイルを製作しました。1冊350円ですが、3冊セットは1000円となります。
 贈り物やお土産にも喜ばれる色彩鮮やかなファイルです。電話・FAXでの御注文も受け付けます。
お問い合わせは丸木美術館事務局(電話0493-22-3266・FAX0493-24-8371)まで。



三岸節子記念美術館「丸木俊展」図録のご紹介



丸木俊展図録 1800円

2012年に一宮市三岸節子記念美術館で開催された「生誕100年記念丸木俊展」の図録を、丸木美術館で販売しています。丸木俊にとっては初めての個展図録。87点におよぶ油彩や絵本原画の図版はもちろん、小沢節子さん(近現代史研究者)による論考や、モスクワ、パラオを訪れた際の俊のノートの書き起こしなど、貴重な資料も充実しています。
電話・FAXでの御注文も受け付けます。お問い合わせは丸木美術館事務局まで。



丸木スマ画集のご紹介  



丸木スマ画集 2700円

2008年に埼玉県立近代美術館で開催された「丸木スマ展」の図録を、丸木美術館から画集として再編集して刊行しています。会期中に完売となった人気の図録です。掲載図版は80点。あらたに詩人のアーサー・ビナードさんのエッセイを採録しています。
電話・FAXでの御注文も受け付けます。お問い合わせは丸木美術館事務局まで。



丸木美術館紹介ビデオDVDのご案内

2012年春、東松山ケーブルテレビの制作により、丸木美術館を紹介するビデオ映像(全6巻、各15分番組)ができました。
第1巻の「丸木美術館」からはじまり、第2巻「原爆の図(上)」、第3巻「原爆の図(下)」、第4巻「丸木位里」、 第5巻「丸木俊」、第6巻「丸木スマ」というテーマごとに編集されています。
そのビデオDVDを2000円+税で販売しています。

また、団体来館者向けに、このビデオ映像のDVD・ブルーレイの貸出も行っています。
学校団体の美術館見学のための事前学習や、遠くてなかなか来館できない方のための映像鑑賞などに活用して頂きたい と思っています。

詳しくは、丸木美術館事務局(0493-22-3266)までお問い合わせください。
映像制作にご尽力下さった東松山ケーブルテレビの皆さまに、心から感謝いたします。


団体来館のご相談をどうぞ

丸木美術館では学校はじめ各種団体のご来館をお待ちしています。詳しくは、以下のファイルをご覧下さい。
  団体見学の概要はこちらから
  団体見学予約申し込み用紙はこちらから
その他、ご不明な点は、丸木美術館事務局までご連絡ください。


パネル展のご相談をどうぞ

丸木美術館では資料展示のための複製パネルの貸出を行っています。
  料金等の詳細はこちら
7~8月は混み合いますので、お早めにご相談ください。