2010年のイベント

2010年5月5日 開館記念日
2010年8月6日 ひろしま忌
2011年2月5日 丸木美術館 連続映画会

2009年のイベント

2009年5月5日 開館記念日
2009年8月6日 ひろしま忌
2009年11月7日 ひとり芝居「天の魚」
2009年11月28−29日
 足尾鉱毒事件と田中正造 ゆかりの地を歩く
2010年1月23日・2月13日・3月13日
 丸木美術館 連続映画会

2008年のイベント

2008年5月5日 開館記念日(案内のみ)
2008年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)

2007年のイベント

2007年5月5日 開館記念日
2007年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)

2006年のイベント

2006年5月4日 永六輔さん・高橋卓志さん対談
 「原爆の図」といのちの対話
2006年5月5日 開館記念日
2006年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)

2005年のイベント

2005年5月5日 開館記念日
2005年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2005年6月11日 戦後60年企画 土井たか子講演会「未来へ手渡そう!平和憲法」

2004年のイベント

2004年5月5日 開館記念日
2004年8月6日 ひろしま忌
2004年11月3日 ヨシダ・ヨシエ 「原爆の図」を語る

2003年のイベント

2003年5月5日 開館記念日
2003年8月6日 ひろしま忌
2003年5月 連続講座 イラク戦争の本質を探る

2002年のイベント

2002年5月5日 開館記念日
2002年8月6日 ひろしま忌

2001年のイベント

2001年5月5日 開館記念日
2001年8月6日 ひろしま忌
2001年8月5日 石牟礼道子さん講演

2000年のイベント

2000年5月4・5日 丸木俊さんを偲ぶ会
2000年8月6日 ひろしま忌

1999年のイベント

1999年5月5日 開館記念日
1999年8月6日 ひろしま忌

イベント

2011年度 イベントスケジュール

5月 5日 丸木美術館44周年 開館記念日
小室等さんのコンサートなど。
15日 企画展「チェルノブイリから見えるもの」関連
本橋成一さんスライド&トーク
21日 企画展「チェルノブイリから見えるもの」関連
豊田直巳さんスライド&トーク 福島原発事故緊急報告
8月 6日 被爆66年 丸木美術館ひろしま忌
10月 22日 肥田舜太郎さん講演会 「原爆から原発まで、内部被ばくの怖さ」
11月 12日 ドキュメンタリー映画上映会 「世界は恐怖する 死の灰の正体」
1月
2月
28日
4日
丸木美術館連続上映会「福島原発の真実」小出裕章氏のお話(DVD上映)
2月 11日 企画展「生誕100年 丸木俊 人間を描く」オープニング
丸木俊生誕100年記念対談
3月 3、4日 チ・トゥ「チュチ:ザ・パフォーマンス」






終了/チ・トゥ「チュチ:ザ・パフォーマンス」

チュチ チュチ
撮影:Kae Ho

動画リンク http://vimeo.com/40037040

3月3日(土)、4日(日)午前10時〜午後4時

チ・トゥ(マレーシア、クアラルンプール出身)は現在日本財団のAPIフェローシップによって2011年10月から10ヶ月間、 東京で研究と制作を行なっている。埼玉県東松山市の丸木美術館を受入れ機関として、東京を拠点に活動している。
10年ほど前、チ・トゥはマレーシアの第二次世界大戦記念博物館を訪ねた。居合わせた日本人の年配カップルが、 日本のマレーシア侵略統治についての展示を見て泣いていた。
その姿を見て彼は、多くの日本人が他国を統治していた時代の日本帝国陸軍による明らかな武力侵略行動について 完全に理解していないことに気づいた。
近年、チ・トゥは原爆の図丸木美術館を訪ね、自分自身が10年前に見た年配カップルと同じ状況にあると気づいた。
彼もまた、まったく知らなかったのだ、第二次世界大戦中に日本で行われた残虐行為に。
「チュチ:ザ・パフォーマンス」は足を洗うというささやかな行為を通して日本の人々と交流するというチ・トゥの 試みである。
そうすることによって彼は、日本とマレーシアで第二次世界大戦中に起きた出来事を取り巻く状況について、 相互理解と許容のあり方を発展させることを望む。





終了・企画展「生誕100年 丸木俊 人間を描く」オープニング
丸木俊生誕100年記念対談

2月11日(土)午後2時
出演:丸木ひさ子(絵本作家、丸木俊の姪)
    平松利昭(画家)

※午後1時から丸木俊絵本の朗読も行います。
参加自由(当日の入館券が必要です)
当日は、12時30分に東武東上線森林公園駅南口に美術館の送迎車が出ます。





終了・丸木美術館連続上映会「福島原発の真実」
小出裕章氏のお話(DVD上映)

小出裕章さん

福島原発の放射能漏れは今も続き、町や文化、食べ物、人間関係……など全部壊れていく中で、 自分たちは何もしてないのにこんな危険な状況に飲み込まれていく。
これは私達人間全体そして社会が考えていかなければならない問題だと思うのです。
人工的な放射能は、もっとも危険で地球上から無くなる時はいつなのだろうか……?
私達は真実を知ることが、今一番求められていることだと思います。

丸木美術館では、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんの講演DVDをお借りして、2回にわたって上映会を行います。
福島の事故から時間を追ってお話しされる小出さんの話を聞いていると、とても理解しやすく これからの人間の生き方が問われてくると思います。
お気軽に参加してください。お待ちしています。
(注:本人は来館しません。あくまでDVDでの講演です)

日時:いずれも14:00〜
    1回目 1月28日(土) / 2回目  2月4日(土)

   ※市内循環バス唐子コースが便利です。詳細は利用案内をご覧ください。
      高坂駅西口発 12:07 / 東松山駅東口発 13:12
会場:小高文庫(美術館内)
参加費:美術館の入館料が必要です




沖縄の若者たちによる舞台劇「フクギの雫」東京公演と大田昌秀氏講演

沖縄・宮森小学校ジェット機墜落から52年  普天間基地撤去を求める沖縄の願いを東京で受けとめるために
劇「フクギの雫」上演と大田昌秀氏講演(夜の部のみ)の集いには昼と夜を合わせて約600人の方にご観覧いただきました。
ご来場いただきありがとうございました。

フクギの雫実行委員会のブログ「沖縄・宮森小学校米軍機墜落事件から52年」
当日の報告が写真付きで掲載されています。ぜひご覧下さい。




終了・肥田舜太郎さん講演会
「原爆から原発まで、内部被ばくの怖さ」


10月22日、肥田舜太郎さんをお招きし、講演していただきました。
悪天候にもかかわらず約250人の方が参加してくださいました。ありがとうございました。

IWJ埼玉1でUstream中継されました。
現在も視聴できます(いくつかのVTRに分かれています)。









終了・ドキュメンタリー映画上映会
「世界は恐怖する 死の灰の正体」



11月12日、ドキュメンタリー映画「世界は恐怖する 死の灰の正体」の上映会を行いました(上映:第五福竜丸展示館)。
1957年制作の亀井文夫監督作品です。
約50人の方が参加してくださいました。ありがとうございました。
上映の前後に安田和也さん(第五福竜丸展示館主任学芸員)が解説を行ってくださり、意義深い上映会になりました。