当日の交通案内

市内循環バス 唐子コース
(100円・美術館まで約15分)
東武東上線東松山駅東口発→浄空院入口
 11:27 14:25 16:15
東武東上線高坂駅西口発→丸木美術館北
 12:00 15:05

美術館送迎車
(できるだけ市内循環バスをご利用ください)
東武東上線森林公園駅南口→丸木美術館
 11:30 13:30 14:30
丸木美術館→森林公園駅
 11:15 13:15 14:15 イベント終了後
※乗車定員を超える場合、しばらくお待ちいただきます。

その他の交通
つきのわ駅南口より徒歩(約30分)
森林公園駅南口よりタクシー(約10分)
森林公園駅北口より貸自転車(約4km)
※貸自転車は「東上線サイクリングクーポン」がお得です。 東上線各駅でお問い合わせ・ご購入ください。
なお、貸自転車の返却時間は午後5時までとなっております。

お車でのご来館は
関越自動車道・東松山インターより小川方面へ約10分

地図などは利用案内のページをご覧下さい。

これまでの記録

2013年8月6日 ひろしま忌
2012年8月6日 ひろしま忌
2011年8月6日 ひろしま忌
2010年8月6日 ひろしま忌
2009年8月6日 ひろしま忌
2008年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2007年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2006年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2005年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2004年8月6日 ひろしま忌
2003年8月6日 ひろしま忌
2002年8月6日 ひろしま忌
2001年8月6日 ひろしま忌
2000年8月6日 ひろしま忌
1999年8月6日 ひろしま忌

ひろしま忌

時間も距離も遠く離れた埼玉県の都幾川のほとりで1945年8月の広島を想う。
私たちには想像力がある。想像力を広げてくれる芸術もある。

一般800円、高校生以下無料・ボランティアスタッフ募集中
=イベント(講演・ライブ)参加費500円・入館料別途


当日のスケジュール

ボランティア募集中!
8月6日、ひろしま忌の準備と運営を手伝っていただける方を募集しています。
詳しくは丸木美術館事務局にお問い合わせください。(0493-22-3266)
13:00〜 丸木美術館クラブ・工作教室
丸木美術館の開館記念日に飾る平和の旗をみんなで作りましょう。
案内人:石塚悦子さん・鈴木好子さん 材料費500円
14:00〜14:30 城西川越中学・高校 尺八演奏
毎年恒例の城西川越中学・高校が出演し、尺八演奏を行います。
15:00〜16:00 永田浩三さん講演「『はだしのゲン』をなぜ排除するのか
                  ―日本社会・メディアでいま、起きていること」

全国で『はだしのゲン』を図書館から撤去するよう求める動きが広がっています。
その反対運動を行ってきた永田浩三さんを迎えて、日本社会・メディアで現在起きている問題を語って頂きます。
16:30〜17:30 ひきライブ「白い雲と私」
丸木美術館の地元・東松山で活動するフォークユニット「ひき」。
ひろしま忌への思いを込めて、オリジナル曲を歌います。
18:00〜18:30 ひろしま忌の集い
まめつぶ音楽隊が演奏を行います。
18:30〜 とうろう流し

永田 浩三(ながた・こうぞう)

 1954年大阪府生まれ。武蔵大学社会学部教授。元・NHKプロデューサー。2001年、『ETV2001』のシリーズ「戦争をどう裁くか」を担当。番組改変問題が発覚した際、東京高裁でNHKの内実を暴く証言を行った。主な著書に『NHK、鉄の沈黙はだれのために』(2010年、柏書房)など。

〈永田浩三さんからのメッセージ〉
 母は広島市の八丁堀で原爆に遭いました。去年その母が倒れ、当時のことを話してくれました。母が逃げた道をたどりました。縮景園の中を通り猿猴川へ走ったのでした。わたしは今、水爆実験反対を叫んだ画家、ベン・シャーンの人生を、本にまとめていますが、母の実家脇のぐにゃぐにゃの鉄骨を、シャーンが何度も描いていたことを知りました。数奇な運命の重なりに驚きます。シャーンにとってのヒロシマや、『はだしのゲン』追放の動きなどについてもお話したいと思います。

ひき

ひるねこ 東松山市生まれ。在住。1989年より農と文化はかけ離れたものではない。と言うテーマで、自宅養蚕小屋にて、プロミュージシャンによるライブイベントを企画運営。自らも、歌を作り歌う。
きゃさ ウクレレ、フラダンスに目覚めハワイアン文化全般に傾倒している。

〈ひきからのメッセージ〉
 こんにちは。ひきです。ひるねここと、ちくましげると、きゃさのフォークユニットです。地元の比企郡や東松山の人と自然と街をテーマにオリジナルの歌を作って歌っています。今回は、被爆体験のあるTさんの「白い雲と私」唐子地区の蛍や都幾川の歌を歌います。

豆つぶ音楽隊

ラッパとカホンの2人組。
2月から高円寺で毎月「豆つぶ音楽会」を開催するほか、福祉施設などに出かけ、ジャンルの垣根を越えた古今東西の名曲とオリジナル曲をあわせ、150曲以上を演奏。当日は、「ひろしま忌の集い」と「とうろう流し」で、川の流れに寄り添うような演奏を心がけます。
散歩するラッパ吹き 山本恭子(やまもときょうこ)
ジャズドラマー 西口佳貴(にしぐちよしき)

丸木美術館クラブ・工作教室

開館記念日にロープが張られ、小さな旗たちが風に舞っているのを、ご存知でしょうか。その旗が古くなってしまったので、丸木美術館クラブ・工作教室講師の石塚悦子さんと鈴木好子さんが、小さな三角と四角の旗をたくさん準備してくれました。皆さん、8月6日には、ぜひ旗づくりを楽しんでください。(企画:万年山えつ子)