当日の交通案内

美術館送迎車
東武東上線つきのわ駅南口→丸木美術館
 11:30 12:30 13:30
丸木美術館→つきのわ駅
 11:15 12:15 13:15 16:00 イベント終了後
※乗車定員を超える場合、しばらくお待ちいただきます。

その他の交通
つきのわ駅南口より徒歩30分
森林公園駅南口よりタクシー(約10分)

お車でのご来館は
関越自動車道・東松山インターより小川方面へ約10分

地図などは利用案内のページをご覧下さい。

これまでの記録

2013年5月5日 開館記念日
2012年5月5日 開館記念日
2011年5月5日 開館記念日
2010年5月5日 開館記念日
2009年5月5日 開館記念日
2008年5月5日 開館記念日(案内のみ)
2007年5月5日 開館記念日
2006年5月5日 開館記念日
2005年5月5日 開館記念日
2004年5月5日 開館記念日
2003年5月5日 開館記念日
2002年5月5日 開館記念日
2001年5月5日 開館記念日
2000年5月4・5日 丸木俊さんを偲ぶ会
1999年5月5日 開館記念日

開館記念日

爽やかな川風に新緑の揺れる五月五日の開館記念日。
ぜひ皆さまで丸木美術館にご来館ください。

当日のスケジュール

ボランティア募集中!
5月5日開館記念日の準備と運営を手伝っていただける方を募集しています。
詳しくは丸木美術館事務局にお問い合わせください。(0493-22-3266)

当日高校生以下入館無料
イベント(講演・ライブ)参加費・資料代500円=入館料別途

※丸木美術館の運営難とゲストへの謝礼の捻出等のため、入館料とは別途に500円を頂きます。
友の会会員の方からも参加費を頂きます。どうぞご了承ください。
10:00〜 丸木美術館クラブ・工作教室
みんなでこいのぼりを作りましょう。
http://yasmichi.blog4.fc2.com/blog-entry-709.html
案内人:井上ヤスミチさん 材料費500円
13:00〜13:15 開館記念日の集い
13:30〜14:45 外岡秀俊さん講演
「沖縄のいま 不屈の美 宮良瑛子さんの展覧会によせて」
東アジアの象徴的な場である沖縄に目を向けてジャーナリズム活動を続けてきた外岡さんを迎え、米軍基地問題で揺れる沖縄、そして不屈の意志を感じさせる宮良瑛子さんの作品について、お話しを伺います。。
15:00〜16:00 寿[kotobuki] ライブ in 丸木美術館
音楽を通じて社会とつながり続ける2人組のユニット寿[kotobuki]による、沖縄音楽を中心とする魂を揺さぶるライブ。
16:15〜17:30 友の会交流パーティ
どなたでもご参加いただける交流パーティです。


外岡 秀俊(そとおか・ひでとし)

 札幌生まれ。東大法学部卒後、朝日新聞入社。
 ニューヨーク、欧州総局長、東京本社編集局長、香港駐在編集委員などを勤め2011年に早期退職、フリーのジャーナリスト。〈主な著作〉「3・11複合被災」(岩波新書、2012年)、「震災と原発 国家の過ち」(朝日新書、同)、中原清一郎名で小説「カノン」(河出書房新社、2014年)。

〈外岡秀俊さんからのメッセージ〉
 先日、比屋根照夫先生を囲む会があった。来年は戦後70周年だ。その感想を伺うと、先生は「沖縄は当時も、今も元気です」という。本土の歴史学の泰斗が「この70年、自分たちは何をしてきたのか」と悔し涙を浮かべたのとは対照的だった。宮良瑛子さんの作品には、おおらかな美しさがある。絶望なんかしていられない。そんな沖縄の不屈の意志を感じる。その根源に迫りたいと思います。

寿 [kotobuki]

 ナビィ(広島)とナーグシク ヨシミツ(沖縄/ギター&三線)の2人で歌い継がれる島唄とオリジナル・ソングを演奏し活動。1991年「エストニア共和国〜ソビエト・ツアー」はじめ海外公演多数、国内は人権、環境、市民運動や教育、NGO、各国民族交流などのつながりでライブ活動。
 2007年に「寿[kotobuki]ヒストリーブック」発表後、メジャーでは得られない人と人とのネットワークのつながりで活動を続ける形や、音楽で社会にかかわり続ける2人の姿に賞賛の声が寄せられる。2011年(キム スンヨン監督で)ライブ・ドキュメンタリーDVD「寿[kotobuki]グレイティスト・ヒッツ」を発売。2013年(小林アツシ監督)横浜のドヤ街、寿町での奇跡のコンサート記録DVD「奇跡の詩@寿町フリーコンサート」発売。日々、ライブで全国を飛び回る。

〈寿[kotobuki]からのメッセージ〉
 戦後70年を前にして、この国は急激に過去を忘れはじめ・・・歴史を忘れさせようとしている様に見えます。政府は憲法改悪に進み「美しい国!」「強い日本!」と洗脳の様なコトバを垂れ流す。国民には「デモはテロ!」の声に同調する様に異なるモノを排除しようとする薄気味悪い空気が覆ってます。そんな国作りの負担を現実的に押し付けられ続ける沖縄の声は大和には届かず、政府とアメリカのあからさまな沖縄差別、植民地状態は続いてます、奪い取った琉球をいつまで利用しつくすのでしょうか?
そして今、日本全てが沖縄化するかの様に進んでるのでは。今だからこそ、ひとりひとりの小さな声や行動を強く繋げ、平和を求める優しい世界を共に求め、作って行きましょう!!