当日の交通案内

市内循環バス 唐子コース
(100円・美術館まで約15分)
東武東上線東松山駅東口発→浄空院入口
 11:27 14:25 16:15
東武東上線高坂駅西口発→丸木美術館北
 12:00 15:05

美術館送迎車
(できるだけ市内循環バスをご利用ください)
東武東上線森林公園駅南口→丸木美術館
 11:30 13:30 14:30
丸木美術館→森林公園駅
 11:15 13:15 14:15 イベント終了後
※乗車定員を超える場合、しばらくお待ちいただきます。

その他の交通
森林公園駅南口よりタクシー(約10分)
森林公園駅北口より貸自転車(約4km)
※貸自転車は「東上線サイクリングクーポン」がお得です。 東上線各駅でお問い合わせ・ご購入ください。
なお、貸自転車の返却時間は午後5時までとなっております。

お車でのご来館は
関越自動車道・東松山インターより小川方面へ約10分

地図などは利用案内のページをご覧下さい。

これまでの記録

2011年8月6日 ひろしま忌
2010年8月6日 ひろしま忌
2009年8月6日 ひろしま忌
2008年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2007年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2006年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2005年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2004年8月6日 ひろしま忌
2003年8月6日 ひろしま忌
2002年8月6日 ひろしま忌
2001年8月6日 ひろしま忌
2000年8月6日 ひろしま忌
1999年8月6日 ひろしま忌

ひろしま忌

六七年前の広島を想う、そして現在の福島を想う。
核兵器と原発の時代を超えて、私たちの未来へ想いをはせる。
そんな一日をともに過ごしましょう。


当日のスケジュール

ボランティア募集中!
8月5・6日、ひろしま忌の準備と運営を手伝っていただける方を募集しています。
詳しくは丸木美術館事務局にお問い合わせください。(0493-22-3266)
12:00〜 丸木美術館クラブ・工作教室
ネクタイの布で面白はり絵をするよ。
案内人:石塚悦子さん(画家) 材料費500円
14:00〜14:30 城西川越中学高校 和太鼓「欅(けやき)」公演
15:00〜16:00 小沼通二さん講演
「核兵器と原発の時代を超えて」
16:15〜17:45 おおたか静流さんコンサート
「広島へ福島へ」

丸木美術館から、広島へ、そして福島へ祈りをつなぐコンサートです。
ニューヨークを拠点に活動するダンサー・振付家のヨシコ・チュウマさん、バイオリニストの金子飛鳥さんも特別出演予定。
18:00〜18:30 ひろしま忌の集い
18:30〜 とうろう流し

小沼 通二(こぬま・みちじ)

 東京生まれで、横浜に住む物理学者。現在は、神奈川歯科大学理事、慶應義塾大学名誉教授など。広島・長崎の原爆被爆の時は中学3年生で栃木県にいた。ビキニ水爆実験による第五福竜丸被曝の時は、東京の大学院生。素粒子論を専門とし、1980年代から日本物理学会会長やアジア太平洋物理学会連合会長などを歴任。ビキニ事件の後で1957年に、湯川秀樹や朝永振一郎も参加して核兵器と戦争をなくすために世界の科学者のパグウォッシュ会議が始まったのだが、創設の年にできた日本グループに最初から参加し、1992年から10年間評議員を務めた。この間の1995年にパグウォッシュ会議はノーベル平和賞を受賞した。1950年代後半に日本で最初の原発導入が計画された時には、日本学術会議の原子核特別委員会(坂田昌一委員長)の幹事として取り組み、今日につながる問題点を指摘した。2004年以来、世界平和アピール七人委員会(1955年発足)に参加、国内国外へのアピールを発表し続けている。日本著作権輸出センター創業者・相談役。

 物理学の成果から生み出された核兵器と原子力発電が、世界に及ぼしているひずみと影響の大きさに、物理学者として、日本人として、さらに世界の市民の一人として、心が痛む。日本国内でも、ヨーロッパの中でも、繰り返して戦争があったが、すでになくなった。生物兵器も化学兵器も禁止された。核兵器が禁止できないはずがない。世界は、自然エネルギーの研究・開発・利用にむけて大きく動いている。変化は、これからも必ず起こる。

おおたか 静流(おおたか・しずる)

 シンガー&ヴォイスアーティスト。
 ジャンルに縛られない自由な発想で、唯一無二の風流を探求してやまない。
 「声のお絵かき」主宰。声のあらゆる可能性を追求し、壮大な声の創作とバリアフリーを目指す。
 NHK/Eテレ「にほんごであそぼ」にて楽曲提供及び歌唱。美しく懐かしい日本語の味覚を斬新な切り口でお茶の間に届けている。
 ニューヨークを拠点とするヨシコ・チュウマが率いるパフォーミング・アートにて世界行脚中。世の不条理と不誠実を糾弾しつつ、愛と平和と自由への扉を叩く。
http://sizzle-ohtaka.com

 2012年3月、東日本大震災追悼世界巡礼コンサート参加(LA、NewYork/国連、フランス)。ニューヨークLaMaMa「LoveStoryPalestine」出演。7月トルコ〜スイス公演。つくば/被爆ピアノによる「未来への伝言」出演。プロジェクトFUKUSHIMAにて義援曲『東北』提供。9月ニューアルバム発売記念コンサートツアー。2013年ノルウェー&日本にて反原発イベント出演。

 不屈の絵筆で思想を貫いた、丸木夫妻の作品に向き合える至福に震えています。正義の魂は未来永劫、嘆きと悲しみの炎を燃やし続けるでしょう。代償を求めぬあらゆる表現の片隅に、歌は命をいただきました。消えてゆく旋律に、祈りと願いを刻印したいと思います。忘れないために・・・。そして伝えていくために・・・。