原爆の図丸木美術館 HOME
利用案内 原爆の図 企画展 共同制作 丸木スマ イベント 美術館クラブ パネル貸出 アートスペース
Shop 友の会 FOR PEACE 略歴 美術館の四季 おもなあゆみ 美術館ニュース Links  美術館データ

2010年
86日[金]
被爆65年
丸木美術館 ひろしま忌

約300名のご来館をいただき、終了いたしました。
ありがとうございました。
現在報告ページを作成中です。

ひろしま忌チラシPDFファイル(1.2M)
プリントアウトしてお使いください。
2009年とうろう流し
2009年のとうろう流し(撮影:土岐由里恵)
入館無料
ボランティア募集中
模擬店・ フリーマーケットもあります


ヒロシマ・ナガサキに原爆が落とされてから、65年という節目の年。
今年は五月に逝去した針生一郎館長の追悼の場も設けます。
ともに平和を祈る日を過ごしましょう。

当日スケジュール 当日の交通
御案内
午前中〜 とうろう作り 今年のひろしま忌は金曜日なので、市内循環バスが運行しています。
美術館の送迎車は定員が少ないので、できるだけ市内循環バスをご利用いただけるようお願いします。

市内循環バス 唐子コース
(運賃100円)

東武東上線東松山駅東口発
   →浄空院入口
11:27
14:25
16:15

東武東上線高坂駅西口発
   →丸木美術館北
12:00
15:05

復路は利用案内でご確認ください。


丸木美術館送迎車
※定員を超える場合、しばらくお待ちいただきます。
東武東上線森林公園駅南口発
   →丸木美術館
11:30 13:30 14:30

その他の交通
丸木美術館利用案内参照

森林公園駅南口よりタクシー(約10分)
森林公園駅北口より貸自転車(約4km)
※貸自転車は東武鉄道クーポン券がお得です。東武の各駅にお問い合わせください。

お車でのご来館は
関越自動車道・東松山インターより小川方面へ約10分 
12:00〜14:00 丸木美術館クラブ・工作教室
思いもよらないものから思いもよらないものを作るよ
案内人:鈴木好子さん(アーティスト)
材料費500円
14:00〜14:30 増山麗奈 NPT再検討会議に対するピースアクションの報告
増山麗奈ウェブサイト http://www.renaart.com/
15:00〜16:00 西本宗一さんのお話
「広島原爆体験・丸木美術館での出会い」


16:30〜17:30 栗友会合唱団コンサート
「ヒロシマから平和を祈る」

指揮・栗山文昭、伴奏・須永真美
1.死んだ男の残したものは
   (詞=谷川俊太郎、曲=武満徹、編曲=寺嶋陸也)
2.Fragments〜特攻隊戦死者の手記による〜
   (曲=信長貴富)
3.暁に祈る (詞=野村俊夫、曲=古関裕而)
4.海ゆかば (言立=大伴家持、曲=信時潔)
5.赤とんぼ
   (詞=三木露風、曲=山田耕筰、編曲=篠原真)
6.一本の鉛筆
   (詞=松山善三、曲=佐藤勝、編曲=信長貴富)
7.水ヲ下サイ(原爆小景 より)  (詩=原民喜、曲=林光)
8.雨(水のいのち より)
   (詞=高野喜久雄、曲=高田三郎)
9.ひろしま平和の歌 (詞=重園贇雄、曲=山本秀)
10.大地讃頌(土の歌 より)
   (詞=大木惇夫、曲=佐藤眞)

18:00〜18:30 ひろしま忌の集い・針生一郎館長追悼
18:30〜19:00 とうろう流し
夕暮れの都幾川にとうろうを浮かべて、静かに62年前の被爆者の霊を悼みます。

出演者紹介
西本 宗一(にしもと・むねはる)

1945年8月6日、原爆投下により爆心地から1400mの自宅は崩壊焼失。
下敷きになった姉(11歳・6年生)と妹(5歳)は焼死。重傷の母と助かる。
父は軍属として勤務中、野外で被爆。熱線によりヤケドを負う。
20歳で上京。20数年前まで被爆について話すことはなかった。
江戸川区に転居、親江会を知り、江戸川原爆犠牲者追悼式ではじめて被爆体験を話す。
以来、地域の人々と共に、追悼式、機関紙・証言集の発行、平和コンサート開催などに関わっている。
にしもとむねはる
栗友会合唱団(りつゆうかい がっしょうだん)
栗山文昭を音楽監督兼指揮者とする6つの混声合唱団(宇都宮室内合唱団ジンガメル、宇都宮大学混声合唱団、合唱団響、合唱団群声座、コーロ・カロス、千葉大学合唱団)と、7つの女声合唱団(青い鳥、あんさんぶる めい、AZ、るふらん、彩、九月の風、うつのみやレディーシンガーズ晶<AKIRA>)と、2つの男声合唱団(Tokyo male choir KuuKai、宇都宮おとこコーラス粋狂座)で構成。
各団は定期演奏会、演奏旅行、レコーディングなどを行いながら<栗友会>としても活動している。
以下、近年の主なオーケストラとの共演を中心に。
2008年、アルミンク指揮ブリテン「戦争レクイエム」。
E. デーラー指揮「マタイ受難曲」(ベルン室内合唱団と共演)。
ペーター・コンヴィチュニー演出オペラ「アイーダ」。
宮崎駿監督映画「崖の上のポニョ」録音。
アルミンク指揮シュトラウス「薔薇の騎士」。
三善晃作品展主催、出演。
広上淳一指揮ベートーヴェン「交響曲第9番」。
NHK紅白歌合戦「大橋のぞみと藤岡藤巻」バックコーラス。
2009年、ブリュッヘン指揮ハイドン「天地創造」。
小澤征爾指揮メンデルスゾーン「エリア」(日本語版)。
アルミンク指揮F.シュミット「7つの封印を有する書」。
アルミンク指揮マーラー「交響曲第8番」。
ヤクブ・フルネ指揮ベートーヴェン「交響曲第9番」。
2010年、アルミンク指揮ドビュッシー「ペレアスとメリザンド」。
 近現代音楽史研究者・戸ノ下達也氏の企画により、戦時期の「国民歌」から、戦後の時代を拓いた合唱作品など、多くの人の心に残る“うた”を通して近代日本の歩みを直視し、あらためて平和を祈ります。
りつゆうかい

参考:2009年 ひろしま忌報告