2000年5月4・5日
 丸木美術館の33回目の開館記念日にあたる5月4・5日に「丸木俊さんを偲ぶ会」を開きます。俊さんの画業を振り返りながら、思い出と美術館の未来を語り合いましょう。
 この会は趣旨に賛同していただいた方全員による共同主催といたします。多くの方々に賛同人(賛同費1口3000円)としてご協力いただきたく、ここにお願い申し上げます。
 「偲ぶ会」の内容については、賛同人の有志と美術館事務局で実行委員会を作って決めていきたいと思います。どなたでも奮ってご参加ください。また当日もご出席くださいますよう、併せてお願い申し上げます。


呼びかけ人(3月15日現在・敬称略・順不同)
佐藤忠良(彫刻家) 岩崎巴人(画家) 高木仁三郎(原子力資料室) 松谷みよ子(作家) ヨシダ・ヨシエ(美術評論家) 塚田孝(牧師) 土本典昭(映画監督) 吉武輝子(評論家) 前田憲二(映画監督) 落合恵子(作家) 竹下景子(俳優) 水上勉(作家) 小室等(作曲家) 本橋成一(写真家・映画監督) 無着成恭(福泉寺住職) 澤地久枝(作家) 土井たか子(政治家) 中江利忠(朝日新聞社相談役・元社長) 竹村泰子(政治家) 岡崎トミ子(政治家) 土屋義彦(埼玉県知事) 水原孝(丸木美術館理事長) 関屋綾子(同館長) 針生一郎(同理事・美術評論家) 市川一郎(同理事) 銀林美恵子(同理事) 山本理平(同理事) 片岡健(同理事) 丸木越伸(同理事) 田口弘(同理事) 栗原克丸(同理事) 小寺隆幸(同理事) 袖井林二郎(同理事)

賛同金振込先 郵便振替口座:00590-1-62516 加入者名:「丸木俊さんを偲ぶ会」

当日スケジュール(案)

5月4日 映画と懇親会   会場:国立婦人教育会館/埼玉県比企郡嵐山町
午後1時〜2時30分 映画上映(大会議室)
映画『劫火』(アカデミー賞ノミネート作品/58分)
おはなし:ジャン・ユンカーマン監督 他
午後3時〜5時 パネルディスカッション〈検証「原爆の図」現在・過去・未来〉
 パネラー(予定):針生一郎(美術評論家) ヨシダ・ヨシエ(美術評論家) 小沢節子(美術評論家)
午後6時〜8時 懇親会(立食形式)(食堂/会費:3000円)
※婦人教育会館での宿泊(一人一泊1400円)をご希望の方は、4月10日までに丸木美術館事務局までお問い合わせください。折り返し詳しい案内をお送りいたします。なお受付は100名まで、先着順とさせていただきます。

5月5日 偲ぶ会         会場:原爆の図丸木美術館
午前中 ワークショップ
◎『平和の壁』
 全国の友の会員等から寄せられた、追悼の熱き声・メッセージを展示公開します。あなたの声も 寄せてください。
◎『追悼オブジェ いのちの鳩 献羽』
   献花代わりに、白く染めた松ぼっくりを羽根に見立て、参加者全員で「いのちの鳩」を作り上げます。 
午後1時〜 『丸木俊さんを偲ぶ会』
   偲ぶ会セレモニー・追悼コンサート・リレートーク 他
※5月5日は大型バスが婦人教育会館・丸木美術館・森林公園駅の間を運行します。

HOMEへ
What' new 企画展 イベント 原爆の図
常設展示 略歴 おもなあゆみ 利用案内 友の会
友の会有志 Shop 美術館ニュース Links