【郵便振替口座】
口座名称:原爆の図保存基金
口座番号記号:00260‐6‐138290
※他金融機関からのお振込の場合
店名(店番):〇二九(ゼロニキユウ)店(029)
当座預金 口座番号:013829


【2019年12月18日現在の募金状況】

寄付をくださった方の数 4,623件
合計金額 1億150万1,254円


【応援メッセージより】

ジャン・ユンカーマン
 『劫火 ヒロシマからの旅』映画監督
40年以上前に丸木美術館を初めて訪れた時、強烈な衝撃を受けました。原爆に関心を持っていて、広島と長崎へ行ったこともありましたが、《原爆の図》を見て、被爆の本当の姿を初めて見たと感じました。一人ひとりの人間にとっての被爆。その姿が私の脳に、心に焼き付いて、忘れたことがありません。私の人生を変えたと思います。これからも、原爆を投下した国の若い世代にも、同じように人生を変えられる衝撃を与えるために、《原爆の図》を永久に保存し、展示する必要があると思います。


詳しい情報はこちらから


展覧会やイベントの情報、ボランティアの様子などをつぶやいています。



EVENT CALENDAR

館外展情報は「企画展」ページをご覧ください。

2月
16日 長沢秀之展最終日
22日 砂守勝巳展オープニングトーク

原爆の図展示情報

原爆の図は第1~14部を展示中です。
第2部《火》はピースあいち「原爆の図と大津定信」展へ貸出のため、1月25日~3月末まで複製展示となります。

ある日の丸木美術館



5月5日開館記念日


サーカス博覧会展示風景


菅実花展「人形の中の幽霊」展示風景


――――――――――――――――――――――

さようなら原発1000万人アクション
丸木美術館では「さようなら原発1000万人アクション」 に賛同し、署名集約に協力しています。
皆さまも上記リンク先からぜひ署名にご協力ください。

お得情報

丸木美術館チラシ(裏面)をプリントアウトしてお持ちいただくと100円引となります。
※団体・シニアなど他の割引との併用はできません。
チラシの設置・配布にご協力いただける場合はご連絡ください(0493-22-3266)。

2019.11.23-2020.2.16
長沢秀之 対話「私が生まれたとき」神戸 25年あと(未来)の記憶



長沢秀之による対話「私が生まれたとき」シリーズは2015年に始まり、2017年の奄美編を経て今回の神戸編につながっています。神戸編では、その土地に住んでいるひとに「私が生まれたとき」ではじまる文章と関連する写真を提供してもらい、その写真をもとに描いたドローイングや絵と文章を組み合わせて展示します。
2020年1月17日は、阪神淡路大震災から25年という節目にあたります。震災のただ中にいたひと、そのときまだ生まれていないひと、多様なひとのイメージが、過去、現在、未来という直線的な時間軸を解きほぐし、ひとの記憶と思い起こすことによって生まれるあらたな時間を展示します。

詳しい情報はこちらから


2020.2.22-4.5
砂守勝巳 黙示する風景



 沖縄に生まれ、奄美に育ち、プロボクサーを経て写真家となった砂守勝巳(1951-2009)の写真展。雲仙普賢岳の大規模噴火被災、大阪釜ヶ崎の路上生活者、そして沖縄、広島。被災や流浪、迫害に共通する離散の痕跡に焦点を当て、それらを「黙示」することで彼の仕事を再発見する。

オープニングトーク
2月22日(土)午後2時より 丸木美術館企画展示室
出演:椹木野衣(美術評論家)、砂守かずら(モデル、エッセイスト)
参加自由(入館料別途)

詳しい情報はこちらから


新画集『原爆の図―丸木位里と丸木俊の芸術』刊行のお知らせ



丸木美術館の新しい画集の発行のお知らせです。
従来の画集とは判型も変え、掲載作品も増やし、新たな論考を収録し、英訳も見直した画期的な一冊です。
丸木美術館で販売するほか、通信販売も承ります。

『原爆の図―丸木位里と丸木俊の芸術』
執筆:丸木位里、丸木 俊、小沢節子、ジョン・W・ダワー、岡村幸宣
翻訳・編集協力:ジャン・ユンカーマン
写真:本橋成一、石川文洋ほか
定価:2600円(税込)

画集刊行記念イベント
①1月24日(金)午後6時半「70年目の『原爆の図』を語る」
 出演:小沢節子(歴史家)、ジャン・ユンカーマン(映画監督)
②1月31日(金)午後6時半「画家の目で読む『原爆の図』」
 出演:内田あぐり(画家)
※いずれもSpace & Cafe ポレポレ坐(JR東中野駅徒歩1分)にて。開場は午後6時、聞き手は岡村幸宣(丸木美術館学芸員)
参加費各1500円(ワンドリンク付き、予約不要)
※当日に限り、会場で新画集「原爆の図」を2500円(税込)で販売
問合せは丸木美術館(0493-22-3266)まで


2020年度カレンダー 丸木スマ「命のよろこび」発売のお知らせ

 

《母猫》や《野》、《一粒百万倍》など丸木スマの命のよろこびにあふれた絵画を選びました。
A4サイズ8枚綴り。定価800円、友の会会員700円、10部以上お買い上げの方は各100円割引となります。
メール・電話・FAXでもご注文を承ります。


団体来館のご相談をどうぞ

丸木美術館では学校はじめ各種団体のご来館をお待ちしています。
2019年4月から、4~5名からでもボランティアガイドの館内説明を承るようになりました。
来館予定日の2週間前までにご予約ください。

学芸員の館内説明は、従来通り、基本的に20名以上の団体から承ります。

詳しくは、以下のファイルをご覧下さい。
  団体見学の概要はこちらから
  団体見学予約申し込み用紙はこちらから

その他、ご不明な点は、丸木美術館事務局までご連絡ください。



パネル展のご相談をどうぞ

丸木美術館では資料展示のための複製パネルの貸出を行っています。
  料金等の詳細はこちら
  パネル貸出申し込み用紙はこちら
7~8月は混み合いますので、お早めにご相談ください。