原爆の図丸木美術館 HOME
利用案内 原爆の図 企画展 共同制作 丸木スマ イベント 美術館クラブ パネル貸出 アートスペース
Shop 友の会 FOR PEACE 略歴 美術館の四季 おもなあゆみ 美術館ニュース Links  美術館データ









丸木美術館では常設展として丸木スマ作品を展示しております。
スペースの関係で点数は変動いたしますが、できるだけいつもご覧いただけるようにしています。
また関連商品を販売しております。特集ページをご覧下さい。


※大道あやの作品展示はございません。
画集は出版されておりませんが福音館文庫より刊行されている
画文集『へくそ花も花盛り』(893円)を販売しております。

丸木スマ・大道あや関連商品特集


丸木位里の母・丸木スマは、70歳を過ぎてから嫁である丸木俊のすすめで絵を描き始めました。
長く家業の船宿や野良仕事をしながら子どもを育ててきたスマは、以来、1956年に81歳で亡くなるまでに
700点を超える厖大な数の絵を描きました。
「そんなに描いたら疲れるでしょう」と俊がいうと、「畑の草取りにくらべたら遊んでいるようなものだ」と答えたそうです。
スマさんの描く動物たちはユーモラスで豊かな表情やしぐさを持っています。
花を描くといつも画面から溢れんばかりの生命力が満ちています。たとえそれが花瓶に挿された切り花であっても。
それはまるで、スマさんそのものが投影されているかのよう。
明るくて優しい、見るものを幸せにしてくれる絵です。

その天衣無縫で奔放な作風は画壇に認められ、1951年には初めて日本美術院展に入選、53年には院友に推挙されました。







「おんどりめんどり」
丸木美術館企画展〈丸木スマ〉の記録
2009年6月 丸木スマ・大道あや展―命を織りなす絵画―
2007年7月 スマおばあちゃんの夏休み
2006年5月 没後50年 丸木スマ展
2004年9月 丸木スマ展 不思議な色彩と表現の世界
2002年12月 生きもの讃歌 丸木スマが描いた動物たち
2001年9月 
丸木スマ展






「黄菊白菊」

「内海の魚」

「母猫」

丸木スマ 略歴
1875 明治8 1月2日、広島県安佐郡伴村(現広島市沼田町)の農家、上田伝平の長女として生まれる。
1897 明治30
(22歳)
安佐郡飯室村(現広島市安佐町)の丸木金助と結婚。家業の船宿を手伝うかたわら農業に従事。
1901 明治34
(26歳)
長男位里出生。
1931 昭和6
(56歳)
広島市三滝町に移り住む。家事に専念。
1945 昭和20
(70歳)
終戦。
1949 昭和24
(74歳)
このころ画家の丸木位里・俊夫妻にはじめて絵の手ほどきを受け、県美展(第1回)に出品、入選する。
1950 昭和25
(75歳)
第4回女流美術展に初入選。
1951 昭和26
(76歳)
女流美術展に「かに」「初子」「母猫」「川のかに」入選、このうち「かに」受賞。院展に「餌」「野」「海」入選。
1952 昭和27
(77歳)
女流美術展に「みのりの秋」「白い鳥」「鳥たち」入選。院展に「池の友達」「鳥の林」「せみがなく」入選。
第4回選抜秀作美術展に「池の友達」招待出品。
1953 昭和28
(78歳)
女流美術展に「庭先」「せどの山」入選。院展に「巣」「きのこ」「梅が咲く」入選、院展院友になる。
この年広島の福屋、東京の白木屋で個展開催。
1954 昭和29
(79歳)
女流美術展に「にわとり」「やさい」「蝶」入選、このうち「蝶」受賞。
童画展に「ふるさと」「動物」出品。
「丸木スマ画集」(大塔書店)発刊。
1956 昭和31
(81歳)
11月14日、東京都練馬区石神井の丸木位里宅で死亡。
同アトリエで遺作展開催。
1957 昭和32 東京の松坂屋、広島の福屋で遺作展開催。
1984 昭和59 「丸木スマ画集 花と人と生きものたち」(小学館)発刊