当日の交通案内

市内循環バス 唐子コース
(100円・美術館まで約15分)
東武東上線東松山駅東口発→浄空院入口
 11:12 13:12 16:25
東武東上線高坂駅西口発→丸木美術館北
 12:07 15:22

美術館送迎車
(できるだけ市内循環バスをご利用ください)
東武東上線森林公園駅南口→丸木美術館
 11:30 13:30 14:30
丸木美術館→森林公園駅
 11:15 13:15 14:15 イベント終了後
※乗車定員を超える場合、しばらくお待ちいただきます。

その他の交通
つきのわ駅南口より徒歩(約30分)
森林公園駅南口よりタクシー(約10分)
森林公園駅北口より貸自転車(約4km)
※貸自転車は「東上線サイクリングクーポン」がお得です。 東上線各駅でお問い合わせ・ご購入ください。
なお、貸自転車の返却時間は午後5時までとなっております。

お車でのご来館は
関越自動車道・東松山インターより小川方面へ約10分

地図などは利用案内のページをご覧下さい。

これまでの記録

2014年8月6日 ひろしま忌
2013年8月6日 ひろしま忌
2012年8月6日 ひろしま忌
2011年8月6日 ひろしま忌
2010年8月6日 ひろしま忌
2009年8月6日 ひろしま忌
2008年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2007年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2006年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2005年8月6日 ひろしま忌(案内のみ)
2004年8月6日 ひろしま忌
2003年8月6日 ひろしま忌
2002年8月6日 ひろしま忌
2001年8月6日 ひろしま忌
2000年8月6日 ひろしま忌
1999年8月6日 ひろしま忌

ひろしま忌

時間も距離も遠く離れた埼玉県の都幾川のほとりで、70年前、1945年8月の広島を想う・・・・・・
私たちには想像力がある。想像力を広げてくれる芸術がある。

一般800円、高校生以下無料・ボランティアスタッフ募集中
=イベント(講演・ライブ)参加費500円・入館料別途


当日のスケジュール

ボランティア募集中!
8月6日、ひろしま忌の準備と運営を手伝っていただける方を募集しています。
詳しくは丸木美術館事務局にお問い合わせください。(0493-22-3266)
13:00〜 丸木美術館クラブ・工作教室
ジーンズのポケットでか〜わいい壁掛けを作りましょう。
案内人:遠山昭雄さん・万年山えつ子さん 材料費500円
14:00〜14:30 城西川越中学・高校 尺八演奏
毎年恒例の城西川越中学・高校が出演し、尺八演奏を行います。
15:00〜16:00 YUKARIライブ「広島、福島、祈りの歌」
福島県いわき市出身のママシンガーYUKARIさんが、広島、そして福島への思いを込めて、「マイライフ」、「今でも」、「レインドロップス」などのオリジナル曲を歌います。
16:30〜17:30 おしどり マコ&ケン トーク「歯磨きするように社会のことを考える!」
「3.11」以後、精力的に福島原発事故問題に取り組んでいるお笑いコンビおしどり マコ&ケンが登場。注目のトークです。
18:00〜18:30 ひろしま忌の集い
18:30〜 とうろう流し


YUKARI(ゆかり)

 福島県いわき市出身。地元のピアノバーにて専属歌手として活躍。レストラン、病院、イベントなどのコンサートに出演。東日本大震災で被災し、二人の娘たちとともに東京に避難。しばらくの間、音楽活動の休止を余儀なくされる。2012年、音楽活動を再開、神奈川県、都内などでのコンサートに参加。2013年4月、福島復興の願いを込めた初めてのオリジナルアルバム『My Life』を発表。ライブ活動、ソロコンサート、学校での講演など、精力的な活動を行い、2015年6月にはフランスのリヨン大学にて講演、リヨン市内のレストランでディナーショー出演。
 公式Webサイト http://www.yukari311.com/

〈YUKARIさんからのメッセージ〉
 真実は、私が知っている。体験者が自ら体験談を語るには時間がかかります。広島の原爆の真実を、語り継がなければならない。被爆70年という年。そこに福島の私が、丸木美術館で、歌を歌う事になります。この運びは、悲しい歴史の繰り返しです。もっと、耳を傾けて、もっと見つめて、時には絵で、時には子守唄で、子供たちに渡して行くのです。人間がもたらした悲しい歴史、広島。そして福島。今こそ祈りの歌を歌い、亡くなった方々の魂安らかになりますように。

おしどり マコ&ケン

 マコとケンの夫婦コンビ。横山ホットブラザーズ、横山マコトの弟子。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。社団法人漫才協会会員。NPO法人「沖縄・球美の里」理事。月刊フォトジャーナリズム誌「DAYS JAPAN」編集委員。
 ケンは大阪生まれ、パントマイムや針金やテルミンをあやつる。パントマイムダンサーとしてヨーロッパの劇場をまわる。マコと出会い、ぞっこんになり、芸人に。マコは神戸生まれ、鳥取大学医学部生命科学科を中退し、東西屋ちんどん通信社に入門。アコーディオン流しを経て芸人に。東京電力福島第一原子力発電所事故(東日本大震災)後、随時行われている東京電力の記者会見、様々な省庁、地方自治体の会見、議会・検討会・学会・シンポジウムを取材。また現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。

〈おしどり マコさん、ケンさんからのメッセージ〉
 漫才を始めたとき『国策漫才』の台本に驚きました。第二次世界大戦中は戦争を推進する漫才ばかりで。これは無理やりやらされてたの?それとも本当に正しいと思って?と喜味こいし先生に聞きました。すると「芸人は国のために喋るな、目の前のお客さまの幸せのために喋れ。そこ間違えたらあかん。」
 東日本大震災、原発事故が起き、東京の芸能界から大勢が避難していたとき、TVや舞台では一切そのことが出てこなかった。お笑いの中でも「原発」「爆発」という言葉を使うな、と言われたとき、こいし先生の言葉を思いだし、目の前のお客さまの幸せのために喋るって何だろう?本当のことが知りたい、と原発事故の取材を始めました。