2012年度 企画展

福島から広がる視線1
池田龍雄展

2012年5月26日(土)〜7月7日(土)

戦後社会の矛盾を見つめてきた美術家・池田龍雄が、原発事故によって汚染されたフクシマを見つめ、また、 フクシマから私たちの現代社会を見つめ返す。
【詳細ページ】



福島から広がる視線2
新井卓銀板写真展

2012年7月14日(土)〜9月1日(土)

ダゲレオタイプ(銀板写真)を撮り続ける写真家の新井卓が、原発事故後の飯館村や南相馬の風景や人びとをとらえる。
7月15日には崔善愛による被爆ピアノのソロコンサートも予定。
【詳細ページ】



発掘:戦時下に描かれた絵画(仮称)

2012年9月8日(土)〜10月13日(土)

「国四郎」の偽のサインが入った作者不詳の油彩画「南京弾痕光華門」の謎を多彩な資料で考察。
同時に水彩画家・吉田博のアトリエから多数発見された中国大陸の未公開水彩画も初公開。
【詳細ページ】



今日の反核反戦展2012

2012年10月20日(土)〜11月17日(土)

池田龍雄を呼びかけ人とし、反核反戦をテーマとする自由参加形式の展覧会。
2005年に故・針生一郎が提案し開催した企画展の志を受け継ぐかたちで毎年恒例となっている企画。
【詳細ページ】



本橋成一写真展「屠場」

2012年11月23日(金)〜2013年1月19日(土)

大阪・松原屠場の労働現場を20年にわたって記録し続けた写真家・本橋成一による写真展。
【詳細ページ】



丸木美術館クラブの10年

2013年1月26日(土)〜3月2日(土)

10年にわたって毎月開催してきた「丸木美術館クラブ」工作教室の作品展。
【詳細ページ】



遠藤一郎展

2013年3月9日(土)〜3月24日(日)

車上生活を続けながら全国各地で芸術活動を展開し、震災後に精力的に東北支援も続ける 「未来美術家」遠藤一郎の個展を予定。
【詳細ページ】



これまでの企画展

1999〜昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。



福島から広がる視線2 新井卓銀板写真展

新井卓は、写真黎明期の技法・ダゲレオタイプ(銀板写真)を用いて作品を制作する現代において数少ない写真家です。ダゲレオタイプとは、銀板を完全な鏡面に磨きあげ、直接カメラに入れて撮影し、水銀蒸気で現像するという手間のかかる手法から生まれる写真。
 昨年3月11日の東日本大震災・福島原発事故の後、以前からたびたび撮影に訪れていた福島へ頻繁に足を運ぶようになった彼は、銀板写真を「複製不可能な記憶装置」と捉え、一見、静かに流れる時間のなかで、これから起きていくであろう永く目に見えない変化を射程に捉える作品を提示し続けています。美しい植物、それぞれの土地で暮らしを営む人びとや生きものたち……鏡面に写るそれらの姿は、私たちが福島を見つめると同時に、福島からも見つめられているという重い意味を持って迫ってきます。福島に視線を向けるというのはどういうことか。私たちがもう一度深く考えなおすための、重要な展覧会になることと思います。



新井 卓(あらい・たかし)
1978年川崎生まれ、写真家。国際基督教大学(ICU)中退、東京綜合写真専門学校卒。横浜を拠点に、国内外の美術館、ギャラリー、大学、NPOなどと連携して多彩な活動を展開する。写真黎明期の技法・ダゲレオタイプ(銀板写真)を独自に習得し作品制作に用いる、現代において数少ない写真家のひとり。2006年横浜美術館にてダゲレオタイプによる個展『鏡ごしのランデヴー Rendezvous on Mirror』、2011年川崎市市民ミュージアムにて個展『夜々の鏡 Mirrors in Our Nights』を開催。2009年より京都造形芸術大学、2010年より東京綜合写真専門学校にていずれも非常勤講師。7月29日まで東京国立近代美術館で開催中の「写真の現在4 そのときの光、そのさきの風」に出品。
新井卓ホームページはこちら。
http://www.takashiarai.com/

トークセッション「写真を見る/見られる 広島・福島」

8月19日(日)午後4時
出演:アーサー・ビナード(詩人)、新井卓(写真家)、岡倉禎志(写真家=予定=)
参加自由(当日の入館券が必要です)
当日は、午後3時に東武東上線森林公園駅南口に美術館の送迎車が出ます。



新井卓写真集「Here and There ― 明日の島」
本企画展にあわせて、私家版による新井卓写真集「Here and There ― 明日の島」が刊行されます。
丸木美術館では、会期中に、特別頒価1050円で100部ほどの限定販売を行います。
この機会にぜひお求め下さい。

〈同時開催〉 特別展示「さがしています展」



米国生まれの詩人、アーサー・ビナードが初めて広島を訪れたのは、来日して数年たってからだ。平和記念資料館で被爆者の話を聴き、そこで「ピカドン」という日本語を教わった。そしてその「ピカドン」が、彼に新しい視点を与え、核の本質を見通すレンズになったという。

 資料館を幾度となく巡り、1945年8月6日に広島が体験した「ピカドン」によって残された展示物と対面していた彼は、声なき相手にずっと耳を澄ましていた。やがて、そのものたちにひそむ物語を、通訳者として言葉で伝えたいと思うようになった。

 資料館の地下収蔵庫にある約2万1千点の中から選びだした14点の“カタリベ”たちを、写真家の岡倉禎志が撮影した。カタリベたちは、今を生きる私たちに何を手渡すのか。丸木美術館では、今年7月に童心社より刊行される写真絵本「さがしています」出版を記念して、絵本に収録された写真と詩を、特別展示として紹介いたします。

童心社の写真絵本「さがしています」についてはこちら。会期中、丸木美術館でも販売いたします。
http://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494007509