2011年度 企画展

第五福竜丸事件
ベン・シャーンと丸木夫妻

2月26日(土)〜4月30日(土)

第五福竜丸事件を主題にした丸木夫妻の原爆の図第9部《焼津》、第10部《署名》とともに、都立第五福竜丸展示館の協力により ベン・シャーンの「Lucky Dragon」シリーズを展示して第五福竜丸事件を読み直す企画です。
【詳細ページ】



チェルノブイリから見えるもの
貝原浩『風しもの村 チェルノブイリ・スケッチ』を中心に

5月3日(火・祝)〜6月25日(土)

放射能に汚染された村でつつましく、たくましく生きる人々の暮らしを鮮やかに描いた叙事詩のような壮大な絵巻。
5月5日の開館記念日には、貝原さんと共にベラルーシを訪問した小室等さんにコンサートをしていただきます。
【詳細ページ】



丸木位里・俊絵本原画展

7月2日(土)〜9月3日(土)

丸木夫妻が手がけた名作絵本の原画を紹介する大々的な絵本の企画展。
同時開催の《ハロー・ディア・エネミー!80作品展》では、ドイツのミュンヘン国際青少年図書館が選んだ、 平和を考える世界の絵本80作品の展示。
【詳細ページ】



追悼・大道あや展

9月6日(火)〜10月15日(土)

2010年9月14日に101歳で逝去した大道あや(丸木位里の妹、丸木スマの娘)の追悼展示。
県内初の公開作品を多数含む予定です。
【詳細ページ】



今日の反核反戦展2011

10月22日(土)〜12月3日(土)

画家・池田龍雄さんを呼びかけ人に迎える。
針生館長の遺志を引き継ぎ、誰でも自由に参加できる反核反戦をテーマにした展覧会。
【詳細ページ】



丸木スマ展

12月17日(土)〜2012年2月4日(土)

70歳から絵筆をとった位里の母、丸木スマ。丸木美術館でのスマ単独の展覧会は4年ぶりです。お楽しみに。
【詳細ページ】



生誕100年丸木俊展

2月11日(土)〜5月18日(土)

1912年2月11日に生まれた丸木俊の生誕100年記念展。
【詳細ページ】



これまでの企画展

1999〜昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


チェルノブイリから見えるもの

同時開催「追悼 針生一郎」展

「チェルノブイリから見えるもの」展は6月25日まで会期を延長いたします。



チェルノブイリから見えるもの 貝原浩『風しもの村 チェルノブイリスケッチ』を中心に

風下の村 原画1

2011年3月11日は、東日本の広い範囲をおそった巨大地震と津波によって、私たちの歴史が大きく変わった一日と 記憶されることでしょう。
とりわけ、福島原発の深刻な事故による放射能汚染は、日本の在り方を根底から問い直される出来事となりました。
《原爆の図》を描いた丸木夫妻は、生前一貫して原発に反対の立場をとり、被害を受ける人びとの視点で事故を未然に 防ごうと努力してきました。
しかし、そのおそれがついに身近な現実として突きつけられる日がきてしまいました。

史上最大の事故と言われるチェルノブイリ原発事故から25年。
私たちが、その教訓から何を学び、あるいは学んでこなかったのか。
いまだに事態が収束していない福島原発事故の現実に、どのように向き合っていけばよいのか。
チェルノブイリの事故で被害を受けた“風しもの村”チェチェルスクに生きる人びとのつつましくたくましい 暮らしぶりを丹念に描いた画家・貝原浩のスケッチや、写真家の広河隆一、本橋成一がカメラを向けた現実を通して、 ひとりひとりが考え、想像力を広げることのできる展覧会を、緊急企画として立ち上げます。

画像:貝原浩画文集『風しもの村 チェルノブイリスケッチ』原画


貝原浩 チェルノブイリの風しもの村を描いた画家

風下の村 原画2

チェルノブイリ原発事故の当日、爆発によって巻きあげられた放射能が、強い北風によってベラルーシ(白ロシア) 一帯の穀倉地帯に広範囲、無制限にまき散らされました。
風向きの悪戯で、死の灰が集中的に降ってきた場所が数多く点在しています。それが「風しもの村」です。
初めて訪れた1992年2月、写真家の本橋成一さんと、零下20度のベラルーシの「風しもの村」チェチェルスクに 立っていました。
精力的に動き回る彼の横で、背後に広がるとらえきりようのない大地に、こわばる自分を感じていました。
横なぐりの雪の中、動くこともままならず、平衡感覚さえもマヒしてくる。(中略)
そして5月再度、樹々の花咲き乱れる春のチェチェルスクを訪ね、出会う人の片っぱしから印象につめ、 人々を通して楽天すぎるほどの「人間だもの」をつめ込んできました。
それと共に私にとっては、想い出すことのできるたくさんの友人が彼の地にできたという喜びが大きいのです。
彼らの、つましく、温かく、たくましい、そして伝えるべき生き方の一端を、感じとっていただけたらと思います。
(貝原浩画文集『風しもの村チェルノブイリスケッチ』(1992年平原社、2010年パロル社)より)

風下の村 原画3

貝原浩(かいはら・ひろし) 略歴
1947年11月24日 岡山県倉敷市に生まれる
1966年 岡山県立倉敷天城高校卒業
1970年 東京芸術大学工芸科VD専攻卒業
1980年代から東京・大阪・京都・福岡などで個展を多数開く
1992年には丸木美術館企画展《大地の結び展》に出品した
2005年6月30日 耳下腺がんにより闘病の末、永眠。享年57歳
その後も現在まで各地で展覧会が開かれている。
ウェブサイト 絵描き・貝原浩



フォトジャーナリスト 広河隆一

広河隆一撮影

中東問題と核問題を中心に、中東問題と核問題を中心に、チェルノブイリ、スリーマイル島、パレスチナなどの 取材を重ねるフォトジャーナリスト・広河隆一。チェルノブイリ被災地を50回以上訪ねている。
福島第一原発事故の取材のために3月13日には現地入りし、その後も継続して取材を行っている。
今回の展示には震災・津波被災地の写真も出品予定。

広河隆一(ひろかわ・りゅういち) 略歴
1943年 中国天津市に生まれ、2歳のときに日本に引き揚げる
1967年 早稲田大学卒業後、イスラエルに渡る
1970年 帰国。以後、フォトジャーナリストとして活躍
『DAYS JAPAN』編集長。
チェルノブイリ子ども基金の設立者で現在顧問。
IOC国際報道大賞、土門拳賞など受賞。
『戦争とフォト・ジャーナリズム』(岩波書店)、『ニーナ先生と子どもたち』(小学館)、 『チェルノブイリ「消えた458の村」』ほか著書・写真集多数。
詳しいプロフィールは http://www.hiropress.net/profile/index.html
DAYS JAPAN http://www.daysjapan.net/
チェルノブイリ子ども基金 http://www.smn.co.jp/cherno/

写真:広河隆一撮影 南相馬市放射線検査



写真家、映画監督 本橋成一

本橋成一撮影

本橋成一(もとはし・せいいち) 略歴
1940年 東京都生まれ。
 63年 自由学園卒業。
 68年 「炭鉱〈ヤマ〉」で第5回太陽賞受賞。
 91年よりチェルノブイリ原発とその被災地ベラルーシに通い、汚染地で暮らす人々を写し撮る。
 95年 「無限抱擁」で日本写真協会年度賞、写真の会賞を受賞。
 98年 「ナージャの村」で第17回土門拳賞受賞。
同名のドキュメンタリー映画は文化庁優秀映画作品賞を受賞したのを始め、海外でも高い評価を受ける。
2作目「アレクセイと泉」で52回ベルリン国際映画祭ベルリナー新聞賞及び国際シネクラブ賞ほか受賞。
2002年 東京都写真美術館でチェルノブイリ三部作「ナジェージダ〈希望〉」を開催。
 04年 ロシア国立図書館の招聘によりサンクトペテルブルグで写真展「ナジェージダ〈希望〉」を開催。
 09年3月、西アフリカ・セネガルの村を舞台にバオバブの樹とともに暮らす人々を描いた最新作 「バオバブの記憶」を公開。同名の写真集を平凡社より発刊。
主な著書に、「サーカスの時間」(筑摩書房)、「上野駅の幕間」(現代書館)、「ふたりの画家」(晶文社)、 「無限抱擁」(リトル・モア)、「ナージャの村」(平凡社)、「ナージャ希望の村」(学習研究社)、 「アレクセイと泉」(小学館)、「生命の旋律」(毎日新聞社)、「イラクの小さな橋を渡って」(共著・光文社) などがある。最新作は写真集「屠場〈とば〉」。

ポレポレタイムス社  http://polepoletimes.jp/times/

写真:本橋成一撮影「ナージャの村」より



フォトジャーナリスト 豊田直巳

豊田直巳

豊田直巳(とよだ・なおみ) 略歴
1956年、静岡県生まれ。
1983年よりパレスチナ問題の取材を始める。
1992年より中東の他、アジアや旧ユーゴスラビア、アフリカなどの紛争地を巡り、そこに暮らす人々の日常を取材。
主に新聞、雑誌、テレビにて作品を発表。
日本ビジュアルジャーナリスト協会(JVJA)会員。
写真集『イラクの子供たち』(第三書館、2002年12月)、写真集『パレスチナの子供たち』(第三書館、2003年4月)、 『世界の戦場から イラク 爆撃と占領の日々』(岩波書店 2003年10月)など著書多数。
3月11日の事故発生直後から福島原発の現地取材を重ねている。

豊田直巳ウェブサイト  http://www.ne.jp/asahi/n/toyoda/

【終了】会期中イベント:緊急・スライド&連続トーク

本橋成一

■5月15日(日)午後2時
出演:本橋成一(写真家・映画監督)(右写真)
長年チェルノブイリの被災地を取材し、写真や映画を撮り続けている本橋成一さんが、 画家・貝原浩さんとともに現地を訪れた想い出などチェルノブイリの体験や福島原発事故に対する思いを語ります。
■5月21日(土)午後2時
「豊田直巳スライド&トーク 福島原発事故緊急報告」

3月11日の事故発生直後から現地取材を重ねている福島原発について、映像を交えて詳しく報告して下さいます。

※いずれも参加自由(当日の入館券が必要です)。
午後1時半に東武東上線森林公園駅南口に送迎車が出ます。

5月5日開館記念日には、小室等さんが震災復興に向けたコンサートをしてくださいました。
詳細は開館記念日のページをご覧ください。




追悼 針生一郎

同時開催「追悼 針生一郎」展

長谷川利行

2010年5月26日、戦後日本を代表する文芸・美術評論家として活躍した原爆の図丸木美術館館長・針生一郎が 逝去しました。享年84歳でした。
このたび追悼企画として、針生一郎とゆかりのある芸術家の作品約30点を展示し、故人の足跡を偲びます。

主な出品作家
靉嘔、朝倉響子、阿部合成、粟津潔、安星金、池田満寿夫、今井俊満、大浦信行、小山田二郎、甲斐清子、 斎藤義重、佐藤忠良、篠原有司男、高山良策、高松次郎、瀧口修造、富山妙子、中村正義、難波田龍起、長谷川利行、 八田豊、丸木位里、丸木俊、村井正誠、柳原義達、ラインハルト・サビエ

画像:長谷川利行 題名制作年未詳